カテゴリ:展示会レポ( 3 )

「終わりたくないなー」

展示会の度に思うことではありますが
今回は特に感じていたような気がします
最終日の朝なんて、とってもいいお天気だったのに
なんだか寂しくってしょうがなかった
それでも「陰陽礼賛」という場を設け
無事に終えることができたこと
それは何よりもうれしいことでした

3日間の会期中2日が雨という状況でも
場の力をより引き出してもらえたような
恵みの雨になったような
そんな空間と共に過ごした時間になって

ご来場の方々にも
これまでの展示会で一番ゆっくり見ていただけているような
そんな感触がありました

書家 中山雅心との初めての二人展を
「招山」という場でできて本当に良かった

少なくはありますが
tsutaeのFacebookページに会場の写真をアップしているので
ご覧くださいね
 
⭐︎⭐︎⭐︎

わざわざ遠方から来てくださったみなさん
本当にありがとうございました
快く会場を使わせてくださった招山 由比ガ浜さん
ありがとうございました
場を、表現を共にしてくれた中山雅心
ありがとう

また、新たなエネルギーを蓄えられたような3日間でした

次は10/2(日)
手創り市に出展します
カラフルな巻物をたくさん連れて行きます
前回は雨に降られて中止になってしまったけれど
巻物ぐるぐるしている皆さんに会えるよう
お日様にも会えるといいな

「TOANATA」でいただいたオーダーストールも
少しずつ仕上げてきています

やりたいことや、やらなくっちゃいけないことがあること
この暖かで身を正してくれる気持ちと共に

年末まで
立ち止まらずに走ります

これからもどうぞよろしくお願いいたします




d0162966_20485914.jpg




d0162966_20550605.jpg











[PR]
by pops-fabric | 2016-09-26 21:01 | 展示会レポ
 この3日間のことを思い出し、「俺とおまえ展」のことを思い出し、1ヶ月前のことを思い出し
 工房でお世話になった日々を思い出しています

 そうして発表を重ねるごとに深まるのは感謝の想い
 織り創る喜びや、心が動く方向へ進めることの贅沢さ、繋がりを認識できる事実の価値、、、
 浮かぶ感情はとめどありませんが、根底にあるのは圧倒的な感謝でした

 独立後、初めての個展、初めてのオーダー会、初めての場所、初めての日程、、、
 創ることにおいて、表現することにおいて、現状維持は退化だと思っているから
 あれやこれやと思いつくことをどう形にするか、場にするか
 そしてそれは人と楽しめるものなのか
 共有できるものなのか 
 持続可能なものなのか
 自分は楽しんでいるのか
 そんなことがいつも気になりながら
 初めてを形にしたいと活動しています

 全部をカバーすることはできないかもしれません
 でも、常にそれを目指しています
 100人に100通りの違う対応をしたい
 違う提案をしたい
 そして、100人と1の共有をしたい
 1/100ではなくて、100=1
 そんな表現を探しています

 そうして、今できる100%の表現が「TOANATA」という場でした

「TOANATA」は「と あなた」「to(トゥー) あなた」
tsutaeとあなたでオリジナルを生み出しましょう
 tsutaeからあなたへの想いを形にした場です

 変わっていく活動の姿勢をどう伝えたらいいのか
 オーダー会という明確な場を設けることしか、今の僕には思いつきませんでした
 
 この名称によって、今回行きずらいと感じさせてしまった方も多いと思います
 毎回来てくださる方ともお会いできなかったりしました
 事実、来場者数としてはこれまでに比べ一番少ない場となりました

 でも、それでもたくさんの方から想いをいただきました
 形は様々ですが、どれもがありがたい出来事でした
 会えなくても離れている感じがしなかったのはきっとこれまでがあったからなのだと思います
 そうして、その今があってこれからがあるのですよね
 これからがこれまでを決めるのだから
 僕はまた不安と共に手を繋ぎ、時には肩まで組んで
 これからも自分の初めてに挑むのでしょう
 
 そうして会期の3日間を終えて
 オーダーを頂く会という大それた場を催すことの意味と
 オーダーをしてくださる方がいるという事実を認識し
 僕自身の中にある、またひとつ違うステージの存在を見つけました

 挑戦すること
 そこに、やらなければよかったなんてことは
 もしかしたらひとつもないのかもしれません

 そう感じさせてくれる現実に、ただただ感謝します
 
 昨夜、ひとまずの搬出を終え、足の踏み場もないようなアトリエはひとまず置いておいて
 吉祥寺の街を散歩しました

 緊張の糸が少しずつほぐれていく実感がすごく明確に湧いてきて
 泣けてきてしまいました

 あぁ、僕は不安だったんだ

 終わってから過去の不安が重くのしかかってきました
 でも、それはオーダーしてくれた一人ひとりの表情や言葉がすぐに吹き飛ばしてくれました
 会いに来てくれた人たちの存在がかき消してくれました
 僕の背中を押し、支え、背筋をこれまで以上に伸ばしてくれます

 答えなんてわからないけど、もっともっと、ちゃんとしよう
 ちゃんとした人間になろう
 ならなくっちゃいけない
 少なくとも、僕が生み出した作品たちを手に取ってくれる人が胸を張れるような
 そんな人間になりたい

 そう想いました


 5月18日に15年共に生きた東京の街を離れます
 地元に戻るのですが、とっても大きな前進です
 あの大きなつくばの空の下
 なんでも描けるような気がしています

 まずは暮らしを整え
 いただいたオーダーを喜びと楽しみに満ちた形でお手元に届けられるよう
 精一杯織り、仕上げます
 
 ありがとう東京
 サラバ東京
 
 でも、これからもよろしくね


 「TOANATA」に関わってくれた全ての人たちに感謝します
 僕のこれまでに起きた出来事全てに感謝します
 出会ってくれた人たちに、感謝します
 
 本当に、ありがとうございました


 これから怒涛の引っ越し準備がはじまり 、ブログの更新はちょっと先になりそうです

 *日常の製作、ちょっとしたあれこれはインスタグラムで  →   ⭐︎⭐︎⭐︎
 
 フェイスブックではtsutaeのブランドページと個人ページを作っています

*tsutaeのページ(展示会のお知らせや報告など)  →   ⭐︎⭐︎⭐︎

*酒寄剛史個人のページ        →    ⭐︎⭐︎⭐︎
(暮らしのこと、製作以外の日々の料理やこれから始める畑のことなどあれこれを気ままにアップしています。こちらはお友達申請の時、簡単でいいのでメッセージを共にいただけると助かります。申請だけだと結構見落としてることが多いのです、、、、。)

*ふと浮かんできた言葉やイメージはTwitterへ(メモ的に使っています)  →  ⭐︎⭐︎⭐︎


 色々と発信をしていきたいと思っています
 各SNSでフォローしていただけるとありがたいです

次の出店は5月29日(日)オトノハ朝市です

 これからもどうぞ、よろしくお願いいたします


 酒寄剛史
[PR]
by pops-fabric | 2016-05-09 10:08 | 展示会レポ

 田中さんの布を囲んで、あれがいい、これがいい、ここがいい、そこがいい、と、にこやかに話す着物のご婦人方。
 真剣な眼差しで、田中さんの経歴、仕事風景の映像に見入る若者。
 ご説明やら、お会計やらで大忙しのスタッフの方々。
 股引きに半纏をまとい、凛々しい出で立ちで、でも表情はとってもやわらかく、穏やかな眼差しの田中さん。
 本当に、ほんとうに、よかった。
 と、言うとこれまたおこがましいのですが、本当に嬉しかったんです。
 ちゃんと、正直に仕事をすれば、嘘の無い仕事をすれば、必ず人は評価してくれるんだって。
 田中さんが証明してくれたように感じたから。
 それはつまり、僕の背中も押してくれているように感じたから。
 僕なんかもちろん、まだまだまだまだだし、やっていることは違うし、比べようも無いのだけれど。
 なんだか僕は、僕も頑張っていいような、そんな勇気をもらえた気になりました。

 本当は、田中さんの布を使わせて頂いて、やってみたいことがありました。
 でも、田中さんの布たちに触れていると、そんな気はどこかに行ってしまいました。
 モノ以上に、形以上に、明確なモノを頂いてしまいました。
 形の無い物こそ無くならないのだから、それこそ僕は、ずっと忘れないのだと想います。
 行ってよかった。
 見ることが出来て、触れることが出来て、本当によかった。
 
 僕も、このまま、つくる日々を重ねて行けば、田中さんのような笑顔になれる日が来るのかな。

 めぐるめく想いは新たな出逢いも連れて来てくれました。

 残りの開催は二日間のみ

 22日(金)
 11:00〜19:00
 23日(土)
 11:00〜18:00

 
 ぜひ、お運びください。

 簡単に道順を掲載してみますね。

 まず、表参道駅A4出口から地上へ。


d0162966_1433484.jpg


 すぐ左手に「とりよし」と書かれた大きな看板があります。
 そう、左にてくてくと歩きます。 



d0162966_1424476.jpg


 1〜2分歩くと左手にISSEI MIYAKEがあるので、ここを左折。





d0162966_141168.jpg


 またてくてく1分ほどで左にファミリーマートがある交差点に出ます。
 ここを右折します。
 









d0162966_1404031.jpg



 左手には工事現場。
 またてくてく。



 
d0162966_140057.jpg
    

 工事現場の壁、終わり際を左折します。






 
d0162966_1391311.jpg
 

 てくてく2分ほど進みますと、左手電柱に「DEE'S HALL」とかかれた看板が張ってあります。
 ここを素直に左折します。







 
d0162966_1383226.jpg



 すると細い路地の突き当たり。
 会場である「DEE'S HALL」がございます。


 けろ企画さまのブログもぜひご覧くださいね。


 


 
[PR]
by pops-fabric | 2015-05-22 02:16 | 展示会レポ