<   2010年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

d0162966_2142954.jpg



 こういったアクのある布をマフラーとして巻いてみると、ポコポコした部分が意外とかわいく、シンプルな洋服のナイスなアクセントになる。

 冬本番まではこいつを首に巻いて寒さをしのぐ予定です。
[PR]
by pops-fabric | 2010-09-30 02:19
d0162966_134916.jpg



 
[PR]
by pops-fabric | 2010-09-27 13:06

 とある部品が曲がってしまい動かなくなっていた僕のミシン。

 ミシンって精密機械だからやめておいたけど、修理代の高さに目がくらみやってしまいました。

 自分で修理。

 ねじをはずして分解して。

 曲がったところを元に曲げ直す。

 見事ミシンは復活しました。

 よほどのことがない限り、やってやれないことはない。

 こんなことだけで、僕の一日は輝きを増すんです。

 手を動かして、身体を使って生きていくのです。


 
[PR]
by pops-fabric | 2010-09-26 00:49
 


  カズスズキさんの展示を見るために栃木県立美術館へ行ってきました。

 

  自転車で。


  
  8,5時間かかりました。



  「イノセンス~命に向き合うアート~」
 
  と、題された展示はとてもとても重たいものでした。
  生きることと表現をすることが直結しているかのような作品たち。
  僕にはまだまだ背負いきれなくって、エネルギーが足りひんかったです。

  受け止めて、抱きしめて、愛する。
  その全てを肯定する。


  そんなこと
 
 
  軽々しく口にしてはいけないと思った。


  たとえ理想論だとしても、きちんとした覚悟が必要だと思った。
  

   


  「さをりがあるから生きられる。」


  

  そう言ってさをり織りに取り組んでいる人がいる。
  そんな人たちが、僕の知らないところにもっともっといるのだろう。
  

  笑われてもいい

  うまく伝えられなくてもいい

  ただただ、誠実でいることだけは忘れずにいようと思いました。


 
[PR]
by pops-fabric | 2010-09-23 03:52


 8/22にアップした服のお渡しが無事完了しました。
 彼はもう、それはそれは子供のように喜んでくれて、「想像以上の出来だ!」とまで言ってくれました。
 夢に見た光景が、現実のものになりました。

 彼と初めて夜通し飲んで、話して、そのイメージのまま一気に織りあげて、ひーこらひーこら言いながら仕立てたそれは、彼にとてもよく似合っていました。
 もともと彼のワードローブだったんじゃないかという位、似合っていました。
 嬉し恥ずかし27歳。
 さをりに出会えたことに感謝してやみません。
  
[PR]
by pops-fabric | 2010-09-18 08:43 | 日常のこと
d0162966_0315659.jpg


やっぱりなんだかどろどろしたものになりました。
[PR]
by pops-fabric | 2010-09-17 00:33

  あたまが痛いということは

  


  身体が「休め」と言っているのだ




  そんな時にする織りは




  どんな表情(カオ)になるのだろう




  





  これからしょうが湯飲みながら30分だけ織ってすぐ寝ます。
  新たな試み。
  


  こんなことやれてるうちはまだまだ元気ですね。

  
  早いとこ元に戻さなくっちゃ。
[PR]
by pops-fabric | 2010-09-16 00:28
d0162966_1181349.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2010-09-15 01:19

 先日織りあげたストールを四月に見せに行ったら、そのまま納品になってしまいました。(笑)
 
 とめどなく粗く織ったストール。
 フワッフワのストール。

 またもや写真撮っていません。

 気になる方はぜひ四月へ!!!
 
 かわいい秋冬物も入っていました。

 じょじょに秋の足音が聞こえてきましたね。


 織り物の季節到来。

 みなさん、宜しくお願いします!!!
[PR]
by pops-fabric | 2010-09-11 00:49
d0162966_648398.jpg



 日光でキャンプをしてきました。
 友達の幼馴染の父親が自分で造ったコテージは、とても手造りとは思えないほどしっかりとしていて色んなもの、ことに感動しっ切りでした。
 丸太を山から切り出してくるところからはじめて、建築の知識なぞまったくない人間が手探りで何年もかけて造ったんですって。
 やってできないことはないんだなぁと思わされました。
 

 総勢13名はほとんどが初対面の旅でしたが、たくさんの自然とおいしい料理と酒のパワーにより、あっというまに打ち解けられました。
 現地に着いたらまずはビールで乾杯。
 一休みしたら近くの川でじゃぶじゃぶダイブ。
 川の水もそのままごくごく飲める位美味しい。
 冷えた身体をたき火で温めつつ談笑。
 あるものはギターを弾き、あるものは昼寝をし、あるものは山を徘徊、あるものは常に呑み続ける。。。。。
 クーラーなんてもちろんいらなくて、流れ出る汗もサラサラしていてとっても気持ちよかったです。
 夜は待ちに待ったバーベキュー。
 ローストポークにダッチオーブンで作った野菜蒸し。
 イタ飯屋で働く仲間もパスタ作ってくれたりカクテル作ってくれたりと大活躍。
 よく笑い、よく食べました。
 そして腹ごなしに花火大会。
 庭で子供のようにはしゃぎまくりました。
 酔っ払いながら見た光景は、ドラマや映画なんかで観るそれと良く似ていてさ
 僕は、自分の人生にこんなことがあるなんて思ってもいなくて
 感動して泣いてしまいました。
 そんでみんなとハグしました。


 その後もいきなり流れたBGMに合わせてみんなでマイムマイム踊ったり、とめどめく呑み続けたりと宴はいつまでも続きました。

 



 どこまでもこころがオープンになったこの二日間。
 生きていくことがより楽しみになりました。
 
 こんなステキな旅を企画してくれてありがとう。
 色々準備してくれてありがとう。
 山小屋造ってくれてありがとう。
 運転してくれてありがとう。
 出逢ってくれてありがとう。

 色んなものごとにありがとうを言いたい。

 いーや、ありがとうと言おう。

 うん。

 そうだそうだ。

 
 みんな、ありがとう。



  
[PR]
by pops-fabric | 2010-09-08 07:22