<   2013年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧


 最近、井の頭公園や、そのあたりをぐるぐる走り回っております。
 あ、ランニングってやつをしております。


 二日に一回ペース。
 とりあえず一週間以上続いているので、これはもう大丈夫だな、と。
 日常に「走ること」が入ったぞ。
 などと思いながら今日もてくてくたったか井の頭公園を走っていました。


 いつもは朝走るのですが、今日は気分を変えて夜バージョン。
 さてはて、足元もおぼつかないまま暗がりを走っていました。


 そうすると、いやまー、たくさんいらっしゃるじゃないですか。

 恋人たちがっ!

 恋人たちがっ!

 ベンチをなぜかしっかり一個ずつ開けて、愛を語らう二人は水面を見つめ、「あはは、うふふ」と笑いあい、
時にじっと黙って、何かのタイミングを計りながら、アバンチュールとしけこんでいるじゃないですか。

 そんな景色を横目に僕はたったかてくてく走っていましたが、いやまー、なんか、いたたまれないというか、僕の足音が愛する二人のお邪魔をしているような、自意識過剰よろしくな気持ちになってしまいました。

 愛する二人には、僕の足音なんでBGMにもならないほどのもんだってわかっちゃいるけど、なんだかそんな気持ちになって、いつもは公園2週目に入る所を久我山方面にたったかてくてく走り去ったのでした。

 そんな僕のランニング。
 1kmあたりの最短記録更新、最長ランニング時間更新となりましたとさ。


 なんじゃらほー。


 どうでもいい内容で内容が無いよう。


 あー、もう今日は止めときます。

 さ、お仕事お仕事っ!
 



 
[PR]
by pops-fabric | 2013-06-06 22:19 | 日常のこと

 よーやっと決まりました。
 
 わー、パチパチパチパチ!

 今年もやります。
 個展!

 そして今年は作家活動3年目。
 個展も三回目。
 節目の三回目。
 色々考えてます。

 詳しい内容は開催日が近くなったらお知らせしますね。
 
 とりあえず今日は日程と会場を。


 さをり織り 酒寄剛史  

   第三回個展 「未来」

  日程 11月22日(金)23日(土)

  場所 Cafe☆Bar BLOOMOON at 吉祥寺



 さをり織り 酒寄剛史

   総集展 「足跡」
   
  日程 12月8日(日)9日(月)

  場所 novore  at 渋谷



 どぞ、宜しくお願致します。



 また、作品や内容に関するお問い合わせ先が変更になりました。
 いままでhotmailを利用していたのですが、本日からgmailとなります。
 
 詳しいアドレスはページの右側でご確認くださいませませ。


 合わせてどぞどぞ、宜しくお願い致します。



 
[PR]
by pops-fabric | 2013-06-06 00:05 | 展示会情報


 こんなピアノあったらどんな音を奏でてくれるのでしょうねー。

 せっかく柄を出すなら、それをどう崩すか、どう遊ぶか。

 そんなことを考えながら織りました。

 や、素材はリネンです。

 

 
d0162966_254569.jpg

[PR]

 2009年、冬の作品。
 作品と呼べるかどうかも分かりませんが
 紛れもなく当時の僕は
 織るべくしてこの作品を
 織っていました。
 うん。
 作品だなって思います。
 時間があれば織りに行って
 吐き出して
 吐き出して
 吐き出して。

 あの頃の僕は、今の僕をどう見るのでしょうね。

 創るものは変わっても、創ることの喜びはひとっつも変わっていない。

 いつまでたっても、相変わらずだよまったく。

 

d0162966_112315.jpg

 
 
[PR]

 分からないことを「わからない!」と嘆くのは

 分かりたい気持ちの現れだし、

 忘れたいことを「忘れよう」と意識するのは

 忘れられない自分を認められたって姿勢の現れなんだな。


 ならば否定すら肯定し、ただそこに

 「ある」

 という事実を受け入れよう。


 価値観は生き物。

 そこに意志があるならば

 ぼくらは必ず、分かり合える。





 
d0162966_2223331.jpg

[PR]

 僕にとってのもの創りは、人と繋がるためのツールという側面がけっこう大きい。

 うん。

 「繋がるためのツールを生む作業」と言ってもいいかもしれないす。

 そうして、もの創りを通して生まれたモノや感情を共有し合えたら、こんなに楽しくて嬉しいことはないですよね。

 色んな想いの詰まった作品は、持ち運ぶ際のバックにも気を使いたい。

 


 ってことで、マチもたっぷりのでっかいバックを創りました。

 生地自体はやわらかいので日常使いにもばっちし。
 
 ぼこぼこフェルトもついてるので、見た目にもかわいくて楽しい。
 (「ものを入れる」という機能以外のものが結構付属してます。)


 型紙使わず、定規も使わず、すべての工程をフリーハンドで裁断、縫製しました。

 目指すべき所をひとつ、形に出来たような気がします。

 有機的な作品。

 想いを形に。

 歓びを形に。




 
d0162966_193772.jpg






d0162966_194998.jpg






d0162966_195782.jpg






d0162966_110477.jpg







  
 
[PR]