<   2015年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 作品によく使うボタンです。

 ベジタブルアイボリー。
 タグアという南米で取れる椰子の種子で作られているのだそう。

 よく行くビンテージショップで見つけました。
 過去の服から頂いたそれは、1930年代〜40年代以前のものと聞きます。

 ボタンの裏側の模様がまた美しい。

 中園晋作さんの器を思い出しました。

 




d0162966_1432244.jpg








d0162966_14322762.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-07-31 18:00 | 色々紹介

 工房近くのたい焼き屋さん「そら」

 夏季のみ、天然氷のカキ氷やさんになっています。

 たくさん頬張ってもあたま、キーンとなりません。

 これも自然のものだからでしょうか。

 とても、とてーも、おいしい氷。

 ハモニカ朝市仲間の「ともぞう本舗」営業部長さんがご自身のブログで丁寧にご紹介されています。
 
 詳しくはそちらをご覧ください。

 人任せの紹介でなんともかんとも、、、、。

 しかし、天然氷のカキ氷、おいしい!


d0162966_14424611.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-07-31 18:00 | 色々紹介
どんどんどんどんブログ武将に、あ、違う、ブログ不精になってきてしまってダメですね。

このPC変換ミスネタは最近お世話になってる恵比寿のブロッコリーという美容室のヒデキさんブログでよく使われているので真似てみました。

そうそう、パソコンて頭いいのかそうでないのか、よくわかりません。
あ、あと数年で人間の仕事の7割だか何割だかはロボットに奪われてしまうらしいですね。
人工知能も進化してきて色々対応力もついてきたとかなんだか。
それでも人間にしかできない、少なくともあと数十年は人間の役割であるであろうことはその卓越した能力を「どう使うか」という応用を生み出す力だそうな。

記憶半分で書いているのでここらへんは話3分の1くらいで読んでください。

でも、それにしても。

10月の個展に向けて、の毎日。
12月の個展のことも進めつつの毎日。
来年以降の準備を進めつつの毎日。

織ること、仕立てることと同じかそれ以上くらいに周りのことをしていて、それは事務仕事もちろん、DMデザインの打ち合わせやカメラマンやモデルさんとのスケジュール調整、タグをどうするなにをどうするアレをどうする、、、、いくつもの同時進行があって、改めて自分のキャパの狭さを思い知る毎日なわけです。

それでも、創りたい形はとめどなく、あれやこれやと浮かんでは溜まっていくからもう、俺の脳みそせめて50%くらいはそろそろ機能しておくれとヘッドスパ(自分で)にも思いがこもるわけです。

それでも、自分ひとりだけでなく、関わってくれる人が増えていくほどに、関わりたい人が増えていくほどに、やっぱり心は満たされていくわけなんです。

それでもって、書き出すとあーだこーだと連ねてしまう悪い癖?というか、趣味というか、結局文を書くことも好きな自分がちゃーんといるわけで、なんだかんだ楽しい気持ちで書いてたりします。

1年以上お付き合いをしたMacBookAirちゃんも、機能を俄然使いこなせておらず、Macに向かう時間があったら機やミシンに向かってしまうから、いつまでたっても事務は進まず、デザイン業務も上達せず。

最近はエキサイトでなんだかうまいこと画像がアップできないもので、よりブログ不精になっていました。はい、言い訳です。
織ることは日常で、布は日々生まれ進むのですが、どうにもこうにも、仕立てをしたい自分がいます。
ファッションが大好きだった20歳ころ頃。
30過ぎた僕は、服を仕立てることが楽しくって仕方ないです。
作れる形はまだまだ少ないのですが、楽しくって仕方がないです。
変われば変わる、どんどん変わる。
これからも、きっと僕は変わっていける。

10月 池袋西武 7階手芸売場「さをり」店頭にて2週間の個展の機会を頂いております。

さをり織り  酒寄 剛史 個展
「人生を変える服」

詳細、近日カテゴリを追加してお知らせしてまいります。
どうぞ、お楽しみに。
[PR]
by pops-fabric | 2015-07-25 03:20 | お知らせ
2ヶ月ぶりのハモニカ朝市、とーっても楽しかったです。

工房で出会った方がわざわざ来てくださったり、昔の仲間が来てくれたり、いつもの仲間たちがいてくれたり、、、

早起きっていいなー

市っていいなー

作品たっくさんと織機をハイエースに詰め込んで、全国の市やクラフトフェア回ったりしたら楽しそうだなー

なんて妄想したり、そしたらまず作品たっくさん作らにゃ〜とまた妄想は進んだり。

手を動かしながら、頭の中も色々動いております。

9月でハモニカ朝市は50回目を迎えます。

それぞれの出店者さんで5にちなんだ何かを企んでいるみたいですよ。

僕も何かしたいなー。

楽しい想像は膨らみます。

さて、もうすぐ7月も終わりますね。

ということは、8月が始まりますね。

始まる。

始まる。

サンキューハモニカ朝市!

サンキューものづくり!



d0162966_2223470.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-07-22 07:43 | 日常のこと

 7月19日(日) ハモニカ朝市、2ヶ月ぶりに出店致します。

 先日の京都出張にて制作してきました箔押しのストールも数点連れて行きます。

 リネンと箔の相性がいいことにびっくり。

 やはり今年、金色付いています。

 早朝7時から9時半頃まで。

 吉祥寺駅北口徒歩0分。

 ハモニカ横丁にてお待ちしています!
[PR]
by pops-fabric | 2015-07-17 21:30 | 出店情報

 ラジオから吉田美和さんの歌声が聴こえてきました。

 ドリカムのブログを読みました。

 30年間変わらない信念の元に活動し続けてきた人たちがいる。

 かたや僕は32年生きて、あっちへぶつかりこっちへぶつかり。

 大人になっても12年。

 右へ左へゴツンゴツン。

 ぶつかりつづけて硬くなっていったのか、硬かったものがほぐれていったのか。 
  
 ブレずに続けてきたことはあるのかどうか。

 そうだ僕は

 あの頃も今も、手を動かし続けている。

 何かを形創っている。 

 牛乳パックをたくさん集めて船を作った8歳の僕は

 なんだか恥ずかしくって

 浮かべて漕ぐことはできなかった

 それが今じゃ

 京都までものづくりに来ているよ

 そのうち海の外まで行けるかな
 
 楽しい気持ちをあなたとともに。

 そして、みんなに伝えたい。

 ものづくりって楽しいよ。

 こころが元気になるんだよ。 
 
 さぁ、ここからなにが生まれるか。

 僕が一番楽しみです。


d0162966_7174518.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-07-13 07:33 | 日常のこと
織ることや仕立てること、形作ることはいつだって自由で

 「人の手の可能性を信じなさい」って

 言ってくれているように感じます。

 どこまででも

 どこまででも 

 手を動かして日々を営みたい。



d0162966_12748.jpg

[PR]
 
 さようならは出会いの言葉

 痛めた心よさようなら

 時間は便利で有能で

 辛いことも形を変える

 だけど今はさようなら

 離れるときも必要ね

 触れたくない時だってある

 だから今はさようなら

 さみしくないよ

 大丈夫

 桔梗の花が咲いている

 いつでもここに咲いている

 そうだよ今はさようなら

 ひとりじゃないからさようなら

 一緒にいるからさようなら

 そうだよ僕らは大丈夫

 大丈夫だから

 さようなら

 
[PR]


見たいことも

見たく無いことも

事実ならば受け止めなくっちゃ進めない。

見たことの無い場所に導いてくれるのも

人であり、また、僕自身。

今日も僕は、この街で生きてる。


d0162966_23373970.jpg

[PR]