<   2016年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


久しぶりにオトノハ朝市へ行商へ行きます

久しぶりにコースターをたくさん織りました

はじめのころは、朝市でも何か手に取りやすいものを、、、、

という気持ちで作り始めたのですが

自分でもコースターを使う暮らしになり

食卓におけるコースターの役割を感じてからは

もっと色々なコースターを作りたくなりました

コップの下に、湯飲み茶わんの下にコースターを一枚敷くだけでテーブルの風景が変わる

なんだかすごいことに気がついたような気分でした

いつもはカラフルなものを多く織るのですが

今回はシンプルにモノトーンをメインに織りました

素材はシルクです

シルク100%のコースター

民芸や工芸とは違う

どこにも見たことないものを、そして自分が使いたいものを



1月31日(日)

オトノハ朝市

10:00〜12:00

JR中央線 阿佐ヶ谷駅南口徒歩約10分


詳しい道のりはこちらから  →   ☆☆☆

お天気も回復してくれそうですね

2時間だけの小さな市です
それでもきっと、誰もが楽しめる市です

お待ちしています





d0162966_11464679.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2016-01-30 12:02 | お知らせ

ヒトトのランチへ行ってきました

開店15分前
10番目くらい
飲食店の列に並んだのは何年ぶりでしょうか
「poefu」柿本さんの文章を読みながら、あの階段に佇む時間はなんとも心地よく


開店と同時に満席の店内
賑わう女性たちの中に男性客は僕一人
順に通された席にスタッフさんの心配りを感じつつ


柔らかな自然光の中
いつもより少し大きめのBGMと共に
忙しくも笑顔を絶やさない
美しい女性たちの姿がそこにはあり


ぼんやりじんわりと
過ぎ行く時間と変わりゆく空気を感じながら

人の在り処を感じる食事をいただきました



僕はヒトトという空間から多くのものを得ました
無意識から、有意識へ
意識的な変化を
人生における大きな影響を受けました
オーナー、奥津さんのブログをぜひ
いつも目頭が熱くなります
大切なことずっと大切にしていきたい
大切にしなくっちゃいけない
ただただ静かに、そう思います


1月31日でヒトトは閉店します


友人のお店でもない
元はどこにも繋がりのなかったお店
それでも
僕の根っこを掘り起こし、その先を示してくれた
大切なお店


飲食業って素晴らしい
大変な分だけ素晴らしい

そんな気持ちも再認識しました


閉店間際
待たなければいけないこともあるかもしれません
それでも
あの空間と
あのご飯と
あの姿勢を
できるだけ多くの方に感じていただきたいと想っています

大橋弘さんの写真展も素晴らしいです
(「はし」の漢字が変換できず正式名称と違っています。すみません!)

背筋伸ばしたりなんかせず
のんびりとした気持ちで
足を運んでいただけたら
とても嬉しいです





d0162966_4335787.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2016-01-26 07:00 | お知らせ

 これからも、この先も、ずっと人とともに歩んでいきたい








d0162966_151174.jpg

[PR]
嬉しいことがたくさんあって

嬉しいことがたっくさんあった朝市でした

新年明けて初めての朝市
例年で言えばやはり寒さのせいか人出少ない印象ですが
今回も出だし落ち着き、あれよあれよ、今日はのんびりかなーといった様子

それでも日が昇り始め気温も上昇
人出も増えつつ、賑わいつつ

いつもながらの仲間たちと
いつもの場所で

普段は挨拶だけの方々も今回は少し違って

「独立するんだって?!」
「帰っちゃうの?」
「寂しくなるね・・・」

普段これといってお話をしていない方からも暖かい言葉をいただきました
なんだかとっても不思議な気持ちで
でもとってもやさしくって
人の繋がりとはこういうものなのかもしれないなーと感じました

あまり話したことがなくとも
数える程度のやり取りでも
いつも僕らはそこにいて
その人の表情や言葉遣いや立ち居振る舞いを知っている
間接的にでもその人を感じている

それだけで僕たちは、その人という存在を認識しているんですね

ほんとに、「あれ、どこで聞いたの?」という方もお声がけくださって
昨今発達したSNSであろうかと思っていたら
知人の口伝えだったりして

そうして、いつもの方々と
お久しぶりの方と
ゆっくりじっくりお話させてもらって
ありがたい気持ちと嬉しい気持ちと楽しい気持ちと

何気ない会話のやりとりが
なんと楽しいことでしょう

とっても幸せな時間でした

「いつも無礼をごめんなさいね」
と、カメラ片手に毎回写真を撮るおじいさん
たまに朝市で写真を展示しておられます

今回はちょうど去年の今頃あたりの写真を展示していて
偶然僕の写真もありました

時間はいつもあっという間だ

それは充実した時間を過ごしているという

確かな証なのでしょうね

とてもとても幸せな時間でした



出会ってくれたあなたよ

ほんとうにありがとう


次回のハモニカ朝市は2月20日(日)

僕が参加するのもあと2回

あの場所で

あの市で

また、会いたいと想っています






d0162966_2240447.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2016-01-17 23:22 | 色々紹介
独立に伴い、僕のハモニカ朝市出店も3月までとなります

途中お休みの時期もありましたが、第一回から参加させてもらっていつの間にやら開催50回を超えた朝市

早い時間から随分と賑わうようになりました

今回もマフラー連れて出店します

色々おもしろスパイス屋さんとか手ぬぐい屋さんとか紹介したいです

朝ごはんもいいですね

朝7時から9時30分くらいまで、やってます

吉祥寺駅前、ハモニカ横町内

よろしくお願いいたします



d0162966_327337.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2016-01-16 07:00 | 出店情報

 来る今年の3月で

 5年間お世話になった手織工房じょうたを退職することとなりました

 いやいや、ちゃんとした言い方をしなくっちゃ

 退職することにしました

 決めたのは僕なのだから

 なったのではなくて、したのです

 思うことや感じることを

 できるだけ高い純度で、新鮮なままの状態で

 そしてその鮮度を失うことのない形で表現するにはどうしたらいいのか

 僕は僕でいなくちゃいけない

 そう強く想いました

 そして、僕と活動を共にしてくれる仲間や友人、家族にも

 自分自身でいてほしいと想いました

 僕が僕でいることと

 僕と関わってくれる人たちが自分自身のままでいることは同義です

 僕は僕の想うことを、信じることを

 両親からもらったこの身体を使って

 精一杯表現しなくっちゃいけない

 表現したい

 そうすることで、伝えられることがあるのだと

 生意気ながらも感じました

 退職の意を伝えた時、工房主宰は二言返事で了承してくれました

 とてもありがたかったです

 工房で働き始めてから、ずっとわがままをさせてもらってきました

 最後までわがままを通してしまって

 これからどうこのご恩を返していけるのか

 身体と心を思いっきり使っていきます

 見ていてくださいね

 4月からは僕が生まれ育った故郷、つくばを拠点に制作を中心の暮らしに入ります

 織りだけではなく、つくれるものは全てつくりたい

 つくってみたい

 そうすることで、たくさんの根っ子に気がつけるのだと思います

 学ぶ以上に、血肉として感じたい

 畑で野菜を育ててみたり、椅子や机や棚をつくってみたり

 道端の草や枯葉から染色をしてみたり、、、、

 つくること、生み出すことができれば生きていけるのではないでしょうか

 不安は無知や未知からやってきます

 だから僕は色んなことを知りたいしやってみたい

 自分でやってみて、胸を張って、だいじょうぶだよって伝えたい

 僕は進みます

 行けるところまで進みます

 今日も明日も明後日も

 これからもどうぞよろしくお願いいたします




 

 



 
 
[PR]
by pops-fabric | 2016-01-14 06:00 | お知らせ
 

 吉祥寺「ヒトト」が今月いっぱいで閉店します

 ご存知の方もそうで無い方も、ぜひ一度、御運びください

 素晴らしい写真展も開催されています

 美しいものを知らせてくれる、貴重な写真だと思います

 そしてそれは、ヒトトを営む方々の姿勢にも共通するものだと感じています

 あと何回行けるかな

 あの空間で、あの席で、あの光とともに、あの空気とともに、あの器たちとご飯をいただけるのは

 あと何回あるのかな

 あなたも僕と、同じような気持ちであれば

 なんと嬉しいことでしょう



d0162966_0154875.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2016-01-12 00:29 | お知らせ

 2016年
 今年は多くの大きな山を登ることになると思います
 そこでふと身近な山を登りたくなって元日
 筑波山に行きました
 
 自宅から全行程を徒歩で挑戦
 往復約8時間、良い経験でした
 案の定、途中で筋が伸びたりしましたが
 やればできると踏ん張ってみればなんとかなるもので
 体力的なことに関してはまさしくその要素が大きな比重を占めると再認識
 (それは僕が中高と野球をしていたことにもよると思います)
 電話一本で助けの車は来てくれますが、ここは雪山でもなければ見知らぬ土地でも無し
 やっぱり踏ん張ってみてよかったです
 
 下山の途中では言葉を失う光景に出会えました
 
 地平線に沈む太陽
 そこから青白くそびえる富士山は雄大
 飛行機雲がいいアクセントで
 夕暮れのバトンタッチは
 僕の心情までも変えてくれました

 思いやりや愛や慈しみ
 楽しい嬉しい大好き、気持ちいい
 きれい美しい心地いい
 形のないものを共有したいがために僕は形を作るのかもしれません

 登山中よく顔を合わせたにーちゃんがいました
 真っ黒のピットブルのハナコと一緒に穏やかに登っていました
 下山もたまたま一緒になって分かれ道
 大きな声で彼は
 「また!」
 と言ってくれました

 お互い名前も知らない同士でしたが
 来年もまた会えるような気がしています

 こんな気持ちになれただけで僕はもう充分だ
 これでまた次の山を登れる
 登りたいと思う 
  
 今年も多くの人と共に 
 これまでに出会えたあなたと共に
 織り、創る暮らしと共に

 どうぞよろしくお願い致します


 2016年1月2日  酒寄剛史 


d0162966_916518.jpg






 登山の道中を僕のfacebookにアップしています
 ご興味ある方は見てみてくださいね 
 友達申請のあと「ブログから来たよ〜」とひとつメッセージもいただけると嬉しいです 
 どうぞよろしくお願い致します


 酒寄剛史facebookはこちらから→    ☆☆☆


tsutaeのfacebookはこちらから→    ☆☆☆
[PR]
by pops-fabric | 2016-01-02 10:13 | 日常のこと