<   2011年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

d0162966_11312984.jpg


 昨日、取引先に納品を済ませてきました。
 ストール17本。
 全てが自分でも納得のいく出来でありました。
 先方も気に入ってくださり、「引き続き宜しくお願いします」と言っていただけました。

 次回コレクションの打ち合わせも順調に進んでおります。
 早めに詰めて形にしていきたいです。
 


 前回のコレクションでは納品する生地の量に上限を設けさせて頂いていました。
 それはなにより、さをり織りの性質による理由からでした。 
 一般の工業製品や作家ものの作品は創り始める前に、到着地点を決めてから制作に入ることがほとんどだと思います。
 「この柄をこの色で端から何cmの何mの場所に入れて・・・」
 こんな風に創る全てを先に決めてからやれば、あとはそれをどれだけ正確に再現するかの作業なので、回数を重ねるごとに精度が上がるでしょうし、制作スピードも上がっていきます。
 しかし、さをり織りはそれをしません。
 今回のストールでの決まりごとは、以下の三点。

 ・素材はウール
 ・経糸は黒
 ・緯糸にはストレッチ糸も使う

 これだけです。
 あとの色合いなどは任せていただいてました。
 既製品である「商品」をつくる立場にあるブランドでは、流通に乗せるためにやはりある程度の制限はでてきます。しかし、たったこれだけの制限にしていただけたのは、さをりにとってとても良かったと思っています。
 もちろん、僕自身の作品であると同時に取引先の「商品」であるという事実は変わらないので、制限内ではあってもそれぞれの印象が変わるようなことはできません。
 でも、これって、織りを重ねていくと同じようにしようと思わなくても自然と同じ自分のテイストになってきてしまうんです。
 だから、ただただ無心に織るだけ。
 変えようという「作為」を持ちこまなければ印象は変わらない。
 あとは、自分の感情と相談して織る。

 そうして織っていくと、どうしても僕の場合時間がかかってしまいます。
 なので上限を設けました。
 
 そのため、話を聞くと取引先の納品先(セレクトショップなど)からの希望受注数に答えられず、納品数を減らしてもらったことも何件かあるそうです。

 そうして色々な話をしたり、自分自身の状況も相まって、思いました。

 求めてくれる人がいるのなら、出来る限りそれに答えよう。
 
 僕に出来ることを出来る限り、しっかりとやる。

 そうゆうことだな、と。


 がんばります。
[PR]

 本日は久方ぶりの一人勤務。
 そんなに忙しくもなく、暇でもなく、気持ちの良い方たちと楽しい一日が過ごせました。

 工房では織りに来ている方の名前を紹介したりするのですが、これがなかなかどうして僕はうまくできません。
 人前で話をするのが緊張するんですね。
 名前を紹介するだけなのに、勝手に一人で色々考えてハードル上げちゃったりするんですね。
 それでも、やっぱり紹介したいんですね。
 だからなんとかやるんですけど、この緊張を隠すために必死なわけですよ。
 もう、胸の真ん中ドキンちゃん。
 知ってるはずのメンバーさんの名前も一瞬飛んじゃったりなんかして。

 でもでも、なんとか紹介するとそこで皆さんの間で会話が始まったりするんです。
 もうね、ほんとみんないい人ばっかなんです。
 だからね、変に紹介のタイミングなんかはかりだしちゃって、結局出来なかった日になんてもう、一人で落ち込んだりするんです。
 アホですな。(笑)
 
 こんな僕でも楽しくお仕事させていただけるのは、ほんとみなさんのおかげ。
 おかげさまです。
 ありがとうございます。

 それで、日々、色々な方とお話させていただくのですが、今日はまたしみじみと思いました。


 女の子にはかなわないなぁ。

 って。


 工房には女の子と言ったら失礼にあたるような年代の方もたくさんいらっしゃるのですが、うん、。
 女性ってやっぱりすてきだな、と。
 男は基本やりっぱなし。
 出しっぱなし。
 女性はなんてゆーんですかね。
 受け入れる幅が広いと言いますか、受け止める包容力と言いますか。

 こんな時はいつも思い出す、この言葉。
 昔の職場の同僚が教えてくれました。

 

 「女はどんなに頑張っても、男に力ではかなわないでしょ。だから心が強いのよ。」
[PR]
by pops-fabric | 2011-06-13 01:15 | 日常のこと

 たいして何も詳しくありませんが、先日のAKB総選挙をユーチューブで見てみました。
 いやはや、この方たちが現在の日本経済に多大な影響を与えている方たちなのですね。
 これぞAKB48劇場。
 
 なのか?

 海外にも中継されていたそうですね。
 ゴイスー。

 なんでも一位になった方は今回のカチューシャを一番まん中で歌うことができるそうな。
 皆さんの熱気にやられて、僕の頭の中は入賞者?のコメントやらあっちゃんと大島さんのハグの映像やらがヘビーローテーション。
 個人的には指原さんのコメントがツボでした。




 そんな中、本日ようやく納品分のストールが織り上がり、先ほど最後の縮絨を済ませ、ただいま乾燥中。
 納品前に全部並べて再び記念撮影します。
 楽しみです。
 そして明日は工房一人勤務。
 夜更かししてる場合じゃないですね。
 早いとこ寝ます。
 おやすみなさい。


 
[PR]
by pops-fabric | 2011-06-12 02:42 | 日常のこと
 
 ふと何気なく見たTシャツの皺が人の顔に見えたりすることがあるのは
 きっと僕だけじゃないはず。
 

 懐中電灯を持たないと暗くて危ないような夜道を歩くと
 どうしても人間以外の「何か」の存在を感じてしまうのだって
 きっと僕だけじゃないはず。


 田舎の夜は五感が研ぎ澄まされる。

 
 時に、第六感の様なものまで働くのかもしれない。


 家庭を持ち、子供を育てるならば、やっぱり夜がちゃんと暗くなるところがいいなぁ



 なんてぼんやり考えたりする。


 
 目に見えるものだけじゃなく
 目に見えない
 形のないものの存在を認めよう
 そうすれば
 もっと色んな愛に気付けるはず
[PR]
by pops-fabric | 2011-06-11 01:17

 どーでもいいことなのですが、一週間伸ばした髭を剃りました。
 髭を伸ばすこと自体久しぶりだったのですが、なんか、髭、いらないなって思って。
 23歳のころは5cm以上伸ばしたこともあるのですが、年齢も変われば感性も変わる。
 また坊主にした時にでも伸ばそうかしらって具合ですね。




 さてはて、色んな所でイベントが発生していますが、個人的なことを先にお知らせしちゃおうかと思います。

 12月に個展をすることにしました。


 なぜこのタイミングで発表かって?
 ふと、今だと想ったからです。
 

 期間 12月9日(金)~12月12日(月)
 
 場所 東高円寺 「yagate


 僕の感覚に触れる人と空間と作品があるこのお店で、初めての展示会をさせていただけることに感謝。

 詳しいことが決まったらまた随時お知らせしていきますね。
[PR]
by pops-fabric | 2011-06-10 01:51 | お知らせ
   ヘアバンドの元

d0162966_1131266.jpg


   完成

d0162966_11321046.jpg





 髪を伸ばしている都合上ヘアバンドをよくします。
 そうすると色んな方から欲しいと声がかかります。
 そんなこんなで合間をぬってはつくっています。

 
 
[PR]
d0162966_1572336.jpg


d0162966_157376.jpg


 一ヶ月位前に織り上げた作品。

 今見ても、バランスを意識しすぎてなんだかつまらなくなってしまった気がしてます。


 どこかに不協和音があった方がいい。
 
 どうしてもクラスに馴染めない奴がどこにでも一人はいるように。

 それでもクラスはひとつのクラスとして存在するように。
 
 多様なものが多様なままで。


 
[PR]
 
 昨日のことですが、納品先のブランドのデザイナーが工房に遊びに来てくれました。
 そして会う度に、僕の織った生地を使った商品が好評だと言ってくれます。
 今回は、某有名女子ボーカルユニットのメンバーがセットアップで買ってくれたと教えてくれました。
 誰が買ってくれても等しく嬉しいことには変わりはないのですが、直接の面識はなくとも着てくれている画を想像できるという点では特に嬉しいお知らせでした。
 デザインをしないさをり織りがデザインの力を借りて世に出る。
 今まで「さをり織り」という言葉すら知らなかった人と出逢えることの喜び。
 僕だけじゃ感じられない気持ち。
 ありがたい限りです。
 

 そして一昨日は帽子をつくっている友人の展示会へ。
 元来帽子好きの僕はあれも欲しいこれも欲しいと、久方ぶりの物欲を抑えるために少しだけ必死でした。
 今年の夏は僕も帽子をつくろう。
[PR]
by pops-fabric | 2011-06-05 01:56 | 日常のこと

d0162966_1612547.jpg


 今も飴で生きている友人がいます。

 色んなしがらみやらなんやらを受け止めつつ、それでも飴に携わっている彼を見ると

 少しだけうらやましい気持ちが芽生えます。

 それはきっと、あの時の決断を後悔しているわけじゃなく

 先の見えない未来がちょっと不安なだけ。

 そんな弱気な心が過去を美化し「たら、れば」の考えを呼び起こす。

 今を精一杯生きることでしか

 未来は広がらないはずなのに。

 自分で選んだ未来は

 必ず自分のものであるはずなのに。




 
 こんな気持ちの中でも織る手は止まらず、僕が織りだすものは相変わらず「僕」だ。

 池袋の西武7F。
 さをり服の展示も見てきました。
 
 織ること、創ること、売ること。
 色々勉強になりました。
 自分なりの答えを研ぎ澄ます必要がありますね。



 
[PR]
by pops-fabric | 2011-06-01 16:12 | 日常のこと

 ここ最近の天気が嘘のように肌寒い夜ですね。
 下北に自転車で行ったのですが、手がかぢかんでうまくメールが打てなかったりしました。



 生きていくこと、仕事をすること、人と関わること、自分自身のこと。

 久しぶりに会った人生の先輩は、相変わらず人間臭いひとでした。

 良い見本が身近にいる僕は幸せ者だ。
[PR]
by pops-fabric | 2011-06-01 02:17