<   2014年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧


 「当たり前」なんてこと、どこにもないんだよなー

 ふと思いました。

 つくばに戻ると、自然と気が抜けて行く自分がいます。
 駅から実家まで車で約25分。
 街灯もどんどん少なくなり、夜空が大きくなっていって、星が数を増していく。
 あの頃は一目散に飛び出したかったこの環境が
 今はとっても愛おしい。
 
 八人家族で暮らした家は、
 いつの間にか一人と三人が暮らす家になり、
 それでも、「家族」の繋がりは確実に広がっているように感じる。

 一歳になったばかりの甥っ子と僕は、
 相変わらずうまくコミュニケーションが取れないけど
 それでも、同じ家にいることができる。

 
 今のこの現状があるってこと
 織りと共にある暮らし。
 人との関わり合いで生きていけていること。
 いつの間にか僕は、あの頃思い描いた場所に立っているのかもしれない。
 手段は違えど、それが思う方向に足を進めていった結果なら
 今こそが未来であり、未来になっていくんだなー、と。
 新しい出逢いや、出来事がある度に同じ事を想います。


 でも、それは当たり前じゃない。
 かといって特別なことでもない。
 ただ、ただ、起きたこと、起こったこと、起こしたこと。

 ただそのことに感謝を。
 慈しみを。
 愛を。

  

d0162966_4351370.jpg

[PR]


 最近とても緑づいています。
 気がつくと緑を手に取っています。
 夏前につくった緑のジャケットを着ていたら
 「いい緑だね〜。今年の流行緑だしね!」
 と言われたり。
 あれ、そうなの!?ほいだらカウンターじゃー!と今までなら緑から遠ざかったのですが、
 今回はそれでも気にせず
 「緑一直線!」
 なくらい、緑が気分なのです。
 冬用緑を織り上げました。
 さて、ここからどんな形が生まれるやらやら。



d0162966_7142681.jpg




d0162966_7104750.jpg







d0162966_794469.jpg







d0162966_785627.jpg







d0162966_784154.jpg

[PR]

 先日、11月3日(月・祝)に吉祥寺パルコ屋上にて開催されるフリーマーケットに出店する旨お知らせしたのですが、諸事情により出店取り止めとなりました。

気にかけてくださっていたみなさん、すみません。

僕自身も久しぶりのフリマ出店を楽しみにしていたので、残念です。

次回はいつ予定が立つかまだ分かりませんが、のんびりゆるりと機会を待ちますね。

どうぞ、よろしくお願い致します。
[PR]
by pops-fabric | 2014-10-27 06:31 | お知らせ

先日、日頃お世話になっているSTOFの10周年パーティーに行ってきました。
ふとしたご縁で僕の織り地を使ってくれるようになったのは、2011年A/Wのコレクションから。
それからもご縁は続き,幾度と無く織り地を製品としたあらたな形で提示してくれています。

・・・・過去のコラボレーション・・・・・

・「モッズコート

・「くつ

・「クッション、くつ

・「2011年A/W



まだまだ世間一般では馴染みの薄い「さをり織り」です。
こういったブランドさんとのやりとりは、さをりの可能性をぐっと広げる意味で、とても重要だと感じています。
なにより、単純にやってて面白いですし。
商業的にはなりにくいさをりの布が自分の手を離れて、デザインという「モロ商業的」な枠の中で、どう扱われ、どう変化していくのか、STOFの感性を通したクリエイションは「さをりとファッション」の関係性、これからの可能性を充分未来あるものにしてくれています。

本当にありがたい事です。

さをりは面白いけど、仕事にはできない。(ならない。)
織りは続けたいけど、趣味の中で充分。(ほんとに?)

創ること、伝えることで生きていけたら、ご飯が食べていけたら、稼ぐ事が出来たら、いいですよね。
それも、自分の分だけではなく、愛する人たちを守れる分もちゃんと稼ぎたい。
多くの人が思っている事ではないでしょうか。
もちろん僕もそう思っています。
そして、その手段を模索しています。
でも、諦めてしまった人がたくさんいる事も知っています。

好きな事をして生きていこうとすることは、とっても楽しくて、とってもこわい事でもあるから。

さをり織りを始めて5年目。
活動初期から眼を付けてくれて、今でも気にかけてくれる谷田さん、ほんとうにありがとうございます。
STOFというブランドのこれからを、とても楽しみにしています。
僕もいつでも肩組めるよう、しっかり積み重ねます。
これからも、どうぞよろしく。

ラーメン、うまかったです。





d0162966_505449.jpg







d0162966_50365.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-10-25 18:27
2014年は個展をしない、と明言した去年の展示会でしたが、年が変わって2015年。
そうです。
来年の一月に展示会をする事になりました。
それも、僕の活動始まって初の二人展です。
それに先駆け、年明けてすぐに渋谷のあの場所で、またひとつ場を設けようと思います。

詳細は少しずつお知らせしていきますね。

ブログカテゴリに「ヒトヒトトナリ」を追加しています。
こちらのカテゴリにて、まとめてご覧頂けるようひとつずつ進めていきます。

ぜひ、気にしていただけますようお願い致しますですはい。


まずは現在決まっている、展示会の日程をお知らせ致しますね。


2015年 1月2日(金) at novore
  酒寄剛史 「Last works」(仮)
(※開催時間、内容は後日お知らせ致します。)


1月19日(月) 20日(火) at COFFEA EXLIBRIS(コフィア エクスリブリス)
 ようようさん 酒寄剛史 二人展 「ヒトヒトトナリ」
 時間 【19日】13:00〜22:00
    【20日】13:00〜19:00



1月2日の展示会詳細が決まり次第、随時二人展DMの発送も行って参ります。
DMご希望の方がいらっしゃいましたら、送らせていただきます。
下記アドレスに、発送先ご住所、ご希望者様のお名前をご連絡ください。

tsutae219@gmail.com



年初め一日のみと、週の始め二日間という日程ですが、どちらともなかなか面白い場になると思います。

ぜひ、このブログをご覧の皆様は前もってどちらの展示会もご来場の予定を組んでいただけますよう心からお願い致しまして、お知らせのエントリとさせて頂きます。

謝謝。










d0162966_2321467.jpg

[PR]

 友人がビームススタッフさんの「男のポケットティッシュ問題を考える」というブログを紹介しておったので、読んでみたら、なんとなんと、ナイスナイスじゃありませんか〜!
ということで早速恵比寿へ行くついでに代官山へ。

 そうして販売店である吉田カバンさんへ。
 コンセプトからデザインから、なにもが秀逸で、教えられること多々あったので購入してきました。
 そうしたらまた、例の癖が出てきました。


 「リメイクしたい・・・・・。」


 ということでやってみました。




d0162966_1542749.jpg



d0162966_1542190.jpg


 リバーシブル使用の便利なこいつ。
 何通りもの使い方があります。




d0162966_1534794.jpg


 そこで織り布とのリバーシブルなんて素敵っしょーということで分解しました。
 それでもって縫い付けて、元通り直して、はい完成。
 まさかの勝手にコラボレーション。
 まさかの吉田カバンさんと。
 小銭入れにも、キーケースにもなりますね。
 1点のみのスーパー限定!
 といいつつ、こちらの販売予定はありませんのでご了承ください。




d0162966_153411.jpg






d0162966_1525042.jpg



 うーん、楽しいぜー!!!
[PR]
by pops-fabric | 2014-10-21 02:13

 涼しくなって、出店者も過去最高(らしい)となったハモニカ朝市。
 お客さんもたっくさん来てくださいました。
 それこそ
 「ちょっとすみませ〜ん」
 と言いながらあの狭い路地を歩くような状態になったりもしたり。
 人がいる、ってすごいエネルギーがあることだな、って思いました。
 しかも、店舗によっては行列ができたりもしていました。
 すごいっすね。
 みたかプリンさんとか、とか、とか。
 朝市も40回を目前としてとうとう行列店ができるとは、なんだか人ごとながら嬉しいです。
 来月あたりは僕のところも、マフラーを求める方々で行列ができることでしょう。
 「並んでまで欲しいマフラーっていったいどんなマフラー!?」
 なんつって、そうなったらびっくりして僕もその列に並んでしまうかもしれません。
 なんてこったい。

 いつも来てくれる方にもお会い出来ましたし、不思議なふなっしーを差しいれてくれる方もいましたし。
 なんだかいつも以上にとっても楽しい時間となりました。
 うんうん。
 運営のみなさん、出店者のみなさん、会いにきてくれたみなさん、初めましてのみなさん。
 ありがとうございました!



 



d0162966_17211522.jpg





d0162966_17205176.jpg





d0162966_17203070.jpg





d0162966_1719193.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-10-20 17:32 | 日常のこと

巻物メインとはいえ、おすすめのプチトートも少し持っていきます。
ひとつあると重宝するサイズ感。
使ってみて分かりました。


d0162966_1173778.jpg




ここ1〜2ヶ月で織り上げた新作マフラーもちらほらと。


d0162966_1163855.jpg






d0162966_1161150.jpg






d0162966_1161947.jpg




今夜は見事に寒くなってきましたね。
首元が寒くて寒くて、、、でした。
朝市はすでに寒いのでしょうか。
身も心も温まるものに包まれたいっすね。

18日(土)は暮らふと川口に手織工房じょうたさんが出店します。
午前中は搬入で僕も現地に行くのだ。
やー、楽しみ!

「工房からの風」もやってるし、松本では「クラフトピクニック」もやってるし、各地でイベント盛りだくさんな週末だなー。

うん、いい時期です。

みなさんもどこかのイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか?
[PR]
by pops-fabric | 2014-10-18 01:28 | お知らせ


ハイサイ!
久しぶりにフリマします。
出ますです!
フリマなので秋冬の古着がメインですが、地元(と言ってもいいすよね!?)吉祥寺でのフリマ出店は初なので今から楽しみです。
織りを始めて、自分で服を創るようになってから、めっきり袖を通さなくなってしまった服が多いので、この際に一挙放出です。
しかしさてはて、パルコ屋上のフリマってお客さん来るんやろか?
晴れるといいなー。
11月は展示会シーズンであたふたしてると思うので、息抜きする気持ちでの参加。

年明けにもひとつふたつ、楽しい企画が進んでいます。

こちらは近日中にお知らせしますので、もう少しお待ちくださいね。
ではではではでは〜




d0162966_22501259.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-10-15 22:57 | お知らせ

つくば出身ながら一度も行ったことのなかった「つくばスローマーケット」。
今年は行きたいなーと思いつつの、念願叶って行ってきました。



d0162966_893273.jpg




クラフトの方々が出店されているなかで、フードがあったり、バンドのライブがあったり。
陶器や木工、布ものの方が多い中で、ひときわ眼を引いたのが「つくばほうき」と「あけび籠」です。

ご家族でやってらっしゃり、おじいちゃんがほうきをつくって、おばあちゃんが装飾を施して、息子さんが色々説明してくれて。
家内制手工業ってゆーんでしょうか。
すげーいいよねこうゆうの。
ってニヤニヤしながら見てました。
おじいちゃんの手がめっちゃくちゃ早く動くんですもの。
急いでいる訳ではなく、てきぱきとした手の動き。
美しいなーって思いました。
ほうきの原料になる、ほうきもろこしを育てることからしているらしくって。
僕も、本格的に手紡ぎやりたくなったら、やっぱり羊も飼わなきゃなーて決めました。
へへへ。

そうしてあけび籠、についてはのちほど。




「つくバンド」

d0162966_89674.jpg



つくばで西アフリカのリズムを叩いているんですって。
踊り手さんもいて。
タイコのリズムは、きっと人間の根源につながる何かがあるんでしょうね〜
自然と身体が揺れてくるし、ニヤニヤしてきちゃう。
なによりプレイヤーたちがいちばんニヤニヤ、いや、失礼、ニコニコしているんだもの。
最初は遠巻きに見ていたお客さんたちも、次第にステージに集まってきて、とってもとってもいい空気でした。

ニヤニヤしながらふらふらしていると、あら、なんだか見たことある人がいるぞ。
あれあれ?

ちょっと前に行った、世田谷ものつくり学校で行われていたイベント「ennas」(エンナス)に出演していた「Freedam Smaile」さんでした。

d0162966_883963.jpg



エンナスの時には言葉は交わしていなかったのですが、まさかつくばで会うとは!
まさか出演者だとは!
まさかつくば出身だったとは!とまではいきませんでしたが、、、・(九州の方だそうです。)

不思議なご縁だなーと勝手にテンション上がって、ステージ前にも関わらず、馴れ馴れしく話しかけてしまいました。
「Freedam Smaile」兄さん、今回つくばスローマーケットでは5回目の出演になるそうで、マーケットのテーマソングも手がけていたりしています。
つくばについて、ゆるーくアツく?語ってくれて、それがとても嬉しかったな。


つくばに来るたんびに、つくばの魅力を再認識します。
しかも、それを教えてくれるのは、決まってつくばの外から来た方々でした。
それぞれに、つくばに縁を感じ、ことあるごとに足を運び、人によっては暮らしを移してまでいるってこと。
けっこうすごいことだよなーと思います。
そうして、僕はそのつくばで生まれ育ったんだよな、って改めて想います。



そんな形の無い想いを感じる中で、しかしながらモノの力、存在する力、を感じさせてくれるモノと出逢ってしまいました。
冒頭に触れた、あけび籠です。
イベント初日でほとんど無くなってしまったそうで、僕が目にすることが出来たのは6点ほどだったのですが、それでも眼を、心奪われ、これは連れて帰らない訳には行かないぞと。
こいつと一緒にいたいぞ、と。
制作者の方ともお話しさせていただき、これまた、興味深い時間となりました。

つくばにこんな人がいる。
しかもそこそこご年配。
若い僕らと、昔ながらの知恵と技術をもった方々と。

色々と、あれやこれやと、想いを廻らす一日となりました。






d0162966_881723.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-10-14 09:35 | 色々紹介