カテゴリ:展示会情報( 77 )


 今年で僕の作家活動も3年目を迎え、冬の第三回個展「未来」で第一部のまとめとなります。

 それにあたり、今年はそこまでの過程も見ていただこうという試みを思いつきました。

 「未来」への道程。

 過程。

 プロセス。

 作品数はそんなに多くはありませんが、2013年上半期に制作した子たちをメインに展示販売致します。

 通常は展示即売会という形式をとらせていただいているのですが、今回に限り、お買い上げいただいた作品は(一部)会期終了後に郵送にてお届け、お渡しとさせていただきたいと思います。

 ご理解のほど、宜しくお願い致します。


 では、以下、展示会内容となります。





 さをり織り 酒寄剛史 第2・5回

 「〇」 

 
 会期 開場時間

 8月25日(日)

 16:30~23:00


 8月26日(月)

 10:00~21:00



 場所

 渋谷novore
渋谷区桜丘町17-9 第二昭和ビル401





 今回は表立った告知はブログ、FB,twitterなどに留め、DMの制作はしておりません。
 開場時間を長く設定し、普段からお付き合いのある方たちとゆっくり作品を見ながらお話させていただければと想っています。
 (でも、お友達やお知り合いの方を連れて来てくださるのもとっても嬉しいです!)
 

 そしてそして、「カシミヤマフラーのオーダー受注会」を致します。

 型数は3型
 色数は48色

 デザインは要相談。


 価格帯
 ¥21,000~
 (受注時に預かり金として¥5,000を申し受けます。)


 お渡し
 
 11月22日(金)23日(土)
 吉祥寺で行われる酒寄剛史 第三回個展会場。

 もしくは11月下旬、郵送にて。


 ※オーダーご希望のお客様はミーティングのお時間としてアポイント制をとらせていただきます。
  ご希望の時間を下記アドレスまでご連絡ください。

  pops244@gmail.com
 
 また、お問い合わせもこちらのアドレスで受け付けております。



 ※制作の都合上、オーダー数に上限を設けております。
  ご希望のお客様はお早めのアポイントをお勧め致します。


  

  以上となります。


 展示会の時期、残暑が厳しくなるのか、秋が早まるのか、先はまったく見えませんがそれでも「未来」はやってきます。
 「未来」への道程。
 


 お待ちしています。


 
 
 
[PR]
by pops-fabric | 2013-07-27 19:53 | 展示会情報

 よーやっと決まりました。
 
 わー、パチパチパチパチ!

 今年もやります。
 個展!

 そして今年は作家活動3年目。
 個展も三回目。
 節目の三回目。
 色々考えてます。

 詳しい内容は開催日が近くなったらお知らせしますね。
 
 とりあえず今日は日程と会場を。


 さをり織り 酒寄剛史  

   第三回個展 「未来」

  日程 11月22日(金)23日(土)

  場所 Cafe☆Bar BLOOMOON at 吉祥寺



 さをり織り 酒寄剛史

   総集展 「足跡」
   
  日程 12月8日(日)9日(月)

  場所 novore  at 渋谷



 どぞ、宜しくお願致します。



 また、作品や内容に関するお問い合わせ先が変更になりました。
 いままでhotmailを利用していたのですが、本日からgmailとなります。
 
 詳しいアドレスはページの右側でご確認くださいませませ。


 合わせてどぞどぞ、宜しくお願い致します。



 
[PR]
by pops-fabric | 2013-06-06 00:05 | 展示会情報
まずはじめに。

さをり織り 酒寄剛史 第二回個展 「希望」 にお越しいただいたみなさまはじめ、
作品をお買い上げくださったみなさま、都合で来れずとも想いを馳せてくださったみなさま、
お友達などにお知らせしてくださったみなさま、みなみなさま。

本当にありがとうございました。

みなさんのおかげで、無事に終えることが出来ました。
そして、節目の第三回個展への展望も見据えることができるようになりました。

思い起こせば第一回個展の帰り道。
高円寺の路地に入ってふと眼を横にやると、大きな一枚鏡の前に椅子がひとつだけ。
どこぞのセレブが通うプライベートサロンのような空間に心を奪われました。
個人美容室にしては、広すぎると言ってもいいような贅沢な空間。
でっかい鏡。
工業系什器の男くさい雰囲気。
そこに寄り添うはかなげなドライフラワー。




一瞬にして

「次回はここでやりたい」

と想いを固めました。




そうして、お客として何度かサロンに通い、少しずつお話をさせて頂き、
今回の開催となりました。
とはいっても、平日の二日間。
週頭の月曜と火曜。
直感に背中押され、決めたはいいけど作家仲間には
「二日間平日ってよくやるね」
「せめて土日じゃない?」
などと言われ、かなり不安にもなりました。
実際言われてみれば、それもそう。
やりたいだけじゃ、成り立たない。
やっただけじゃ、ただの遊び。
自己満足でしかない。
でも、やると決めたらやらなきゃいかん。
じゃあ、どうやるか。
自問自答を繰り返しながらの日々でした。


そして、追い打ちをかけるようにどんどん減っていく残高。
ほんと、正直な話、結果出せなかったらもう次は無いと考えていました。
そもそも、やりたくても出来ない状況になる。
「お店始める人はこんな気持ちなのかなぁ」
なんて思ったりしてました。
ちゃんと続けて行きたいから、ちゃんと利益も出さなくちゃいけない。
でも、自分の作品にそんな価値があるのか。
答えなんて探したってどこにもない。
世の中の物の値段なんて、その時々で一瞬で変わる。
それなら、ちゃんと自分で胸を張れる値段で出す。
それをちゃんと、伝える、伝わるように出す。
自分の中にある答えを探しながら、どのように提案したらいいかの試行錯誤でした。


そうして出た結果、第三回の個展も開催できる状況となりました。



「希望」と題した今回の個展。
DMに書いた通り、さをり織りと共にある日常に感じた希望をそのまま表現しました。
それと共に、この織りの可能性(=希望)を伝える展示にしたいとも思っていました。

さをり織りの特性上、どうしても大量生産には向きません。
向かないというより、出来ません。
そもそも、人はひとりひとり違うから。
好きな人には目につくけど、知らない人の目には止まらない。
でも、もう少し知られていていい、と想っていました。
知られていていい物であり、考え方だと想っていました。

さをりに批判的な考えを持つ人がいることも知っています。
さをりに限界を感じてほかの織りに向かう人がいることも、知っています。
でも、僕は、こんなにおもしろくて、奥の深いものは無いと想っています。
それはきっと、人間の奥深さなんだと想います。

城みさをさんは、さをり織りの創始者であり、さをりの存在に気付いた人なのではないでしょうか。
人間誰しもが持つ、根源的な輝きに眼を向け、それを「さをり」と呼び、人間自身を愛した人ではないか。

織る時くらい、ほんとに自分の好きなように、やりたいようにやっていいんだよって。
笑ってくれたのではないでしょうか。


ちょいと話がずれましたが、そんなさをりの可能性の提案として、コラボレーションをしました。
自分で織って自分で作って自分で着る、さをり織りですが、制作を人の手にゆだねることで1+1が3にも4にもなるような可能性がきっとあると想いました。
織り地の面白さと既成の仕立てと、相乗効果のある制作が出来たのではないでしょうか。
さをりの世界といわゆる一般的な世界の架け橋になるような、そんな作品になったと想います。


そうして、こんな僕でも、こんなことが出来る。
という「希望」。
なんだか生意気な響きになってしいましたが、ほんとに、僕はただの一般人なんです。
特別アートな家庭に育ったわけでもないし、美大に行ったわけでもない。
なんの経験や知識もない人間でも、想いがあれば出来る。
自分を表現できる。
そんな、僕が感じた「事実」を個展を通して伝えたいと想いました。


何がどれくらいできたか。
それは、僕自身の中にあり、みなさんの中にあると想います。
この個展が成功と言えるような結果を残せたことは、その距離感がそんなに離れてはいないことを現わしてくれています。(と信じています。)
そうして、みなさんと直接お会いして、お話させていただいて、二日間を終えて出た答え。

それは、

人こそが希望なんだな


ってことでした。

そうして、人と人が出逢い、温度を感じ、息づく希望は「未来」へと続いて行きます。
第一回個展「呼吸」、第二回個展「希望」に続く第三回個展「未来」。
また一年後、みなさんとお会いできる日を楽しみにしています。



途中支離滅裂になりましたが、ここまで読んでくださってありがとうございます。
最後に、
今回個展開催にあたって大切な場所の提供をしてくださったCITY LIGHTS 永井さん
いつも無茶なお願いを聞いて、最高の形にしてくれる4614works 白石さん
靴オリジナルオーダーという企画を受け入れ、コート制作という企画を提案、実現までしてくださったSTOF 谷田さん
素晴らしい木彫りのボタンとコメントを寄せてくれたyagate 大住さん
僕の服たちをよりいっそう輝かせるハンガーをリースしてくれたLILY1stVINTAGE 志摩さん
空気感までも伝えるDMをデザインしてくれたOg 小倉さん
こんな僕にさをり織りを伝え、サポートしてくれた手織工房じょうた 城さん
会期中、美味しいお茶を入れてくれ、ステキな笑顔で皆さんを迎えてくれた 田中さん 森本さん
みんながいなければ、今回の個展は成り立ちませんでした。
本当にありがとうございました。


こんな僕ですが、これからも宜しくお願い致します。


酒寄剛史
[PR]
by pops-fabric | 2012-12-06 23:33 | 展示会情報

 ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました。
 展示会が終わっても、その後の作業がたっぷりあるわけで、落ち着いていたりもいられません。

 まず今日は個展の画像をお届けいたします。
 ありがたいことに終始賑わっており(僕のドタバタもあり)、落ち着いて撮ることができませんでしたが、
 現時点で出来る限り、納得の展示が出来たと思います。
 なんとなくの雰囲気だけでも感じて頂ければ幸いです。
 搬出終わって部屋にとりあえず詰め込んだ荷物も、なんとか落ち着きました。(かな?)
 明日の夜、落ち着いて、レポ書きます。
 (落ち着けるのか!?!?)







 
d0162966_2415833.jpg





d0162966_2422248.jpg






d0162966_2423377.jpg





d0162966_2425517.jpg






d0162966_243889.jpg






d0162966_2431890.jpg






d0162966_244719.jpg






d0162966_2442416.jpg






d0162966_2443815.jpg






d0162966_2445729.jpg






d0162966_2452897.jpg






d0162966_2454060.jpg






d0162966_245483.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2012-12-06 02:53 | 展示会情報
d0162966_0161646.jpg



無事に先ほど搬入を終えてあとは明日の開始を待つばかり、、、、。


だといいのですが、なんやかんやと、ギリギリまで作業してしまう性分なわけで、、、。


普段のCITY LIGHTSを知っているお客様にもぜ来ていただけたら嬉しいです。
同じようで違う空間に仕上がっています。

3日4日とあいにくの雨予報ですが、そんなのに負けてはいられません。
気合い入れて頑張ります。

どうぞ、宜しくお願い致します。

明日の夜には、展示風景も少しだけお見せできるかと思います。

ではでは!!!!!
[PR]
by pops-fabric | 2012-12-03 00:21 | 展示会情報

とうとうきました。
搬入の日。
は、明日。

そして、急遽でたワークショップのキャンセルも、無事に再び希望者の方に恵まれ満員御礼となりました。
Y様、ご予約ありがとうございます。


これから最後の詰めにかかります。


というのも、今回の個展は基本的に展示即売とさせていただこうと考えております。
前回は会期後に発送という形を取らせていただいたのですが、やはり、お代を頂いた以上それは物品との交換をその場でするのが一番フェアというか、健康的というか、自然な形というか、そういうものだと思ったのです。
しかし、平日の二日間という会期にわざわざ来てくださった方には出した作品を全部見て頂きたい。
どうにもうまくとりずらいバランスを、「BOOKをつくる」という形でとろうと思います。
と言っても、カメラマンに依頼する余裕もないので、僕自身が撮影した陳腐なものですが、そちらをこれからつくります。
うまく撮れるかな。
とりあえず、出来る限り作品の雰囲気を伝えられるよう気合い入れてつくります。(撮ります。)


あとは、あれやこれやといっても仕方ありません。
あとからあとからあーしたいこーしたい、あれも見せたいこれも出したいは終わりません。
ある所で線を引く。
そして、密度を高める。


ご覧頂く作品にはすべて値段をつけています。
値付けにはいつも頭を悩まします。
今の僕の作品に対する、活動に対する適正価格をつけたつもりです。
いわゆる、今の僕の価値であると思っています。
決して安くはありません。
しかし、安売りも出来ないと想いました。
その理由は、作品を見て、感じていただけるはずだと信じています。


いろんな角度から、今回の個展、「希望」を楽しんで頂けると嬉しいです。



ではでは、ラストスパート、行ってきます。
[PR]
by pops-fabric | 2012-12-01 21:28 | 展示会情報

昨年の個展で好評だったベビーアルパカ3部作。
今回も織ってみました。
(昨年の個展の様子はコチラからご覧ください。壁にかかっている作品が3部作です。)


今年はベビーアルパカ、大判ストール双子ちゃん。
グレー系と茶系の二種類。(双子といっても同じものではありません。笑)

今日はそのうちのカタワレをご紹介いたします。

織り上がった布を見ていたら、こんな模様が浮かんできました。


無理に理由なんて、探さなくっていいんだよね。

なんとなくって理由も、たまに、いい。



d0162966_022450.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2012-12-01 00:36 | 展示会情報

どもですどもです。

先日満席とお伝えさせていただいたワークショップなのですが、急遽キャンセルが出ましたので募集を再開させて頂きたいと思います。


12月4日(火)
16:00~20:00
募集人数 1名 


「ひたすら自由に織ってみよう」

費用 ¥5000(材料費込み)


「織り布を靴にする」

費用 ¥34000(材料費込み)

共に体験可能です。


滑り込みセ―――フ!
とうことで、体験迷っているうちに募集が終わってしまった―!な方や、織りはしているけど、いつもとは違った空間で織ってみたいー!な方など、など、みなさま、どうぞ宜しくお願い致します。

感性の織りと言われるさをり織り。
織る場所が違えば生まれてくる織りもきっと違います。
選ぶ糸も、いわゆる不特定多数の方が来る工房の様な所にある糸ではなく、僕が個人所有している糸から選んで頂くようになります。
つまり、僕が「これ使いたい!」と思っている糸となります。
僕の感覚が入って選ばれた糸たちから、織り手の方(体験者さん)がどんな作品を生み出していくのか。
今から楽しみです。
ご自宅や工房で織りをされている方も、この機会にいかがでしょうか。


お問い合わせ、ご連絡、お待ちしております。

酒寄剛史
s-tsucchii@hotmail.com
[PR]
by pops-fabric | 2012-11-29 22:34 | 展示会情報
オトノハ朝市も盛況のうち無事に終わりました。
時間の無い中、わざわざ駆けつけてくれたメンバーさん。
FB見て来たよ~と、いまどきらしい会話をさせてくれた元メンバーさん。
優秀な工房スタッフのあの方。
色んな方に工房の外で会えるのは、また違った感覚でなんだかとっても嬉しいです。

カウントダウンなんて始めたと思ったらあっという間に、あと5日。
工房展もあっという間に終わりました。
早い。
早すぎる。。。。

しかし、僕にはまだ大仕事が残っているのだ。

ステキな、ステキな作品がまた、出来上がりました。


アパレルブランド「STOF」とのコラボレーションによるコート

いわゆる「既成」の仕立てではありますが、より、特別な一着であることは間違いありません。

完全に一点物です。

ぜひ、ご覧ください。


d0162966_2324428.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2012-11-27 23:26 | 展示会情報

こんばんわ。
工房展も明後日の開始となり、吉祥寺アトレではスタッフ展も行われます。
もろもろの準備をバタバタとしていると、色んな事がおろそかになりがちです。
しっかりと、眼を開いてやっていきたいです。

まずは、ちゃんと、ブログも更新ですね。









さて、おかげさまでワークショップのご予約が本日を持って満席となりました。
E様、ありがとうございます。

企画をたてた時どうなるかと思った「織り布を靴にする」ワークショップも3名の方にご希望頂きました。
ありがたい限りです。
楽しんで頂けるよう、しっかりと準備していきますね。

そしてそして、ぎりぎりまで、作品を生み出していきますよ。

こちらはプチフリルマフラー。
カシミア。
縮絨前の状態です。
その後どうなったか。

実物はもちろん、展示会で。

どうぞ、宜しくお願致します。



d0162966_2357281.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2012-11-20 23:58 | 展示会情報