<   2015年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


 来月の個展を前に12月14日、15日渋谷にて行われる合同展の撮影をしてきました。

 個展のあとは合同展です。

 古道具屋さんと一緒にします。

 とてもとても、いい時間、いい空気、いい質感となりました。 

 詳しくは後々に。

 関係者各位に大きく感謝!

d0162966_2344134.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-09-29 23:44 | お知らせ
 大変長らくお待たせしております個展DM、本日無事に発送することができました。
 ご希望いただいていた方はもちろん、そうでない方にもたくさんの方に送らせていただきました。
 なんてったって二週間ですので、ぜひともたくさんの方に来て見ていただきたいです。
 しかしながらの事務仕事に追われて正直、作品間に合うのか!?
 でもでも、やらなきゃならないことがあるなんて、実はとっても幸せなことなのだ。

 仕立てたい欲が止まりません。

d0162966_054210.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-09-25 00:05 | お知らせ
 第50回目の朝市を終えて

 とっても、とってもたくさんの方々がご来場してくださったように感じます。
 朝市会場の午前7時。
 早くも人影はたくさん。
 50回記念の品々を用意するたくさんのお店さんたち。
 飲み明かしてか、酔っ払いのにーちゃん(たしなめられて早々に退場)
 よく見る風景とその日ならではの風景と。
 こころなしか浮き足立っているのは、出店者だからではないような気がしました。
 何事でも、やっぱり記念日って気持ちがいいし、楽しい。
 みんな、いつも以上にその時間を楽しもう!って空気を纏ってる。
 これって、とてもいいことですよね。
 遠方から来てくださったTさん、Sさん、いつも気にかけてくださるNさん、Mさん。
 お話ししてくださったみなさん。
 来てくださったみなさん。
 ちょっとずつ、ちょっとずつ、いろいろな形でたくさんの人がそれぞれの形で関わって、「場」は成り立っていくのだということを、再認識させてくれる場でありました。
 だからこそ、日常に愛を。
 ありふれた関わりに愛を。
 思いやりを。
 
 来月は10月18日(日)です。

 個展始まってる時だけど、マフラーも見て頂いきたいな。
 今年の冬はどんなかな。
 楽しみです。

 
[PR]
by pops-fabric | 2015-09-23 19:40 | お知らせ

 今度の日曜日は50回目のハモニカ朝市。
 1回目の朝市は20店舗にも満たなかった(と記憶している)のに、いまでは100店舗オーバー。
 遠方からわざわざ朝市目指して来てくださる方も多く。
 継続することの力強さを感じます。 
 
 普段は僕自身が織り、仕上げた作品を販売していますが、今回の朝市はアパレルブランドSTOFとのコラボレーション作品を販売してみます。
 いまの時期にちょうどいいスウェットをサイズ別に2色と、大判のストールです。
 


d0162966_2051648.jpg



d0162966_20495887.jpg





d0162966_20593470.jpg


 ストールの正規品としてはこの白×赤、白×黒の2色展開なのですが、朝市ならではに黒ベースの多色使いの仕様を織り上げました。
 どんなものかはぜひ、朝市にてご確認ください。
 
 お待たせしております個展のDMも、間も無く発送できそうです。
 
 涼しい日が増えるほどに、心はじんわり温かみを増します。
 ハモニカ朝市で、池袋西武の個展で、はたまたどこかでお会いできればと
 動きを止めぬ手仕事にも多少の意味はあったのかと
 この季節をめいっぱい、楽しんでいきたいと思います。
[PR]
by pops-fabric | 2015-09-17 06:30 | お知らせ

 14年前の今日
 大きな、大きな出来事がありました
 僕は自分の目を疑い、例えようのない不安に襲われました
 世界はどうなってしまうのか
 世の中はどうなっているのか
 ちっぽけな自分の将来の漠然とした不安以上に
 不安になりました

 それでも、時間は過ぎていく
 14年という年月は、たくさんのものを変えていく
 あの時の感情さえも薄めていたことに
 ふと気付きました

 9、11

 あれだけたくさんの人の頭に焼きついたであろうことが
 忘れかけていた自分に気がつきました

 忘れちゃいけないことがある

 ただただ、忘れてはいけないことがあるのだと思います

 それでも忘れてしまえる自分がいます

 その事実が怖い



 住み慣れた家を、自然の力によって失ってしまった人がいます
 あとから思うことは山ほどあるのだと思います
 それでももう、戻りません
 でも、思うことをやめてはいけない
 考えることをやめてはいけない 
 知ろうとすることをやめてはいけないのだと思います
 それは、相手が自然でも、人間でも、物言わぬモノでも。


 忘れてはいけないことを忘れない人間でありたいと思います。





 
 
[PR]
 ここ数日の雨で実家のある茨城は大変なことになっている
 たくさんの方が直接、間接的にご心配の連絡をくださる
 とても、とてもありがたいです
 幸い僕の実家がある地域は高台なので無事です
 でも、被害に遭われている方々を思うと安心はできません
 子供の頃、親戚が洪水に見舞われ、家の屋根まで水に浸かっている写真を見せられたことがあります
 水に対する恐怖心は無意識下で生まれていたのだな
 恵みでもあり、警笛を鳴らす存在である自然
 今一度、身の回りの、自分自身の価値観を見なおさなくっちゃいけない

 自分には何が必要なのか。

 必要なものの量はどれくらいなのか

 それは自分が生きていくことに対して、本当に必要なのか

 自分の価値観に素直に

 今一度、正直に

 生き物としての原点を見つめ直したい
[PR]

 今年の個展でも大住さんのボタンを使うことができる。

 大住さんの仕事と共に、ものづくりができる。

 いつも、いつもありがとう

 お互いに目指す場所へ

 辿り着くべき場所へ行きましょう


 大住さんは⒈0月17日18日に「工房からの風」へ出展されます。
 新たな試みと共に。
 ぜひ、彼の仕事に触れにお出かけくださいませ。
 

d0162966_2334337.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-09-10 20:36 | 色々紹介

 さをり織りの仕立ての面白さを改めて感じています
 布を余すことなく、かつ必要最低限の裁断で形作る
 それでいて美しいシルエット
 洋裁の知識を土台に持たない僕は
 仕立てのアイデアに対する感動の沸点がとっても低い
 知らないことが多いということは
 知る喜びもそのぶん多い
 



d0162966_3543731.jpg




d0162966_354956.jpg

[PR]

 ずっと前に一度作った形を久しぶりに仕立てています。
 たくさんの方にご試着いただき、これほど誰にでも似合う形があるのかと驚いた仕立てです。
 身長も、体型も、年齢も違う方々が、それぞれがそれぞれに素敵に似合う。

 この服も、そうあれるように。

 はじめてリネンウールで織り上げた布です。
 あえて布には洗いをかけずに仕立て上げてから。
 
 わからないことをする。

 先が見えないことをする。

 そのワクワクが、少なからず僕のガソリンだったりします。




d0162966_23495459.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-09-02 23:58 | 日常のこと