<   2014年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧


 おかげさまで、各方面の方からDM希望のお声を頂きとてもとても心躍りつつ、
 背筋伸びつつ、ときたま涙腺緩んだりしています。

 お会いした事が無い方とでも、心のやり取りが、感情の共有ができたとするなら
 僕の夢はまたひとつ、叶っているのかもしれません。

 人は心で動く生き物だと、感情の動物であるならば
 僕が織りなす風景もまた、人間模様と言えるのかな。

 心が変わったなら、変わったように。

 想いがあるなら、想ったように。

 感じたら、動く。

 変わる事は、悪くない。

 感じたんだから、動く。

 形作る。

 織る。

 纏う。

 時に、着る。

 巻く。


 また、見たことの無い風景を見る事が出来ました。

 まだまだ僕は、自分に感動する事ができるから

 だからこそ、「さをり」を織るのだろうな、と想います。





d0162966_191559.jpg

[PR]

 工房の展示会やもろもろのイベントも終わり、少し一息つける状況になりました。
 そこでそこで、年明けて1月に行われる展示会DMの発送作業に取りかかろうと思うのですが、今回は大々的に、発送希望の受付をしたいと考えています。(と言ってもこのブログとSNSくらいですが、、、)
 
 というのも、めちゃくちゃいいDMが出来上がったからです!

 見てても自分でニヤニヤしちゃうくらい嬉しい気持ちなのです。
 これはぜひ、たくさんの方に見ていただかなくてはっ!と勘違いをそのままに突き進む所存でございます。
 最後に画像、載せちゃいますが、ぜひとも、実際に手に取って眺めていただきたいです。
 紙の質感、色合い、雰囲気、なんだか、とっても気持ちのいいものができました。

 一緒に案を練ってくれたようようさん、デザイナーさま、カメラマンさま、会場を提供してくださるエクスリブリスさまはもちろん、撮影時に気を使って立ち止まってくれた通行人の方々や、カメラを遮らないように止まってくれたドライバーの方々(会場は五叉路の交差点にあるのです)にも、お天気になってくれた太陽さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。


 そんなDMなら見てみたいなーと思ってくれた方には、もれなく(多分)送らせていただきますので、画面右の「各イベント出店、展示会情報」欄に書かれたアドレスまで、お名前、発送先ご住所をお送りくださいませ。
 ※昨年までと連絡先アドレスが変わっております。ご注意くださいませ。
 



 (多分)と書いてしまったのは、当たり前と言ってはなんなのですが、DMも部数に限りがあります。
 そして、バラバラばらまけるほどたっくさん刷れたわけでもありません。
 なので今回は、ご希望くださった方から優先的にお渡ししていきたいですです。
 みんなに見て欲しいって良いながらなんだそりゃー、と書きながら自分で思いましたが、ごめんなさい。ここはご理解いただけると助かります。
 
 いずれにせよ、とてもいいDMになりました。

 気持ちの盛り上がりを隠せません。

 さてはて、ご連絡、お待ちしております。






 
d0162966_5463260.jpg










d0162966_547815.jpg












 
[PR]

 人との出逢いとはいつも突然で
 やっぱり「ふと思った」方向に足を向けた結果にそれが起こる事が多いように感じます。


 糸モノまつりで吉祥寺を回っている中での出逢いでした。

 「clap,clap,claps」さん

 お花屋さんです。

 花屋さんは一般的に、花市場にて商品となる花を購入する事が多いそうですが、彼は自ら栽培する花を販売しています。(時と場合によっては仕入れる事もあるそうですが)

 市場で売っている花は「販売用として形状や色など矯正されている」事が多いものだそう。
 でも、そういった整ったものではなく、自然は自然のまま、ありのままの形、色のもので表現したい。
 出来る限り、手のひらの中で、花束で。

 そうなんです。
 僕が特に感銘を受けた言葉がこの「花束」のことなんです。
 「花束」にこだわる理由。

 それは、

 「手の中から産み出す」

 ということでした。

 「花束って手の中で、花を束ねていくじゃないですか。
 それって、手の中から作品が産まれるってことだと思うんですよ。
 これって、凄くないですか?」

 これを聞いた時、

 ずびびびびびびびびーーーーーーっ!

 と電気が走ってしまいました。
 こんな感覚近年、まったくなかったです。
 ちょいちょいもちろん小さな感動は日々あるのだけれど、ここまでの感覚はほんと近年まれに見る衝撃。
 すっごい、眼が覚める感覚でした。

 僕は、機を織り、服なり、小物なり、仕立てをしています。
 それは、手を動かしてつくる、ということです。
 でも、花束って、本当に手のひらの中から産み出されるものなんですね。
 それを聞いた時、
 「花束も手づくりなんだなー」
 と想いました。
 とても大きな気付きでした。 
 
 自分で育てた植物を売ると言う事。
 それを続けていこうとしたら、どれだけ難しいかと言う事。

 想像は容易かったです。 

 しかし、僕はそこに、とても大切な意義を感じました。
 そして、勝手ながら深い親近感がありました。

 これからに対する、可能性を感じました。



 12月1日(月)から7日(日)まで。
  「Kit gallery」
 渋谷区神宮前2−31−3 宝永ビル2F-A
 で展示会をするそうです。
 
 興味を持ってくださった方は是非、足を運んでみてください。


  また、楽しみが増えました。

 
 
 
 

d0162966_101195.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-11-24 01:31
 
 吉祥寺では「糸モノまつり」が始まっています。

 そんな中、自由が丘工房はいつもと変わらずオープンしています。

 そして、パタパタパタパタと、織っています。



 ただシンプルなだけでなく、自分でなければ表現できないものを。
 
 自分ならではのシンプルを。

 楽しみと、驚きと、共に。


d0162966_1610578.jpg

[PR]

 今までずっと使っていたマフラーたちを使って仕立てました。

 素材は、カシミヤ、ウール、コットン、シルク、色々な布が混ざっています。

 さをり織りでのクレイジーパターンも、ずっと前からやりたかったこと。

 やりたかったことを、ひとつずつ、ひとつずつ。





 21日(木)から24日(月)まで、吉祥寺の手織工房じょうたで行われる「みんなの作品展」に出品します。

 明日からは「ギャラリーK」(吉祥寺第一ホテル内)での「吉祥寺ものづくり工房展」も始まります。
(数点ですが、出品しています。)

 合わせてどうぞ、宜しくお願い致します。

 

d0162966_2254292.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-11-19 23:03 | お知らせ

 先日、僭越ながら少々語らせていただいた「正藍型染師 田中昭夫」さんの展示会が無事終了されました。
 結果、予想を上回りすぎるほど?の好評を得たそうです。
 生意気ながら、僕もとっても嬉しいです。
 自身も創り手の端くれですので、田中さんのような仕事をされて来た方がこうして人に「伝わった」ことがとても嬉しい。
 がんばらねば、もっともっと、背筋伸ばしていかねば。
 
 急遽企画された「田中展ツアー」のレポもけろ企画さんのブログにアップされております。
 僕が撮れなかった写真もたくさんあります。
 ぜひ、みなさんご一読ください。

 「けろ企画」さんのブログ

 今後、頒布会の予定をたててくださっているようです。
 要チェックや!


 
[PR]
by pops-fabric | 2014-11-17 12:12 | 色々紹介

 11月16日(日)のハモニカ朝市にはなんとスパ吉さんが、鎌倉野菜と生パスタの販売で出店するようですよ!
 僕も以前、鎌倉野菜の買い付けに同行させていただいたことがあるのですが、それはもう楽しい楽しい。
 色鮮やかな新鮮野菜達に眼を奪われました。
 いつもの吉祥寺でももちろん鎌倉野菜は手に入りますが、それなりにお値段してしまいます。
 でも、今回朝市ではお手頃価格で販売するらしいです!
 写真はあくまでイメージですが、期待しちゃっていいと思いますよ〜。

d0162966_2145034.jpg



 いいですね、いいですね。
 気温はどんどん寒くなっても、町はどんどん活気づいていくのが秋冬の良い所です。
 僕も、今回の朝市では織り機持ち込んでデモンストレーションします!
 出品作品は、ネックウォーマーをメインにご用意予定です。
 僕は自転車乗るので、ネックウォーマーはかなり重宝しているのです。

 さ、これから年末に向けて、駆け抜けます。

 楽しんでいきましょう!
[PR]
by pops-fabric | 2014-11-15 08:30 | お知らせ

 「これね、炙り中トロ☆」

d0162966_21213951.jpg



 もとオサレ金太郎飴職人してた身からすると、とっても似たような技法を使って産み出される「もっとオサレなポリマークレイアート」に心躍らせたのはかれこれ3年前でしょうか。

 吉祥寺中道通りも奥過ぎた、ギャラリーリテイルさんで出逢いました。

 鈴木雅子さんの作品は、毒々しく、ポップ。
 鮮やかな色使いと、コミカルなモチーフ選びは、僕の感覚にスビバシ刺激を与えてくれました。
 見ているとなんか、とってもニヤニヤしちゃう。
 それこそ、僕が女の子だったら、「ここからここまでください!」って両手広げてしまうような感じ。
 今日も一年ぶりにお会いしつつ、相変わらず魅力的な作品に心撃たれてきました。
 仕事の休憩中に伺ったのでゆっくり出来ませんでしたが、それでもたまらん時間でした。

 会期もあとわずかですが、色好き、アクセサリー好き、グロカワ好きの女子たちにはぜひ直接見て欲しいと思います。

 詳しくは「ギャラリーリテイル」さんのHPで要チェックお願いします。

d0162966_21202548.jpg






d0162966_21193916.jpg






d0162966_21183884.jpg







 なんか、最近、人のお知らせばかりしていますが、それほどに素晴らしい創り手さんとお会い出来ています。
 嬉しい事です。

 さて、来週からは吉祥寺糸モノまつりが始まります。

 「今年は個展しません!」と言い張っていた僕ですが、手織工房じょうた関連イベントでちょいちょい作品出品致します。
 来週末はみなさん、吉祥寺へレッツカモン!な状況です。
 僕自身の制作も追い込み中です。
 自分でも面白がりながら、新たな自分を感じつつ、あの頃の自分を感じつつ、手を動かしています。
 新作、出します!
 お楽しみに!!!!
[PR]
by pops-fabric | 2014-11-14 21:44 | 色々紹介

 かねてから行きたかった、正藍型染師 田中昭夫さんの展示を見てきました。
 (田中さんについて詳しくはこちらのブログを色々とご参照ください。僕もこのブログで知りました。)

 僕は藍染めには(というか染めには)まったく詳しくありません。
 それでも、田中さんがどれほどの仕事をして今に至るのか。
 展示を見たら、想像する事は難しくありません。
 こんな人が、今の世にまだいたのか。
 言葉では言い表せないくらいの感情がわいてきました。
 藍をたて、染めの型紙を自ら彫り、染める布は手紡ぎ手織りのものを国内外から集め、染めに関する全てを自ら手作業で行ってきた田中さん。
 作品はもとより、作業場を見せていただいたときはどうにも泣けてきてしまってしょうがありませんでした。
 古びた民家の一角で、世間からは見向きもされず、正当な評価も得られないまま、それでも自分の想う染めを、実直にされてきたのだと感じました。
 それこそ、馬鹿正直に、一筋に貫いてきたのだと。
 この場所で、この人は、自分と、染めと向き合いながら50年以上生きてきたのか。
 素晴らしい手仕事を目の前にして、僕はただお礼を言う事しかできませんでした。
 がんばってくださいなんて、口が裂けても言えない。
 どんな言葉も、まったく意味を持たない様な気がしました。
 それこそ、ありがとうございます、という言葉だって。

 田中さんからしたら、自分の想う事をしてきただけなのかもしれません。
 それでも僕は、田中さんに感謝しました。
 哀愁漂うその姿からは「職人」の威厳のようなものは感じられませんでしたが、それでいいのだと想いました。
 言葉の節々からにじみ出る、創り手の年月の存在だけでもう、充分説得力がありました。
 写真を撮るより、ちゃんと真っ正面で田中さんの言葉を受け止めたい。
 どんな表情で、どんな言葉を使って、ご自分の仕事を語るのか。
 一言も聞き逃してはいけない。
 そんな気持ちでいました。

 川口のアートギャラリーアトリアでは、作品と共に作業風景の映像も見る事が出来ます。
 会期は16日(日)までですが、興味とお時間がある方はぜひ、お運びください。
 まだ、完全に火が消えた訳ではありません。
 モノと人が存在する限り、必ずそこには温度があります。
 それを直接感じるだけで、充分意義のある展示会だと思います。

 詳しくは「けろ企画」さんのブログでもろもろご確認ください。

 今日もまた、背筋が伸びる一日であったことに感謝します。
[PR]
by pops-fabric | 2014-11-13 23:25 | 色々紹介

 買い付けの旅から帰ってきたという知らせを受けて、渋谷novoreの火曜日のお店「le biais」へ。

 
 器だけでなく、服のセレクトもしているのですが、店主曰く
 「器に合う服を選んでいる」
 とのこと。

 そんな視点でセレクトされた服なんて聞いた事ない。
 器の事を嬉々として話す店主の興味はここから何処へ向かうのか。
 今回の旅でセレクトした器は、棚に片付けた時の横から見える面の美しさも意識したのだと。
 
 う〜ん。
 面白い。

 週に一度、火曜日のみの営業ですが、器に興味のある方ならきっと楽しめると思います。

 ぜひ。


 

d0162966_23505174.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-11-12 00:03 | 色々紹介