<   2013年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧


人知れず今年はブログを毎日更新っ!って思っていたのに早くも断念。
いやはや、今年もどうなることやら。。。。。

しかーし、キーボードを打つ手は止まっても織る手、縫う手は止まりません。

今年の一着目、仕上がりました。


冒険の一着、未来へ続く一着。



d0162966_20523580.jpg







d0162966_20524855.jpg






d0162966_20525671.jpg






d0162966_2053567.jpg









さ、明日は初めて世田谷ボロ市へ行ってきます。

今週末20日(日)は今年初出店のハモニカ朝市。
(TV取材が来るかもらしいですよっ)

なんにせよ、楽しみですですです。


お時間ある方はぜひ。
[PR]
とある音楽家さんとのお話が進んでおります。

なにやら楽しいことが出来そうな感じです。

まだ日時も何も決まっていませんが、想うこと、やりたいことを薄めず、そのまんま、形に出来そうです。

詳しくはおいおいお伝え致しますね。



そこではこの子たちが活躍してくれそうです。

ハモニカ朝市オトノハ朝市にも連れて行く予定です。

遊んであげてくださいね。




d0162966_2101390.jpg







d0162966_2102531.jpg

[PR]

友人の為にマフラーを制作しました。

ドリマブル(しゃぼんだま)というなまえでかつどうをしているおんなのこふたりのゆにっとです。

ブランドのイメージカラーはパステル。

彼女が創る作品からイメージを膨らましました。

しゃぼんだまはきれいでかわいいけど、いつまでもその姿をとどめておくことはできません。
すぐにわれちゃう。
でもね、つぎからつぎへと生まれてくる作品はなくならないんだよ。
たとえわれることがあったとしても、なくなりはしない。
われてもわれても、なくならない。
いつまでも、つくることはつづいていくんだ。


そんな想いがわいてきて、織りで現わしてみました。


パステルカラーをメインにタテ糸を3色ずつ、3本ずつソウコウに通し、ヨコ糸も3色、3本ずつ織りました。
そうして、全部で17色の色を使いました。

素数という、自分自身以外では割ることの出来ない数字を使うことによって、「わりきれない、なくならない」マフラーであり、「自分自身の想いを大切に」という気持ちを込めた作品に仕上げました。


想いがある分、見た目はシンプルに。




d0162966_23551540.jpg

[PR]

いわゆる「職業用」ってやつでございます。

ずーっと欲しかった武器です。

10年以上僕のもの創りを支えてくれた家庭用ミシンは、とうとうその役目を終えました。

どうもありがとうね。

お疲れ様ね。

これからは、スーパーパワフルなJUKIくんが僕の制作を支えてくれます。

革や帆布もばんばん縫えます。

制作の幅がぐっと広がりました。

まずは、JUKIくんと仲良しになる所からです。

これからよろしくね。


いやはやしかし、こうして新しいミシンを購入出来るのも、僕の作品を購入してくださる皆さんあってのことだと思っています。
「これからもがんばれよ!」って僕の背中を押してくださっているのだと、感じています。
その気持ちに答えられるよう、これからも誠心誠意、手を動かして生きて行きますね。
本当に、ありがとうございます。

今年もまた、素晴らしかったと想えるように。

頑張ります。

見ていてくださいね。
[PR]
by pops-fabric | 2013-01-10 01:06 | 日常のこと

やりたいことを、やりたかったことをひとつづつ、少しづつ、やっています。


今日は、ずっと会いたかった人と会ってきました。
約8年ぶりの再会。
当時僕は、スタイリスト志望の学生。
会いたかった人とは、当時僕の先生だった方です。

先生は今でも現役でスタイリストをされています。
一方僕は、あれやこれやと職を変え、今は「織り」に関わり生きています。

ようやく僕は胸を張って会えるような気がして、連絡させて頂きました。
そうして、自分の作品と共に、会いに行きました。

先生はあの頃と変わらない笑顔で、僕の今までじゃなく、これからの話を聞いてくれて。
現場の最前線で生きる人の生の声で、変わらない真摯な言葉で、今の僕と向き合ってくれました。

形は違えど同じ「創り手」として、とても濃い時間を過ごたと想うんです。
ほんと、嬉しいというか、ありがたいというか。
先生はあの頃と今と、何ら変わりなく僕と接してくれているのだろうけど、言葉の響きが全然違くって。
それはきっと、僕の意識が変わったからなんだと思います。
少しだけ、まだまだだけど、先生と同じ土俵に立てているような、もうすぐそこに行けるような、そんな心持でお話させてもらえました。


そんな中で印象に残った言葉から、僕なりの解釈を交えて。




最後に残るものは「本物」だけ。

「本物」を創り続ければ大丈夫。

じゃあ「本物」ってなんだ。

「偽物」じゃないもの。

じゃあ「偽物」ってなんだ。

「偽って(いつわって)いる物」。

じゃあ「偽っている物」ってなんだ。

「嘘のある物」。

じゃあ「嘘」ってなんだ。

「嘘」とは、信じれないこと。

信じることができないこと。

信じちゃいけないこと。

つまりは、自分が信じていることをすれば、信じる物を創ることができれば、

それはすなわち「本物」であるんだ、と。

「自分が信じている」という事実そのものがすでに、「本物」であるんだと。

先生との会話が教えてくれました。




僕は僕の「本物」を、これからも形創っていこうと想います。
[PR]
by pops-fabric | 2013-01-08 23:59 | 日常のこと

 先日、田舎で同窓会をしてきました。
 中学時代の仲間たちと。
 うん。
 実は、当時は仲間と言えるほど僕はみんなと仲良く出来ていませんでした。
 スーパー人見知りでしたし、色んなことが上手くできてなかった。(それは今もですが、、、)
 でも、あれから15年くらい経って、みんな大人になって、色んな経験をして、それぞれの人生があって。。。

 不思議なほど、僕はみんなと話がしたかったんです。
 今年は特に、そう想ってたんです。
 そうして、ろくに話したことが無い人とすら、名前を知っているというだけで、「あの頃」の面影を見つける度、「〇〇くんだよね!?」「〇〇ちゃんだよね!?」とお話することが出来ました。

 最初はやっぱり気にしてたんだ。
 僕はホントに社交的じゃなかったから、今とあの頃は違うのに、あの頃を知っているみんなといるってだけで、あの頃の自分に戻ったような感覚があってさ。
 話しかけていいやら悪いやら、変に気にしちゃってた。

 でも、やっぱりそれは僕がそう想っていただけで。
 みんなはまったくそんなこと想っていなくって。

 みんなびっくりするくらい優しくって、いい顔してた。

 僕はずっと東京にいるから、自分の地元なんだけどアウェイの様な感覚があったりしたんだけど。

 でも、まったくそんなこと無かった。

 僕の居場所があるんだなぁって。

 僕はこの人たちと時を過ごしていたんだなぁって。

 しみじみと感じてしまいました。


 今回の同窓会では、ずっと話をしたかった人と話すことが出来ました。
 伝えたかったことを、伝えることができました。
 ほんとよかった。
 みんな、ありがとう。
 僕には地元がある。
 田舎がある。
 そして、この人たちがいる。

 勝手にそう想えました。
 なんだかすごく、安心しました。

 
 もうちょっと、僕はこっちでがんばらなきゃいけない。
 やりたいことがあるんだ。
 やらなきゃいけないことがあるんだ。

 でも、そっちでやりたいこともできました。
 
 とても嬉しいです。

 今年ももう一週間が過ぎたね。

 今のところ、出来過ぎなくらい、最高な2013年だ。

 このまま続いて行け、今日という未来よ。

 また、会いに行きます。

 ゆっくり話そうね。

 がんばろね。


 
[PR]
by pops-fabric | 2013-01-07 23:50 | 日常のこと

とうとう三十路になってしまいました。。。。
今年は体調管理をしっかりとして、規則正しい生活をしようと思います。
健康第一。


そんな僕の今年初作品でございます。

本日織り上がりました。


!!!!!!

ミレニアムさくひーん!(この表現合ってますか?!)



d0162966_18381250.jpg





d0162966_18381988.jpg






d0162966_18382751.jpg






d0162966_18383684.jpg






d0162966_1838447.jpg




相変わらず写真が下手ですが、今はこんな感じが気分です。
シンプルで使いやすい物が織りたくって。
そのシンプルな中でどう遊ぶか。

今年、これから、この感覚がどう変わっていくのか。

楽しみです。
[PR]

茨城県は「つくば市民活動センター」から、東京都民になってしまった僕がブログ更新させていただきまっす!

今年も色々と、色々とやりたいことは盛りだくさんなのですが、現在決まっている出店は2件のみ。



・1月20日(日)

 ハモニカ朝市

 7:00~10:00


・1月27日(日)

 オトノハ朝市

 10:00~12:00

でございます。



どちらも朝市なのですが、形態?形式?が全く違います。
まずはハモニカ朝市から。


吉祥寺の駅前にあるハモニカ横町で行われる朝市。
開催は毎月第三日曜日の7:00~10:00と、ほんとに朝!
様々なお店さんの通常営業が始まる前、シャッターの前にたくさんのお店が並びます。
朝市の朝ごはん定食や朝どれ野菜、吉祥寺にあるカフェの出張出店や手ぬぐい屋さん、Tシャツ屋さん、骨董屋さん、中には人生相談受付の方もいたりと、回ごとに色んなお店さんが出店されています。

今回は第20回目の朝市。
僕自身第一回目から一年間毎月出店させて頂いていたのですが、昨年は本業多忙のため少しお休みしておりました。
しかししかし、今年は仕事の流れもつかめてきたので再びちょくちょく出店させて頂きたいと思っての参加となります。

朝市なので単価も低めに、コースターやハンカチ(新作!)など小物メインにして、巻物も少しばかりもって行こうかと思っています。

朝のハモニカもまた夜の飲み屋街の雰囲気と違って楽しいです。
ぜひ、早起きして遊びに来ていただけたら嬉しいです。




そしてそして、オトノハ朝市

ハモニカ朝市でのご縁で一昨年から出店させて頂いているオトノハ朝市。
こちらは阿佐ヶ谷の中華料理屋さんが(今年から)毎月最終日曜日に開催されています。
中華料理と言っても、いわゆるイメージにある中華料理屋さんとは程遠く、一見「カフェ!?」と見間違うようなシンプルでおしゃれな内装。
一番初めに、このお店は「 間 」というのをとても大切にしているんだなぁ、という印象をもったことを覚えています。
そんなオトノハさんの朝市では、オトノハのオーナー様がちゃんと自信を持ってお勧めできるお店さんや作家さんに出店して頂いているとのこと。
オトノハさんのブログを読んだり、出店の度に色んなお話しを聞く度に、僕自身背筋を伸ばすことのできる、とても大切なお店(人達)です。
10:00~12:00までと短い時間ですが、毎回出店されるパウンドケーキ屋さんやパン屋さんは売り切れてしまうほどの人気だったりします。
こちらでも僕の出店は、コースターやハンカチ、鍋敷きなどの小物をメインにしつつ、織りの面白みを感じて頂けるような作品も少しお見せしようかと考えています。



寒い日が続いていますが、どちらの空間もとても温かい雰囲気になっていると思います。
ぜひ、遊びに来ていただけたら嬉しいです。


なお、ハモニカ朝市に関しては僕だけ9:00頃に撤収させていただく予定でございます。
どぞ、よろしくお願い致します。
[PR]
by pops-fabric | 2013-01-05 16:35 | お知らせ
はいたい!

今日は二日連続となる、僕の心に触れたもの、こと、ひと等を断りなく勝手に紹介する「色々紹介」のコーナーでございます。


今日はタイトルにもある、「嘉手納重広」という方の作品をご紹介したいと思います。

この方との出逢いは昨年12月の手創り市。
お友達のブースのお隣で出店されていたのですが、妙に気になるその造形、色合い、雰囲気。
手に取ったその瞬間、僕のテンションは針を振り切ってしまいました。

それがこの作品です。


d0162966_2333498.jpg




d0162966_23331262.jpg



なんだか分かるでしょうか。

はい。
木です。
嘉手納さんは木工の作家さんなんです。
しかししかし、木工と言えば、スプーンやフォーク、お皿、カップなどをつくる方が多い中、嘉手納さんはこんなものを創っています。(もちろん、お皿などもつくっていらっしゃいますが)

ストーブに付けているので雰囲気わかないですが、実物から出るエネルギー?はもうたまらんものがありました。
「なんじゃこりゃー!」
と、なりながら心は子供に戻って色々作品いじくらせて頂きました。
写真はマグネット式になっている作品。
他にも、容れ物(これがまたすごい)もあるのですが、この形と色使いもまた独特なんです。
ぜひ、実物を手にとってご覧いただきたいです。

これもまた、あんまり僕が言い過ぎると「イメージ」をつくり過ぎてしまうのでこのくらいにしておきますね。

まずは嘉手納さんのブログで出店情報などをチェックして、ぜひ、実物に会いに足を運んでみてください。


嘉手納重広ブログ 「物    と    事


ぜひぜひ。



っと、そろそろ次回は僕の活動のこともお伝えさせてさせて頂きますね。

ではではまた明日。
[PR]
by pops-fabric | 2013-01-04 23:51 | 色々紹介
新年明けまして3日も経てば、色々お店も営業されていくわけで、本日は行ってまいりました。


パラダイスバレー


僕の地元は茨城県つくば市にある、すんげー古着屋さんです。

何を隠そうここは僕の古着好きの原点であるお店。
兄に連れられて初めて行ったのは17年前。
そして、初めて古着を買ったのがこのパラダイスバレーなんです。
ピースマークの入った黒のTシャツ。
今でも持っています。
当時は「パラバレ行こうぜ!」と古着好きの友人とよく通ったものです。

あれからつくば市内で3~4店舗ほどに拡大。
そののち大型店舗ひとつに合体。
学生時代から地元に戻る度、必ず足を運んだ大好きなお店です。
アメカジを基本とした王道の品ぞろえに加え、ビンテージやたまに変わり物もあったりして、行けば必ず何か心に触れるアイテムがあるという、たまらんお店でした。

しかしそんなお店も4~5年前だったでしょうか。
いきなり閉店となり、新店舗の話もないまま、「つぶれちゃったのかなぁ」なんて寂しい思いでいました。

しかし先日、友人から人里離れた山間で営業再開しているとの話を聞き、とうとう行くことが出来ました。


そしたらなんとまぁ、すんごいお店でした。
お店までの道のりもすごければ、お店自体の雰囲気や、いわゆるスタイル、セレクトも最高でした。

「田舎で古着屋をやる」というひとつのスタイルをとても理想的な形で体現されている印象を受けました。
(もちろん、内情は全く知りませんが、、、、)
商品も、いわゆる流行とは無縁(のように感じる)の、古着(アメカジ)、古いもの好きにはたまらないセレクトなんです。
ほんとに、ほんとに、わざわざ行く価値があるお店だと思います。
現に?正月の3日だというのに、僕がお店に着いた後から後から来客が絶えませんでした。
服だけじゃなく、店舗什器になるようなものもたくさん扱っていたので、お店を始めようとしている方なんかにもお勧めできるのではないでしょうか。
お店にいる間、僕はずーっとニヤニヤしっぱなしでした。

そして今回もひとつ、戦利品をゲット。
40’s~50’s頃のバインダー。
一目見て、心奪われました。
市への出店や、展示会の時などに活躍してくれそうなコです。


もし、興味がある方いたら店舗HPで詳細確認ののち、行ってみてください。
きっと面白いと思います。



と、まぁ、こんな熱を入れてご紹介させて頂きましたが、僕個人の独断と偏見による内容でして、お店に紹介の許可を得ているわけでもなんでもありませんので、そこも踏まえて読んでいただけると幸いでございます。

今回もあえて写真は載せません。
実際にご自身で体験して頂ければと、思います。


では、今日はこの辺で。
[PR]
by pops-fabric | 2013-01-03 23:22 | 色々紹介