<   2014年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧


あいにくの雨模様の中、それでも足を運んでくださる方がいる事。

作品を手に取ってくれる方がいる事。

とても、とてもありがたいです。

友人へのプレゼントと、自分へと、とたくさん手にしてくれたあなた。

これ、狙ってたんです〜と、楽しみにしてくれていたあなた。

はじめてつくった作品を評価してくれたあなた。

大切な人を連れて、来てくれたあなた。

「今日は行かなくっちゃ」とわざわざ来てくださったあなた。


オトノハ朝市からの出会いで、個展にも来てくださり、今や御馴染みとなった方(とても嬉しい)から、
市には来ていたけど、はじめてお話しする事が出来た方。
雨にも関わらず、ふらりと立ち寄ってくださった方。


ともすれば、人と出会う事に臆病になる時もあります。
それでも、出会いは素晴らしい。
うん。
いいもんだよなぁ。



家路について、ご飯を食べて、荒れた部屋を片付けて、パウンドケーキを食べて。

窓の外には青空が見えてきた。

こんな時間が

じんわり心に染みて来て

少し

輪郭がにじむ。



今日も半分を進みました。
あと半分へこれから向かいます。


オトノハ朝市、ありがとうございました。

また、会いましょうね。

また、会えるよう、頑張ります。





d0162966_16223043.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-03-30 16:47

オトノハ朝市に向けて、なんとかかんとか、準備が整いました。
相変わらず出店前はドタバタですが、いくらやっても、何回やっても、何か足りない気がするのですが、きっとそういうものなのでしょうね。

今回の市は、なるべくシンプルなものをお見せしたいと考えています。
それでいて、なんだかいいよなぁ、というような。

外は雨がしとしとふっています。

阿佐ヶ谷のパールセンターはアーケードなので濡れずにオトノハまで来れます。
(ちょっと屋根の無い道を通らなくてはいけませんが、、、、)


本日(30日)10:00〜12:00
阿佐ヶ谷のオトノハというお店で行われる「オトノハ朝市」に出店します。

まずはオトノハさんのブログをどうぞ。

こんな表現をする人と、こんな生き方をする人と、僕は関わりを持っていたい。

そう想ってオトノハ朝市出店を決めました。

明日も、いい市になると思います。
あなたがいることで、また市に彩りが増していきます。
お待ちしています。




d0162966_3575792.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-03-30 04:03 | お知らせ


久しぶりに実家の母に電話をしました。
そうしたら、受話器の向こう側で赤ん坊の声。

そう、姉夫婦が先日アパートを引き払い、実家に戻って来たのだ。

母の声は弾んでいる。
声がもう、笑顔。
いいよなー、こういうの。
うん。
とってもいい。


家族はやっぱりそばにいるべきだよ。
色ーんな理由でそばにいることができないのなら
せめて、心の距離だけは離さないで。
自分でも、人からでもいい。
「愛」の存在を感じることができたなら。
どんなことでもいいから
「愛」ってあるよねって。
そう想う事ができたら
日々は何倍も豊かになるのでしょう。


オトノハ朝市に集まる人たちからも、僕は愛を感じてしまっていたりするんです。
お店を出す側も、それを楽しみに来てくれる側からも。
その場を、空間を楽しむっていう空気が満ちていて、それがとても気持ちよくって。

やー、とっても楽しみ。



リネンテープ(紐)も無事、織り上がりました。
納得の出来。
いいものできました。
ぜひ、お手に取って感じてみてください。
きっと、いいと想います。



d0162966_22532840.jpg

[PR]
織っています。

幅約8mmの麻平紐。

リネンってやつです。

使えば使うほどに、愛着がわく物を。

いつまでもなくならない物を。

しっかりゆっくり、どっしりと、かろやかに。


さて、しかしながら進みは遅く、オトノハ朝市にまで間に合うでしょうか?!

せめて1m以上はないとさみしいよなー、なんて思いつつ。

「布」という枠には収まらないかもしれませんが、これもまた、「織る」という行為の面白みではないでしょうか。

せっかく、時間のかかることをわざわざやるのだから。

そこに「喜び」や「楽しみ」が無くちゃ寂しいですよね。

「用の美」と共存しつつ、それぞれの形が見えたなら。

オトノハ朝市。

3月30日(日)

10:00〜12:00

南阿佐ヶ谷にて。



ご期待ください!



d0162966_119439.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-03-27 01:33 | お知らせ
二ヶ月ぶりですが、なんだかとってもお久しぶりな気がしています。

オトノハ朝市!

出ます出ます!

今回は「布」

です。

今や定番となったリネンのハンカチを始め、大判の包み布やら、をメインにご提案。

最近は「用の美」という言葉が自然とよく浮かんできます。

とても、「シンプルな物」をつくりたいな、と。

それが「まっさらな布」になるかどうかはまた別の視点なのですけれども。





中国茶の奥泉富士子さんが今回でオトノハ朝市卒業だそうです。
有終の美。
いいお天気になるといいなぁ。

売り切れ必至のパウンドケーキ、circusさん
古道具のさびさびさん

オトノハさんのご飯や、やちむんも。


さてはて、今回はどんな市になるのでしょう。

今年は個展が無いので、こういった市が直接みなさんとお会いできる機会となります。
お久しぶりの方や初めましての方や、毎回どうなることやらと、これでも緊張しているのですが、とても楽しみにしています。

みなさんのお楽しみともなれるよう、頑張ります!!!!!


オトノハまでの道のりはこちらをクリーック!でお願いします。

3/30(日)
オトノハ朝市
時間は10:00〜12:00の二時間のみ



d0162966_4355037.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-03-26 04:36 | お知らせ

ずいぶんとご無沙汰していたような気がします。
いやはや、実際ご無沙汰ですね。

あれもしたい、これもしたい。
もっとしたい。
もっともっとしたいんだよ。

って。

そうして、来るもの拒まず、去る者は無く。
たくさんの気持ちいい人たちとの繋がりは増えて行く一方で。
なんて満たされた時間だ。
暮らしだ。
大げさに言えば、人生だ。

いや、大げさじゃないですよね。
今、この時が人生で、この時間、ひとつひとつの積み重ねなんですよね。

振り返る過去にはいつも笑顔があって
それはなぜかってーと
今、僕はそれなりにでもちゃんと、生きているからであって

だから、どんなに辛い時があっても、
作り笑いでも、少しでも笑おうって、いつの日か決めました。
そうすれば、どんな出来事も、笑いのある記憶になる。

伝えたい、知らせたい人や、出来事が沢山あります。

国吉亜耶子and西川真吾Duoのライブを見たこと。

MOROHAのライブを見たこと。

とてもいい作品が織り上がったこと。

気持ちのいい人と出会ったこと。

不思議な偶然が重なったこと。

おいしいごはんができたこと。

笑えたこと。

泣けたこと。

「遺言」という映画を見たこと。

優しい本にであったこと。

パン教室に行ったこと。

友人に子供が産まれたこと。

自炊のご飯はとてもおいしくっていつも食べ過ぎること。

明らかに年下のあいつの薬指に何かがキラリとはまっていたこと。


いろいろ、いろいろあります。

そうしてこうして、今を、紡いで行こうと思います。



d0162966_2201717.jpg

[PR]

三年前の今日。

起こった出来事。

僕らに突きつけられた現実。

例えようの無い不安。

未来は来ないんじゃないのかとさえ思った。


そうして今。

世の中はむしろ、より悪くなっている気さえするんだ。

知ろうとすればするほど手に入る情報。

流れてくるものではなく、自分から掴みに行った知識。

これからの僕の大きな財産です。

僕は今、三年前の未来に立っている。

ここで暮らしている。

来る未来じゃない。

向かってたどり着いた未来。

だから、どんな今であっても胸を張る。

真っ正面からがっぷり四つだ。

そうしてスクラム組んで、向き合って。

その後、肩組んで同じ方見て。

一緒に歩いて行くつもりなんだ。

さぁ、胸を張れ。

胸を晴れ。

ほんの小さな、ちいさなこと

いとも簡単に世界は変わる。

僕の未来は変わってく。

変えてける。
[PR]
「伝えたいことはただひとつ。

この4文字だけ。

がんばれ!がんばれ!がんばれ!

笑われたっていい!うまくできなくたっていい!

がんばれ!がんばれ!がんばれ!」


暴力的なほど全身で叫ぶ彼は
まるで自分に言い聞かせるように
僕らの背中を押すように
支えるように
そうすることでより、踏ん張ろうとするかのように。

外に放つ言葉は
やっぱりきっと
自分の為の言葉で。


僕は、本当に本当に
彼らの表現に心打たれたから
去年の夏の展示会、声をかけました。
「あなたたちのステージに心打たれたから
僕のステージも見て欲しいんだ。
唄は歌わないけど、展示会が僕のステージなんです。」

そして、展示会で再会し、ゆっくりじっくり見てくれて。
色々質問もしてくれて。
最後に一言。
「俺らが伝えたいと思っている人に、伝えることができました。」

その時はなんだかとても嬉しくって、
不意な出来事も重なって
目頭がぐーーっと熱くなってしまいました。


今回のライブは2ndアルバムのリリースツアーファイナル。
だからといって、終わりじゃない。
ここから始めに来たんだ。

台本も何も無い、心の奥底からの言葉は
いっつも僕の心を鷲掴みにする。

個人的でいいんだよ。
本当の気持ちは伝わる。
絶対、伝わる。

だから、本気な人間は、本気の人間と共に表現をするべきなんだ。

自分自身に本気なら、真剣なら。
そこは譲っちゃいけない。

恥ずかしがらなくっていい。
不安なんかいらない。
あなたのままで行け。

そう。

「自分自身をがんばる。」

それさえ出来れば、もう何も怖くない。



MOROHAという存在は、
勇気であり、希望であり、日常です。

ジャンルを超えた、MOROHAという生き方。

僕はそう感じています。


あなたの暮らしのどこかに
ほんの少しでもMOROHAがいるとするなら
こんなに嬉しいことは無いよ。

だってそれは、
僕とあなたが「仲間」だっていう印のひとつになるんだから。


MOROHA official web site


d0162966_25734.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-03-08 03:03 | 色々紹介
びゅうびゅう

ごうごう

ぐわんぐわん


真っ暗な夜に瞬く星よ

数千億光年の光よ

草木も眠る丑三つ時に

吹き飛ばされたりしないでおくれ

数え切れない星空よ

人の数ほど想いは廻る

何処かへ飛び立つ時が来ても

変わらずには居られずとしても

その形のまま飛んでいけ

想いのままに飛んでいけ





d0162966_291510.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-03-06 01:58

織る人によって変われば、同じ人でも織る時によって変わる。

織りが変わる。

さをり織りは人の多様性をも表してくれます。

うん。

これが今日の僕のさをり織り。


d0162966_202671.jpg

[PR]