2015年 01月 03日 ( 1 )


 1月2日、一日だけの展示会。
 初めての事を行う時は、いつも恐れと不安がつきまといます。
 しかしながら、終わった後はいつも思う。
 やってよかった、と。
 それは、とても複合的な感覚で、みんなたくさんの人が来てくれたとか、作品がたくさん売れたとか、そんな表面的な事(もちろんとても大切な用件ですが)以上に、大きな、緩やかな感情を伴っています。

 展示会のコンセプト。
 空間づくり。
 プレスのかけ方。

 すべてが未知の中、大きな大きな道の途中である認識と共に、今、成すべき事は何なのか。
 優先順位はどこにあるのか。
 それ以上に、感情の行き先は何処なのか。
 
 最近、松本大洋の「サニー」に心動かされます。
 忘れちゃいけないものごとって、必ずある。
 人それぞれ、必ずある。

 「感情」を表に出す事は、時と場合によって、良くも悪くもあるけれど、それは「善」や「悪」ではないはずだから、せめて好きで始めたことくらいは「感情的」でありたい。
 自分の感覚に、価値観に正直にありたい。

 そうして、場を、空間を、想いを、表したい。

 そうしたツールが今の僕にとって、さをり織り、なのだな、と感じています。

 もっともっと、この織りは、この価値観は知られていい。
 織り手もどんどん増えたらいい。
 技術なんて、いくらでも渡すから。
 結果はいくらでも渡せるんだ。
 だから、みんなで楽しみたい。
 それぞれに、それぞれのまま、感動したい。

 すでに織り手である方、織り手の表現を楽しむ方、どちらの方も来てくださった事がとても嬉しかったです。
 どれほどの事が伝えられたでしょうか。
 僕は僕の事しか語れません。
 でも、だからこそ、そこには思いっきり胸を張って、語りたい。
 ただただ、当たり前を静かに、語りたい。
 
 やり取りが増えれば増えるほど、そこに愛情が生まれると感じます。

 いつか、それこそ胸を張って、愛を語れるほどに、精進を重ねて行こうと、今、想います。。

 ご来場くださったあなた、作品を手に取ってくれたあなた、BOOKを手に取ってくれたあなた、想いを寄せてくれたあなた。
 ほんとうにありがとう。
 今年一年、これまで以上に走り続けます。

 見ていてくださいね。

 今日も明日も、その先も、楽しみ、いきましょう。


 
d0162966_20452360.jpg

[PR]