<   2013年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧


 
 美しいものをつくりたいと想っています。

 あなたの感情に触れられるような、そんなかたちをつくりたいと想っています。

 そのためにも、自分の喜びや、楽しさや、嬉しさを忘れずに、無くさずにつくりたいと想っています。

 その時々につくりたいものをつくる日々は、一見なんのまとまりもないように感じられます。
 
 子供じみた行為かもしれません。

 それでも、他の誰でもなく、自分の意志に基づいて産まれたかたちは、紛れもなく僕の子供たちです。

 産みの苦しみもまた歓び。

 子供に子供は産めません。

 ましてや育てることもできません。

 でも、産むということで、創りだすという行為によって、親になることができます。

 つくることへの歓びを、愛と共に、続けたいと想います。

 来週の月曜日はとうとうスタッフ展の搬入が始まります。

 今期展示会第一弾。

 ラストスパート掛けます。

 ではまたまた。。。



  
d0162966_1132273.jpg

 
 


 
[PR]


 つくらなきゃいけないって状況。

 それは、とても幸せなことなんですよね。

 僕は、好きなことは仕事にするべきだと思っています。
 
 はじめはできなくっても、どーにかこーにかして、仕事になるようにするべきだ、と。


 「好きなことは仕事にしない方がいい。
 仕事にしたら好きなことだけではできなくなるから。」

 それは、それくらいしか、そのことを好きじゃなかったってことだよね。


 好きなことにまつわることなら、どんなに大変なことも、「好きなこと」の一部なはず。

 だから僕は、今の状況を、とても嬉しく思います。




  
d0162966_1445813.jpg
 
[PR]

 展示会情報を一時間近くかけて書いていたのに、ちょっとしたキー操作ミスで、消去。。。。

 ワンクリックで、消えてしまった、、、、、。

 しかし、しかし!

 こんなことでへこたれません!

 とりあえず、展示会情報は明日に仕切り直して今夜は経糸つくりします。

 展示会まで、あと少し。

 頑張ります!


 
d0162966_2257100.jpg

[PR]

 今回の個展は「吉祥寺 糸モノまつり」と連動した企画となっており、11月23日(土)には参加店舗合計33か所で、展示会なり、ワークショップなり、糸ものアイテムの特別販売なりがあったりします。

 糸モノまつりについてはこちらからどうぞ!(箱庭さんが昨年のまつりを紹介してくださっています。)


 そして、糸モノまつり参加にあたって?むさしのFMに生放送で出演させて頂くことになりました。

 なんでも、展示会の説明をするとか何とか。

 詳しいことは全く分かりません。

 11月17日(日)14:20くらいから~、だそうです。

 放送事故が起こらないことを祈るのみ。。。。。

 日曜の昼間だってのに、どれだけの人が聴いてくれるのでしょう?
 お時間ある方、要チェックやっ!

 ちなみに11月10日(日)14:20~は手織工房じょうた主宰の城達也さんが出演します。
 ともにどうぞ、よろしくおねがいいたします。


d0162966_0495665.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2013-11-07 00:50 | 展示会情報

 ようやくDM発送の準備が整いました。
 本日から順次発送して行きたいと思います。
 今月は工房内の業務も多いため、隙間を縫っての作業となりますが、ひとつひとつ重ねて行きたいと思います。

 今回のDMもとてもいいものができました。
 今月末に行う個展と来月に行う、「初期全展 足跡」のDMとの合計二枚。
 これまでの展示会にご来場いただき、芳名帳にご連絡先頂いている方全員にお送り致します。
 これまでご来場いただけていない方でも、ご連絡先教えて頂ければ発送させて頂きます。
 (右記お問い合わせのアドレスに送付先をメールでおしらせくださいね。)
 

 来年は個展の予定はありません。
 12月の初期全展「足跡」を持ちまして「SAORI weaving works もとも」としての活動は終了となります。
 (初期全展「足跡」では、さをり織りを始めてからこれまでに製作し、手元に保管してある過去の作品すべてをご覧いただく場を設けます。)

 「足跡」に関してはまた後記にしますが、まずは第三回個展「未来」での今年一年間の製作をご覧いただければと思います。

 宜しくお願い致します。


 さをり織り
 酒寄剛史
 第三回個展「未来」

 2013年11月23日(金)  
       11月24日(土)  両日とも10:00~16:00

 cafe☆bar BLOOMOON 

 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-30-16 加藤ビル2F-B




d0162966_10441047.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2013-11-03 10:47 | 展示会情報

 昨日、福島原発告訴団 団長の武藤類子さんによる現状の説明会に行ってきました。

 やりきれない気持ちでいっぱいになりました。

 つらい想いをするのはいつも、心優しい人たちだ。

 ほんとは告訴だとか、申し立てとか、そんなことやりたくないんだと想う。
 いや、そりゃそうだよ。
 だれだって好きこのんでやりゃしない。
 やむにやまれぬ想いが募って、動かざるを得なくなって、やるしか無くなってやっているんだと想う。

 それでもね、「断固戦うぞ!」とかね、「負けてたまるか!」とかね、そんな姿勢じゃなくって、「ただただ、分かって欲しい」「現状を知って欲しい。」「何も終わっていないんですよ。」って。
 ほんとに切実な想いなんです。
 それでね、そんな状況でも、武藤さんはとても優しい笑顔なんです。

 今夜新幹線で福島に戻らなきゃいけないって、急ぎで帰られたのだけど、去り際の笑顔がほんとに優しかったんです。
 それこそ言葉に出来ないような、すさまじい体験をされて来たのだと思います。
 そして今だ現状も厳しいなかで、そんな想いを世間に、誰かにぶつけるわけではなく、じっと歯を食いしばりながら、「知らせる」ということをしてくださっています。

 なんでそんな世の中になってしまったんでしょう。
 なんで優しい人が辛い目に合わなくてはいけないのでしょう。
 穏かな気持ちのままで暮らせる日常を奪われなくちゃいけないのでしょう。

 
 そうして答えの出ないまま次に聞こえてきたニュースは、山本太郎氏の直訴問題。
 極端なまでの一方向からの論調。
 「なぜその行動に至ったのか」を掘り下げて報道するメディアは皆無。(僕の見る限り)
 凶悪殺人犯ですら、その背景や心理状況にまで着目され報道されるのに、なぜなのでしょう。

 マスコミから流れ出る情報だけで物事を判断するのは、とても不安定な結果を生む世の中になっていると感じています。
 それぞれがちゃんと自分の頭と心で判断して行かないといけないんですよね。

 後悔のない日々を過ごしていこうと想います。








 
 
 
[PR]