<   2013年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧


 いきなりの告知になってしまいました。


 7月31日(水)~8月5日(月)

 麻布十番ギャラリー

 「色を織る展」


 AM11:00~19:00(最終日のみ17:00まで)

 セルプきたかせアトリエjet'sの方々との合同展を手織工房じょうたで行います。

 今年で3回目。

 今回は僕とスタッフのアベサンで展示内容、方法立案(ディレクション?)しました。

 なかなかバタバタで展示会前は相変わらずです。

 僕は最終日の5日に在廊予定です。

 展示が始まればほっと一息つけます。

 おしゃべりしに、会いに来て頂けると嬉しいです。

 じょうたからは総勢34名の織り作品が並びます。(僕も参加してます。)

 あ、もう、明日搬入ですね。

 頑張ります。

 頑張りましょう。

 暑い日々に加えへんちくりんな夕立が多いですね。
 スコール化しているという声もよく聞こえてきます。

 みなさま、体調崩さぬようご自愛ください。
 

 ※今週中に展示会で受け付けるオーダーカシミヤマフラーのサンプル画像アップします。
  今しばらくお待ちくださいませ。



 

 
[PR]
by pops-fabric | 2013-07-29 06:49 | 展示会情報

 今年で僕の作家活動も3年目を迎え、冬の第三回個展「未来」で第一部のまとめとなります。

 それにあたり、今年はそこまでの過程も見ていただこうという試みを思いつきました。

 「未来」への道程。

 過程。

 プロセス。

 作品数はそんなに多くはありませんが、2013年上半期に制作した子たちをメインに展示販売致します。

 通常は展示即売会という形式をとらせていただいているのですが、今回に限り、お買い上げいただいた作品は(一部)会期終了後に郵送にてお届け、お渡しとさせていただきたいと思います。

 ご理解のほど、宜しくお願い致します。


 では、以下、展示会内容となります。





 さをり織り 酒寄剛史 第2・5回

 「〇」 

 
 会期 開場時間

 8月25日(日)

 16:30~23:00


 8月26日(月)

 10:00~21:00



 場所

 渋谷novore
渋谷区桜丘町17-9 第二昭和ビル401





 今回は表立った告知はブログ、FB,twitterなどに留め、DMの制作はしておりません。
 開場時間を長く設定し、普段からお付き合いのある方たちとゆっくり作品を見ながらお話させていただければと想っています。
 (でも、お友達やお知り合いの方を連れて来てくださるのもとっても嬉しいです!)
 

 そしてそして、「カシミヤマフラーのオーダー受注会」を致します。

 型数は3型
 色数は48色

 デザインは要相談。


 価格帯
 ¥21,000~
 (受注時に預かり金として¥5,000を申し受けます。)


 お渡し
 
 11月22日(金)23日(土)
 吉祥寺で行われる酒寄剛史 第三回個展会場。

 もしくは11月下旬、郵送にて。


 ※オーダーご希望のお客様はミーティングのお時間としてアポイント制をとらせていただきます。
  ご希望の時間を下記アドレスまでご連絡ください。

  pops244@gmail.com
 
 また、お問い合わせもこちらのアドレスで受け付けております。



 ※制作の都合上、オーダー数に上限を設けております。
  ご希望のお客様はお早めのアポイントをお勧め致します。


  

  以上となります。


 展示会の時期、残暑が厳しくなるのか、秋が早まるのか、先はまったく見えませんがそれでも「未来」はやってきます。
 「未来」への道程。
 


 お待ちしています。


 
 
 
[PR]
by pops-fabric | 2013-07-27 19:53 | 展示会情報




 カラフルな雪景色が次第に闇に染まるような。

 そんなイメージ。



 

 
d0162966_27372.jpg









d0162966_27119.jpg










d0162966_272042.jpg







 八月の終わりに渋谷で小さな展示会をすることにしました。

 新しい試みもひとつ、ご用意します。(ある意味、すべてが新しい試みですが。。。。。)

 詳細は近日、お知らせいたします。

 だってもう、一カ月切っているのですもの。

 ほんとに近日お知らせいたします。

 要チェックでお願い致します。
[PR]

 想うことは色々ありますが、ひとまずお久しぶりの?作品アップ。

 現在冬絶賛冬自宅が始まりました。

 カシミヤで何パターンか織っています。

 組織織りは組織が二重構造になる、というか、表現が掛け算になる、というか、平織りとはまた違った面白さがあります。
 
 「さをり」という概念(ここでは合えて「織り」とは言いません。)の多様性。

 少しでも感じていただけたら嬉しいです。



 



d0162966_12471192.jpg








d0162966_12471811.jpg










d0162966_12472695.jpg

[PR]


 僕自身、今回の選挙ほど真剣に向き合って投じた1票はありません。
 それはなぜかと言われたら、今回の選挙の意味深さもさることながら、今までの僕の意識が希薄だったからなんだと思います。
 もちろん今までも投票には行ってました。
 わざわざ白票出しに行ったこともあります。
 でも、それもここ数年のこと。
 選挙権を手に入れてから選挙の度に~というわけではありません。




 僕の地元には、選挙の度に「〇〇党よろしくな!」と言ってくる熱心な友人がいます。
 彼と話をしながら、
 「俺は詳しいことは分からない。でもお前の話はよく分かる。だからお前に一票入れる気持ちで投票行くよ。」
 そんなこともありました。
 そこには、間違いなく信頼関係がありました。
 

 しかし、今回の選挙。
 僕なりに情報を集める中で、彼の意見と僕の意見は違いました。
 僕の中で「無し」のことが、彼の応援する政党が推進だったんです。
 
 「ほんとにお前、それでいいのかよ?!」
 「政党はそうかもしれないけど、お前自身はどう思ってんだよ?」
 
 僕はすごく不安になりました。

 彼には子供が二人いて、奥さんのお腹には三人目の命が宿ってて、自営業で親父の後継いでがんばるんだって誠実に、真面目に働いて、生きてて。
 関係ないかもしれないけど、誰が捨てたかも知れない道端のゴミを拾って帰るような奴なんです。

 そんなやつが、それ、支持しちゃうの?
 ほんとに?
 
 
 僕らの暮らしが根幹から揺るぐであろうTPP参加、改憲、原発推進。
 
 知れば知るほど、「おかしいよそれ」ってなる。

 僕より絶対色々勉強もしてるし、守るべきものが多いあいつがそんなの支持するはずなくないか?

 そう思って、地元にいる彼と電話で延々話しました。


 それは別に、おまえは間違ってる、とか、この方がいいよ、とか、そんなこと言いたいわけじゃなくて、俺はこういう考えがあって、おまえのことが心配になっちまったんだよ、ってことを伝えたかったんです。

 僕は僕でまだまだ、全然まだまだだけど、少しずつ自分なりの意見が出来て来てる。
 彼にも彼の意見がある。

 ただ、一票を入れるってことは、「自分の姿勢の表明なんだ」って気持ちがあって。
 そしてそれは、誰に対するでもなく、一番は自分自身への表明であって。

 だから、僕は彼のことがちょっとだけ不安になったんです。
 俺の知ってるおまえは、そうじゃないはずだぜ。って気持ちがむくむく湧いてきて。


 そうして話をして。
 
 彼とは今もいい仲間です。


 何がどうしてそうなっているのか。

 大切なことは「知る」ことであり、「知ろうとする」ことだと想います。

 選挙っておもしろいよ。

 知れば知るほど、世の中が見えてくる。

 自分のことになってくる。

 自分のことになれば、行動が伴ってくる。

 行動が伴えば、日々が変わる。

 日々が変われば、暮らしが変わる。

 暮らしが変われば、人が変わる。

 人が変われば、社会が変わる。


 どこかで聞いたような、キャッチコピーみたいになっちまいましたが、ほんとそうだなって体感してます。

 選挙よく分からん。
 政治よく分からん。
 候補者の話、よく分からん。
 
 でも、それでも、投票に行くってことは結構たのしい。

 行く意味が、どんな人にも生まれると思うから。

 白票だっていい。

 「わたしにはあなたたちの言葉、想いは伝わって来てないよ」

 ってメッセージが、候補者に伝わるから。


 だから、もう、明日だけど、今まで選挙に行かなかった人たちにも今回から。
 今回から選挙に行って欲しいと想います。
  
 まだ、間に合います。

 明日行けない人は今日、期日前投票が各地で出来ます。
 20時くらいまではどこもやってるはずです。
 仕事、半休とってでも行く価値あると思ってます。

 ぜひ、行ってみてください。



 と、ながなが生意気に無知なひよっこが色々言いました。
 個人的な想いが入り過ぎているので、不快になったり、疑問に思われた方もいるかもしれません。
 ごめんなさい。
 でも、大切なことだと思ったから、書いてみました。

 僕らが胸張れる、次の世代にちゃんと手渡しできる世の中にしていきたいですね。

 読んでくれて、ありがとうございました。



 
 

 


 
 
[PR]
by pops-fabric | 2013-07-20 09:04

 月曜日の鬼子母神手創り市、お買い上げくださった皆さま、遊びに来てくださった皆さまありがとうございました。
 たくさんの方から心温まる差し入れなんぞも頂きました。
 顔見せてくれただけでも嬉しいのに、そんなことまでされちゃぁまったく頭が上がりません。

 本当にありがとうございました。

 今回初出店となるsufuさん共々嬉しい、ありがたい気持ちでいっぱいの一日となりました。









 そうしてそうして、最近僕は仕事もさることながら、選挙のことであたまをぐるんぐるんしています。
 今回の選挙からネット選挙が解禁となり、それこそたくさんの情報が溢れまくってます。
 テレビの無い暮らしをしている僕でも、ネットは見ます。
 ニュースも見ます。
 あれやこれやとみんながみんな、それぞれの主張を様々な形で表現しています。


 
 本当のことはなに?

 自分はどうしたい?




 大切なことは、「自分の意志」で動き、決める。

 ということだと思いました。
 
 どんどん流れてくる情報を鵜呑みにせず、自分のフィルターをちゃんと通す。
 なんとなく、とか、〇〇らしいから、とか、そんな理由で決めていいことじゃない。
 自分の価値観を明確にする。
 せざるを得ないのが、今回の選挙なんだと感じています。

 
 じゃあ僕が大切にしたいものってなんだ。
 僕の中にある価値として最重要なものってなんだ。


 それはもう、簡単で。
 
 しっかりと、ちゃんと「生きていく」ことでした。

 とうちゃんかあちゃんじいちゃんばあちゃんが繋いできてくれた命を、つないでいくこと。
 その命をしっかりちゃんと、楽しんで「生きて」いくこと。
 次の世代に渡すこと。
 そのサイクルを止めないこと。


 すごく根源的な所に眼が向きました。
 しかし、このままいくと、その当たり前のことができなくなる世の中になる可能性があると知った時。
 それはダメだ、って思いました。
 いや、感じたって表現の方がより近い。
 頭よりも先に、肌で感じた。
 そんな可能性なんていらない。
 いらないよ。


 知識なんて全然無いに等しい僕がそう感じるんだから、みんなもきっとそのはずだよ。
 感じているはずなんだ。
 でも、考え出すと、頭を使い始めると、感じた気持ちにそれらが覆いかぶさって、見えなくなる。
 表面だけが眼に入る。
 根っこは変わらず在るはずなのに。

 考えるのは悪くない。
 頭もどんどんつかったほうがいい。

 でも、在るものに眼を背けちゃいけない。
 見えなくなってることに気付かなきゃ、意識を向けることがなきゃいけない。

 その先のアプローチは色々あっていい。
 あったほうがいい。

 多様なものが多様なままで。

 ちゃんと「生きて」いく。
 繋いでいく。


 そうして、生きていきたいです。


 投開票日はもうすぐそこまで来ている。
 それは、僕らの未来が少しだけ決まっちゃう日なのかもしれない。
 
 だったら自分の未来は自分で決めんといかん。
  
 未来は僕ら次第だ。

 未来は僕らの手の中。




  
 
 
 
 
 
[PR]
by pops-fabric | 2013-07-17 23:50 | お知らせ
 暑いと眠い、と色んな方がつぶやいているようですが、ぼくのねーちゃんも地声で言ってました。
 そして何を隠そう僕も3時間、お昼寝してしまいました。
 なんだかむしょーに眠くて、たまった事務仕事が全く手につきませんでした。
 こりゃまいったまいった。

 そんなこんなで今夜エアコン解禁しました。

 エアコン最高。

 ビバエアコン。

 でも、頼りすぎないよう気をつけます。

 
 
 はい。
 昨日、一昨日と帰郷。
 今回は一泊。
 家族のことと、自分のことと。
 地元に用事があるってのはなんだか嬉しい。
 今朝は、母が育てたお茄子さんを畑から朝イチでもぎってきて、チーズ乗っけて焼いて食べました。
 畑にはピーマンやらトマトやら夏の実りがちらほらと。
 すごい贅沢なことですよね。
 夜はびっくりするくらい真っ暗。
 東京の夜に慣れてしまった僕は、あの頃の当たり前がやけに新鮮に感じてしまう。
 心が求めている暮らしは、やはり生まれ育った土地に在るようです。

 そんな地元でがんばっている仲間「BEST REGARDS」との共同制作が形になりました。
 以前にサンプルをご紹介したのですが、そちらの完成形。

 大まかなデザインは変えず、丈とポケットの深さを変更。
 よりスタイリッシュに仕上げました。
 織地はもちろんすべて違う、それぞれが完全一点もの。
 
 motomo×BEST REGARDS ハーフパンツ

 表面  さをり織り 綿

 裏面  vintage linen fabric  Made in France


 15日(月 祝)の鬼子母神手創り市に連れて行きます。
 
 ぜひ、実物見て、感じてやってください。



d0162966_227117.jpg

[PR]

 いやー、お知らせがぎりぎりちゃんですみません。
 ほんと、嬉しいくらいバタバタというか、ドキドキというか、あれやこれやとやってます。
 

 「つよしは遅咲き」と言われ続けて三十路になりました。
 あと何年後に僕の時代は来るのでしょう(笑)

 今度の鬼子母神出店で大フィーバーを狙います。

 ぎゃふん。
 (先にぎゃふん、と言っとこっ)


 あ、ちなみに今回、同じくさをり織りの織り手である「sufu」さんと一緒に出店します。
 
 どんな場になるか、出逢いがあるか。

 僕の大好きな作家さんも出店するとの情報があったので、そちらもまた楽しみです。
 お時間ある方も無い方も、15日(月 祝)海の日は、創り手の大海原、鬼子母神手創り市へレッツゴーっす!

 ちなみに今日の作品は、最近の大ヒット。
 モノトーンの楽しさを感じまくっています。
 織り上がったばかりでなんの処理もしていませんが、ぜひ見て頂きたくアップしました。
 市当日は、これらがリネンハンカチとなって販売されます。

 どぞ、お楽しみにっ!


 
d0162966_1383091.jpg


  
[PR]
by pops-fabric | 2013-07-09 01:39 | お知らせ
や、最近文字を書いておりませぬ。
やっぱあれって、心に余裕が無いと、何書いていいかわかんなくなっちゃうんすよね。
「文字を書く」ってことはそれ以上の意味があるんですね。

何書いたっていいはずなのに、あれやこれや考えちゃう。

そーゆー性分な僕、ってだけですが。。。。。

ふむ。


こーゆーときこそ創りたい。
もにゃもにゃもいつの間にか吹き飛んでっちゃうんだもんね。


新しい試みをまたひとつ。
ハーフパンツを創ってみました。
縫製は委託しております。
(詳しくはまた後日!)
いわゆる洋裁仕立てってやつですね。
さをりのプリミティブな雰囲気と、縫製のカチッとしたしっかり感の対比が好きです。

こんなんでビーサン履いて、無地のTシャツサラッと着て、麦わらかぶってぶらぶらしたい。





d0162966_1212463.jpg









d0162966_1213354.jpg








d0162966_121457.jpg

[PR]

 3ヵ月ぶりの参加となったオトノハ朝市ですが、今回もたくさんの方に作品を観て頂き、暮らしの一部として頂くことができました。
 ありがとうございます。



 最近製作していて想うことがあるんです。


 実用性とアート性。
 ここのバランスをうまく取っていきたい。
 そうして、ちゃんと、伝えたい。



 さをり織りの面白さは「どこまでも自由なこと」であり、「そこに、人、が明確に存在すること」だと感じています。
 それは、ひっちゃかめっちゃかのなんでもどうでもいいものではなくって。

 伝え方のひとつとして、「なんでもあり」という表現を使うこともありますが、真意はそこではありません。
 「なにか」にとらわれてしまっている方の「なにか」を取り除く方法のひとつなだけです。
 
 あ、ちょっと話がずれました。


 要は、僕は自分の創るものに、ちゃんと自分の「意志」を、「想い」を込めたい。
 
 そんな気持ちが、ふんわりじんわり、浮かんで来るようになりました。


 作品が売れる度、いや、値付けをする度、考えます。
 この作品は、この価格だけの価値があるのだろうか。
 それこそ、いろーんな角度から考えます。
 
 お金、って大袈裟に言えば(僕には当たり前の感覚ですが)その人の生きた形だから。
 頂くことに、出来るだけ誠実でいたい。
 そうして、「頂く」から、「交換」する、という意識を早くもてるようになりたい。
 もちろん、「頂く」気持ちは忘れずにね。


 今回の市で、お買い上げしてくれた方のひとりから頂いた言葉。

 「きみに投資するわ」

 
 そうゆうことなんだと想うんです。
 とっても、とってもありがたいことです。
 背筋がしゃんと伸びます。

 盲目にならなければ、誠実すぎることはないと思います。

 僕は怠け者だから。
 末っ子意識ばりばりの甘えん坊だから。
 
 こうして、関わり合ってくれる人たちに、教えて頂いているんだなって。

 できるだけ、誠実でいたいと。
 いなきゃいかん、と。
 想うわけです。


 オトノハ朝市は今年から毎月開催となりました。
 僕は毎月出店とはいきませんが、毎回お声掛けを頂けるんです。
 答えは決まっていても、そうしたやりとりで、繋がりを意識できる。 
 とても、とても誠実な人たち。
 
 オトノハというお店の存在を全く知らず、ふとしたきっかけでお声掛けを頂き、朝市に出店させていただけるようになりました。
 アサガヤデンショから発行されているオトノハさんの電子書籍があるのですが、これがまたステキすぎて。
 オトノハの日々、というブログもステキすぎて。

 この人たちと関わりたい。
 関わっていたい。

 そんな気持ちです。


 なんだか、一晩経っても市の興奮冷めやらず、つらつらと書いてしまいました。
 書かなくてもいいようなこと書いてしまった気もしますが、書いてしまったので、そのまま出します。
 きっと、どこかで、知って欲しいと思ってたんだろうね。
 言いたかったんだよね。




 さ、次回の出店も決まっております。

 7月15日(月、祝) 鬼子母神手創り市。

 久しぶり。

 頑張ります。

 
 画像はオトノハ朝市より。


d0162966_9495447.jpg






d0162966_950891.jpg






d0162966_9502426.jpg






d0162966_9503757.jpg






d0162966_9504851.jpg
 







 
[PR]
by pops-fabric | 2013-07-01 09:51