<   2012年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧


 「お金は贅沢できないけど、人間関係だけは贅沢しよう。」


 自分で食べるものは自分でつくり、つくれないもの(卵、肉など)はつくった野菜と交換してもらいに、近所の友人の養鶏所などに、持って行くのだそう。

 そんな日々から生まれた言葉。
[PR]
by pops-fabric | 2012-04-12 00:32 | 色々紹介

d0162966_417737.jpg












d0162966_4171471.jpg














 なんだか分からないけど、つくらなきゃって思って、形にしなきゃって思ってつくりました。
 眠いし、鼻はつまるし、お腹は減るし、だけど、この達成感は何物にも代えがたい。

 今日も生きた。
[PR]

 「簡素が贅沢に引け目を感じることなく、その簡素の中にある知性や感性に誇りを持てる世界。
 そんな価値観が広がれば、少しの物事で豊かに暮らすことができる。」


 こんなような言葉が真っ白な壁に書かれていました。
 (うる覚えの記憶なので、文面は必ずしも一緒ではありませんが、、、、。)


 友人のブログで紹介されており、かなりの興味をそそられ僕も行ってきました。

 僕なんかのつたない表現より、彼の紹介分の方がよっぽど素晴らしいので皆さまぜひこちらをご覧になってみてください。4月5日の記事です。


 いいものとは何か、伝えるということはどういうことか。どう伝えたらいいのか。
 感じる以上に考えさせられ、また、ひとつの答えを見せて頂いたような気がしました。
 
 みなさんもぜひ足を運んでみては如何でしょうか。
[PR]
by pops-fabric | 2012-04-11 01:10 | 色々紹介
d0162966_0535793.jpg



 ブランドさんから発注頂いた生地が織り上がったので、明日納品に行ってきます。

 ループの糸でふんわり織った生地を5M。

 これを靴の一部として使うそうです。

 はたして出来上がりはどんなものになるのか。

 いまから楽しみですね。

 もうひと型、別タイプの生地も受注済み。

 張り切っていきましょう。
[PR]
d0162966_18322491.jpg
d0162966_18323215.jpg



 行ってきました。
 DMがあまりにも僕の心をとらえて離さなかったため、ふらりふらりと国分寺まで。
 駅から徒歩五分ほどの場所なのに、まるでその利便性を感じさせないほどぽっかりと空気感の違う平屋が会場でした。
 大きな看板もなく、画像の通り、表札にDMがぽつんと張ってあるのみ。
 それにもかかわらず、僕が滞在している30分ほどの間にもたくさんお客さんがいらしてました。
 メインはヌメ革の靴たち。
 色つきの子もちらほら。
 金属のピンや手提げバックなどもありました。
 単価はもちろんそれなりで、靴では大体3万円くらい。
 ピンでも8千円ほど。
 しかししかし、しっかりみなさまお嫁入りが決まった子たちばかりでした。
 すごい。
 僕の滞在中の来客で「栃木から来たんですー。」という方もおりました。
 人気の作家さんなのでしょうね。
 うーん。
 すごい。

 っていやいや、何が僕の心を打ったかと言うと、作品の良さももちろんですが、空間の素晴らしさなんです。
 普段は自宅として使用しており、作業場は別にあるそう。
 なに!?
 こんな空間で暮らしているの?
 ってくらいおしゃれでかっこいいのです。
 それも、まったく気取っていなくて。
 でも、非日常な空間。
 でも、そこで日常を暮らす人がいる。
 うーん。
 すごい。

 外観は古ぼけたただの平屋。
 でも、雰囲気はしっかりあって。
 昔ながらのちょっと大きめな玄関。
 何十年もの日常を経たであろう板張りの床。
 白い壁。
 白いペンキで塗られた昭和のにおいのする扇風機。
 
 作家さんのお子さん(赤ちゃん)をあやすおばあちゃんもいらっしゃいました。
 とても、とても、気持ちの良い、落ち着く空間。
 ステキすぎて軽く嫉妬している自分がいました。
  

 会期は明日までですが、お時間余裕のある方はぜひ足を運んでみてください。
 僕は、行って良かったと思いました。
 僕の今後の暮らし、活動に大きな影響を与えるであろう展示会と言える気がします。
 うん。
 次の展示もまた行きたい。

 



 
d0162966_195610.jpg















d0162966_1951836.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2012-04-07 19:07 | 色々紹介


 機械織りと手織りの違いはどこにあるのか。

 うーん。

 ヒトがキカイを操って、キカイがシャトルを飛ばして織っていても、そこにキカイを扱うヒトの感覚や想いが込められていたら、そこに違いは無くなったりするのかなー。
 その感覚や込めた想いをキカイ織りでどう表現して、どう伝えるのか今の僕には想像つきませぬが。
 
 今日、とあるお店で、大量生産では無いキカイ織りのショールを見て思いました。
 できるだけゆるく、ゆっくりと織った、世にも自由なショールだそうな。
 

 世の中にはほんとにいろーんなモノがあります。
 いろーんな価値観があります。

 
 今日はバイト先に新人さんが入りました。
 彼はスケボーをしています。
 10年以上続けていて、いまではスポンサーもついているそうです。
 そんな彼が言っていました。

 「スケボーはスポーツっていうより音楽に近いものだと思うんですよね。」

 また、はじめての価値観と出逢いました。

 お互い頑張ろうね。
[PR]
by pops-fabric | 2012-04-05 01:54 | 日常のこと
d0162966_0203869.jpg











d0162966_021192.jpg







 仕立ての集いも無事に終わり、ようやく作品アップでございます。
 今度はもっとやわらかい薄手の布でワンピースつくろうかな。
 この形で裾を長くしてワンピつくったら絶対かわいいと思うんだよな~
 
 最近の仕立て熱は半端ない!
 色々やってみよ。
[PR]

 

 心が震えるほどの日常を。



 理由なんて探しても見つからない。


 
 僕だけには必要ない。



 感情溢れる毎日を。
[PR]

 さてはて、明日は月に一度の「仕立ての集い」です。

 今回はまだ肌寒い春先用に、とウールのベストを作りました。
 前回のJKTの際に希望があったので、今回は制作途中の画像をお見せしたいと思います。
 といっても、さをりの仕立てはとっても簡単ですし、ベストなんていったら特に縫う個所も少ない。
 大してアップする画像も無いのですが、見てみてくださいね。









d0162966_2332073.jpg


                           まず、布を裁ちます。












d0162966_2332967.jpg


                           両サイドの布と縫い合わせます。
                        まん中の部分から首を出すようになります。












d0162966_2334094.jpg

 
                           おっ、こんなところに面白い布があったぞ。





 さぁ、続きは明日の仕立ての集いで見てみてくださーい!
[PR]