<   2012年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧



 久しぶりに小説を読み始めました。

 恋人から借りた「流星の絆」 東野圭吾。


 まるで、登場人物が僕の中で生きているかのよう。

 文章ってすげーや。

 読む手が止まらない。

 彼らの今後が気になってしょうがない。

 まるで恋のようなんだよ。


 
[PR]
by pops-fabric | 2012-06-28 23:29 | 日常のこと

 先日織り上げたリネンの仕立てをしました。

 初めての形を創る時はとっても頭を悩まされます。

 時間もかかります。

 だけど、そこを超えて布が衣服になる時、すべての時間が報われるような気がするんです。

 
 今週末の「仕立ての集い」にて、お披露目致します。

 楽しみにお待ちくださいね。


 まさかの2WAYだぜ!!!!!


  
[PR]
by pops-fabric | 2012-06-28 03:11 | 日常のこと

 綿でふんわりしっかり織りました。
 
 汗もこれでばんばんふきましょう。

 こんな柄が入っていても、巻いたらけっこうシンプルに使えるものです。



d0162966_23555215.jpg










d0162966_23561910.jpg










d0162966_0102493.jpg

[PR]

 自宅で織っていたリネンがようやく織り上がりました。
 
 洗いをかける前は折り目が付くほどパリッとしています。

 しかし洗うとこれがいい具合のシャリ感に変化するのです。

 そして洗えば洗うほど柔らかくなる。

 素材の特性。

 これがどんな服になるのか。

 僕自身、楽しみです。




 
d0162966_18195343.jpg








d0162966_1820632.jpg








d0162966_18201745.jpg

[PR]


 空が明るくなってきた。

 新聞配達のバイクがやってきた。

 ようやくまた、今日が昨日になり、今日がまた始まる。

 新しい今日が、始まる。

 こうして眠い目こすりながら、夜が明けるのを感じ、

 頭もだんだん働かなくなって

 針と糸を持つ手だけが動き

 布は形を変え

 衣服となる。

 そこにはいつも

 初めての世界。

 多様な物が多様なままである世界。



 ぜひ、実物を手にとってみてください。

 もし、よければ、着てみてください。

 身に着けてみてください。

 人と共に在ることで、衣服は服としての生を得ます。

 そうして、何かを感じてもらえたら

 それがきっと

 僕が僕であることの

 意味になるんです。

 

 西武渋谷店 A館 7F

 6月26日(火)~7月2日(月)

 各地のさをり織り作家さんたちとの合同展示会に参加します。

 急なお知らせですが、宜しくお願い致します。














 
d0162966_4564892.jpg








d0162966_457761.jpg








d0162966_4573294.jpg







d0162966_4574866.jpg








 










  
[PR]
by pops-fabric | 2012-06-25 05:00

 
 基本的に小物はオーダーを頂いてからの制作がほとんどになるのですが、今回は以前も制作したリボンを再度つくりました。

 蝶ネクタイとして使うとのこと。

 以前作ったものよりもっとカチッとさせて、よりフォーマルにできたのではないでしょうか。

 されども素材はさをり織り。

 手織り独特の柔らかさもあります。

 洗練された紳士のイメージがある蝶ネクタイを優しく、かわいらしさもある印象で創れたのではないかと思います。








d0162966_21553420.jpg




 
[PR]

 想いを込めれば込めるほど

 愛せば愛するほど

 その対象は輝きを増し

 より魅力的になる

 

 おとぎ話のような想いは

 近未来空想架空現実で

 いつの日か何かで証明される日が来て

 ようやく認められるのかもしれないけど

 確かに「存在」するんだし

 「存在した」という事実はなんにも変わらない

 変わりゆく世界


 願わくば

 「想いをこめる」や「愛する」なんて言葉すら超えて

 ただ、そこに在る。

 そんなところに、僕は行きたい。






 yagateの大住さんに注文していたベルトのバックルが出来上がりました。

 彼の創作はいつも、僕の想像を簡単に飛び越える。





d0162966_31197.jpg

[PR]


 あれは去る一月の鬼子母神手創り市。
 寒空の中、いつも通りたっくさんのお客さんが会場に溢れていました。(と思う。)
 そんななか、ちらりと眼の合った男性。
 というか、二つ隣くらいのブースで出店していた方でした。
 そう、消しゴムハンコ作家のお兄さんでした。
 (現在では消しゴム「版画」作家と銘打っておられます。なるほど、その通り。)
 
 そう、ハンコというより版画の方がしっくりするその作品。
 その精密、緻密さ。
 「ほぇ~」といいながら見入っていたら、その作者の兄さんが一言。

 「お兄さんの顔、彫ってもいいですか?」


 話しを聞くと、彫りたい顔があるとのこと。
 そして、その感覚に僕がビビっと着た模様。
 
 そして先日、久しぶりに兄さんのブログを覗いたら、、、、できてるやんけー!
 
 それがこちら。










d0162966_7392865.jpg














 まだよく分かりませんね。

 ではこちら。










d0162966_7393632.jpg





 とりあえず、紙にぺたぺた押してみんなに見せてたら、「タグにしちゃえばー?!」なんて言われて、とりあえず、過去の作品にぺたぺた押してみました。
 なんか不思議な感じですが、おもしろい。
 
 兄さんのブログではちゃんと、彫り面、持ち手面なども見られます。
 過去の作品も色々見ることができます。
 ぜひ、見てみてください。


 「顔式」



 5月20日の記事に僕ちんが載っています。


 

 僕がしている織り物は「感性の織り」である「さをり織り」です。

 しかししかし、技術に対する尊敬の念は無くなりません。
 
 
 何がいいか、悪いか、そんな話ではなく、そこに存在するものをちゃんと認めたい。
 形の無い「こと」にも理解を示したい。

 「理解」できずともまず、「認めること」から。


  話が逸れました。


 「顔式」兄さんのチェック、ぜひ、楽しんでくださいね。
[PR]
by pops-fabric | 2012-06-20 08:15 | お知らせ
 
 朝、目が覚めて、麦茶飲んで、リネンの10羽3時間くらい織って、ミシン糸買いにユザワヤ行って、仕立てはじめて、ワンピース読んで、ってな休日。
 いつにもまして集中力が高まっていて、ご飯も食べずに作業が進みました。
 なんか、おなか減っても食べたいって思わない。
 口より手を動かしていたい感じ。

 夜も19:30回って、とりあえず今日はここまで。
 買い出しを兼ねて街中をふらふら。
 ブックオフで久しぶりに本を買う。
 一般書を買うのは久しぶりな気がする。
 その二冊を片手にガチャガチャへ。
 ひとりで行くのもまた久しぶり。
 
 朝の麦茶以来の食物摂取。
 空きっぱらに生ビール。
 うまい。
 かるく一口飲んだ後、唾液が出る出る。
 しかも甘い。
 あまーい唾液が出てくるんです。
 不思議。
 それもいっぱい。
 なんででしょうね。
 とっても不思議。
 
 その後焼酎と馬刺し、串焼き3本をいただき帰宅。
 自宅では伝家の宝刀、明太子パスタをつくる。
 ウマい。
 我ながら、テンション上がる。
 でも明日は仕事なので落ち着かないとマズイ。
 
 食べ終わったら、母が育てたソラマメを山ほど茹でる。
 近所の居酒屋にもおすそ分け。
 とても立派なソラマメだとみんな褒めてくれる。
 とてもうれしい。
 
 
 そんな休日でした。
[PR]
by pops-fabric | 2012-06-11 22:49 | 日常のこと
d0162966_125219.jpg




 ぜひ、実物を手にとって、身に着けて、感じて頂きたいです。
[PR]