カテゴリ:日常のこと( 258 )

日中でも涼しい風が吹いてくると
あー、もうすぐ夏も終わりなんだなぁ
なんて感じます
収穫できる野菜も変わってきて
それこそ種の違い?土壌の違い?などを感じたりしています
「うちの畑は痩せているからおじいちゃんおばあちゃんが苦労したんだよ〜」
と、笑いながら毎日畑に庭にと世話を焼く母の逞しさ

先日、織っているところにふらりとやってきて
「綺麗な色だね〜。どこからこんな色が出てくるんだろうね〜。」
なんて言ってくれました
「みさおさん(母)の息子さんから出てくるんだよね〜。」
なんておどけて見せましたけど内心とても嬉しかった
子供はいつまでたっても親に褒められるとやる気がみなぎるものなんですね

野菜は固定種、在来種の種は育つスピードも違い、育つ実の形状も一定ではなく様々と言われます
でもその分、長い期間に少しずつ収穫できるから家庭菜園には向いているとも言われます
産業にはならないかもしれません
お金持ちにはきっとなれません
でも、できる限りのことを自分で賄いたい
手の届く範囲のことを大切にしたい
自分のペースを理解しながら
人と共に歩きたい
それぞれのスピードを保ちながら
与え合うことをしていきたい
できる限りを増やしながら
どんどん進んでいきたい

秋から冬にかけての予定をブログページ右側にアップしました
展示会名が(仮)のものもありますが日程は確定しています
鎌倉での二人展やヨーロッパ古着のセレクトショップさんとの合同展
地元つくばでのクラフトマーケットへの出店なんてのもあります
もうひとつ、進行中の予定がありますが確定次第追記していきます
あっという間に夏も終盤(ですよね?)
やりたかったことをひとつずつ
やれなかったことをひとつずつ
語りたい思い出を
物語の日々を進みましょう


d0162966_00475828.jpg

野菜の力強さ




d0162966_00481266.jpg

アイコトマトはどんどん採れます
八丈オクラもうまし
小玉スイカは熟れすぎちゃった



d0162966_00481923.jpg

慌てて畑のスイカをどどんと収穫
大玉スイカ、はやく割りたい


d0162966_00482449.jpg

グリーングラーデーション
綺麗ですね




d0162966_00474713.jpg

ドライトマト
香りと旨味が増していく

d0162966_00480578.jpg
つくばに戻る時、仲間からたくさん種を譲り受けました
秋蒔きの種は気になるものを調べて新たにゲット
作ってみたくて食べてみたい野菜がいっぱい




[PR]
by pops-fabric | 2016-08-13 06:00 | 日常のこと

つくばへ引っ越しして二日目
自転車でのどかな農道を走りながら
聞きなれない声が聞こえてきました
でも、周りは田んぼだけ
ふと右に目をやれば背の高い草むら
少しキーの高い
誰かを呼ぶような声
5mくらい通りすぎて
でもやっぱり気になって
自転車を止めて鳴き声の方に

雲ひとつない晴天
真昼の13時過ぎ
草むらから現れたのは
手のひらに乗るくらいのちいさなちいさな命でした

明らかにその場にあるはずのない命
絵になる程愛くるしいその存在
でも、あまりに不自然な時と場
頭の中にはたくさんの可能性が廻りました

でも、どう考えてもひとつの答えにしか辿り着けませんでした

これから僕はたくさんの場へ進みます
行けるところへはどこへでも行きたい
会いたい人には自ら会いに行きたい
タイミングなんて待ってられるか
タイミングは自分で作るんだぜ

そんな風に思いながら
つくばの時間じゃない
自分の時間で生きるんだぜ

なんて思いながら

「つよしくん、ひつじ飼って紡ぎからやったらいいよ〜」
なんて声には、生き物はまだ飼えないですよーなんて言ってた自分を思い出しながら

それでも、このタイミングで出会ってしまった事実
こんな絶対はないのではないか
これも何かの巡り合わせではなかろうか

命を預かるということの重さ
暮らしの中に新たな絶対の存在を増やす意味
僕一人だけではない日常で
どんなことが、どんな感情が芽生えるであろうか

でもきっと、そういうことなのだろうな、と思いました

目の前の小さな命の存在に、共に生きるという選択肢以外ありませんでした

これから最低でも10年はお付き合いするんだろうな
母はなんていうかな(猫嫌い)
展示会の時、どうしたらいいかな
出張の時なんてどうしよう
爪たてないでっ
アトリエには入れないようにしないとだよね
etc

いろいろなことを考えながら
Tシャツの裾をぐいっとまくって抱きかかえ
どうにかこうにか連れて帰り
母に事の経緯を説明し
無事、家族として迎え入れる事ができました

そうして僕は、初めての名付け親となりました

まだ、名前を読んでも反応はないのだけれど
それでも、母がその名を呼んでいる事実が
なんともこそばゆく、でも嬉しかったり
いろいろな事が気になってしまったり

とても豊かな感情をもらっています

畑もそう
子猫もそう

命とはなんとも人の心を実らせてくれるものだなあ

こんな実感がありがたい


青い瞳が印象的なこの子のことを「アオ」と呼んでいます

これからどんな事が待っているのか
ワクワクしながら進もうと思います。



d0162966_19411729.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2016-05-27 06:57 | 日常のこと
朝起きて

あの頃見ていた当たり前の朝日に感動してみたり

時に少しまだ肌寒い空気の中を

畑の様子を見に行ったり

母と散歩に行ったり

新しい家族と遊んでみたり

すべて普通のことなはずなのに、なんでこんなにも満ち足りた感覚になるのでしょうか
朝日はこんなにも複雑な色をしていたのかと
畑にはこんなにも生き物がいたのかと
母はこんなにも地域と繋がっていたのかと
子猫とはこんなにも愛くるしい存在だったのかと

母との散歩が終わったら、畑にいって朝食用の野菜を収穫します
今朝は春菊、ほうれん草、ルッコラ、サラダ菜、水菜、イチゴ、、、、
摘んではその場で食べてみたり
この春菊生でもいけるね、なんて
こんな贅沢なことってありませんよね

完全につくばに居を移してからまだ3日目

ようやくダンボールの山もなくなって
ようやく機にも手が伸ばせそうです

織る時間よりまずは整えることを優先していますが、それでもこの充実感は今後どうなっていくのか計り知ることができません

29日(日)のオトノハ朝市でも色々とご報告させてくださいね
朝市の内容のことは改めてお知らせいたします

皆さんとの楽しみが近づいてきました
つくばから向かう初めてのオトノハ朝市
どうなることやら
お楽しみに!

d0162966_2151463.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2016-05-23 21:33 | 日常のこと

5:20      起床

5:50〜  畑にて収穫

6:20〜  棚を塗る

7:10〜  母と散歩 

8:00〜  朝食

8:45〜  片付け

9:30〜  種まきなど作業

11:30〜自転車で買い出しや事務手続きに回る

13:30〜草むらで猫を拾う

14:00〜母にびっくりされる

14:30〜ひとまず餌やトイレ砂などを買いに走る

15:00〜猫先輩の友人にTel  猫相談

17:00〜動物病院へ相談に行く 健康体でひとまず安心

18:30〜帰宅

19:00〜トイレを作り始める

19:10〜晩御飯いただきます 母と猫会議 にゃー

20:00〜新アトリエを整え始める

22:00〜猫の部屋、決定 戯れる

23:30〜事務仕事開始

(もちろん時間はざっくりです)

自分ことすらままならないのに、まさか猫と暮らすなんて思いもしなかった展開が待っていました
詳しくはお会いできた時に色々聞いてやってください

さぁ、エンジン全開です

29日(日)はオトノハ朝市(阿佐ヶ谷)に出店いたします

10:00〜12:00の2時間ですよ

どうぞよろしくお願いいたします
[PR]
by pops-fabric | 2016-05-22 06:30 | 日常のこと

 2016年
 今年は多くの大きな山を登ることになると思います
 そこでふと身近な山を登りたくなって元日
 筑波山に行きました
 
 自宅から全行程を徒歩で挑戦
 往復約8時間、良い経験でした
 案の定、途中で筋が伸びたりしましたが
 やればできると踏ん張ってみればなんとかなるもので
 体力的なことに関してはまさしくその要素が大きな比重を占めると再認識
 (それは僕が中高と野球をしていたことにもよると思います)
 電話一本で助けの車は来てくれますが、ここは雪山でもなければ見知らぬ土地でも無し
 やっぱり踏ん張ってみてよかったです
 
 下山の途中では言葉を失う光景に出会えました
 
 地平線に沈む太陽
 そこから青白くそびえる富士山は雄大
 飛行機雲がいいアクセントで
 夕暮れのバトンタッチは
 僕の心情までも変えてくれました

 思いやりや愛や慈しみ
 楽しい嬉しい大好き、気持ちいい
 きれい美しい心地いい
 形のないものを共有したいがために僕は形を作るのかもしれません

 登山中よく顔を合わせたにーちゃんがいました
 真っ黒のピットブルのハナコと一緒に穏やかに登っていました
 下山もたまたま一緒になって分かれ道
 大きな声で彼は
 「また!」
 と言ってくれました

 お互い名前も知らない同士でしたが
 来年もまた会えるような気がしています

 こんな気持ちになれただけで僕はもう充分だ
 これでまた次の山を登れる
 登りたいと思う 
  
 今年も多くの人と共に 
 これまでに出会えたあなたと共に
 織り、創る暮らしと共に

 どうぞよろしくお願い致します


 2016年1月2日  酒寄剛史 


d0162966_916518.jpg






 登山の道中を僕のfacebookにアップしています
 ご興味ある方は見てみてくださいね 
 友達申請のあと「ブログから来たよ〜」とひとつメッセージもいただけると嬉しいです 
 どうぞよろしくお願い致します


 酒寄剛史facebookはこちらから→    ☆☆☆


tsutaeのfacebookはこちらから→    ☆☆☆
[PR]
by pops-fabric | 2016-01-02 10:13 | 日常のこと
 
 12月の寒風吹きすさぶ中(実際は吹いていない)朝早くからご来場くださったみなみなさま
 僕たち出店者が準備を始める前から朝市会場の準備をしてくださっている主催者のみなさま
 出店仲間のみなさま
 今年最後の朝市も楽しい時間になりましたね。
 名物?サンタも現れて、クリスマスカラーやそれにちなんだ商品や、色々と盛り上がりましたね。
 朝市っていいなーと思いながら気の抜けた顔してるヒゲ面はやっぱり僕です。
 いつもお隣さんのともぞう本舗さんはサンタよろしく駄菓子セットくれたりするし、常連様のMさん(まさかのイニシャルトーク!)はいつも優しいし、なんだかとてもほっこりした時間でした。
 これにて今年の私、サカヨリツヨシの個人活動は終了となりました。
 作品展の振り返りと合わせて総括はまた後日にしますが、色々と思うこと、感じること多く、作品の変化、内面の変化がしっかりと出た一年のように感じています。
 一年間、僕の活動にお付き合いくださった方々には本当に感謝しかありません。
 本当にありがとうございました。
 

 

d0162966_1941052.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-12-21 19:19 | 日常のこと

 固執すること無く、揺るぎない気持ちを持ちつつ。

 糸がデザインを連れて来てくれました。

 特別な、特別な一着。

d0162966_19513871.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-11-17 19:54 | 日常のこと

 久しぶりに手紡ぎの糸で織ります。

 ようようさんに紡ぎをお願いしました。

 すっごいのつくりますよ

 このワクワクがある限り、どこまでも行ける気がする。

  

d0162966_21555719.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-11-04 22:00 | 日常のこと

 ずっと前に一度作った形を久しぶりに仕立てています。
 たくさんの方にご試着いただき、これほど誰にでも似合う形があるのかと驚いた仕立てです。
 身長も、体型も、年齢も違う方々が、それぞれがそれぞれに素敵に似合う。

 この服も、そうあれるように。

 はじめてリネンウールで織り上げた布です。
 あえて布には洗いをかけずに仕立て上げてから。
 
 わからないことをする。

 先が見えないことをする。

 そのワクワクが、少なからず僕のガソリンだったりします。




d0162966_23495459.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-09-02 23:58 | 日常のこと


 ハンドステッチなら針目も全て、自分の思った通りに動く




d0162966_1511450.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-08-20 01:54 | 日常のこと