カテゴリ:さをり織り作品( 271 )


 どこも切らずに、二枚のマフラーを繋ぎ合わせて、レディースのウールベストに仕立てました。

 シンプルなものを作りたい、という欲求と、見たことの無い形を見てみたいという欲求と。

 どちらも僕から生まれた感情ならば、どちらとも僕自身なのでしょう。

 あえて言葉にすると、こんな当たり前のことでもなんだか偉そうに聞こえて気恥ずかしい。




d0162966_17372813.jpg

[PR]

  「無作為」に美を見出しているのがさをり織りでもありますが、果たして果たして。

 これを「さをり織り」と言うことに、少なからず異論を唱える方がいらっしゃるかもしれません。

 でもね、でもね、これだってさをり織りなんですよ、って僕は伝えたい。

 「感覚はもっと大胆に使いなはれ」

 と城みさをさんには言われてしまかもしれませんが。

 迷うことなき、それぞれの答えを見つけたら、あとはそこに向かって、ひたすらに進めばいい。





d0162966_21574.jpg










d0162966_211877.jpg










d0162966_201432.jpg

[PR]

やっぱり服は、人が着てこその「服」だなー、と。

 人が身につけてこそ、服は輝きを増すし、人自身も輝きを増します。

 着たらめっっちゃかわいいのに、ハンガーだとそれが伝わらないのがもどかしいっす。
 うーむむむ。
 でも、この形はとてもかわいいので、これから冬物ウールで仕立てようかと考え中です。




d0162966_1584078.jpg








d0162966_158268.jpg

[PR]

 ペダルを踏み込んでもしっかり開口しないくらいテンションを緩めたタテ糸。

 織り上げた先にはどんな作品が待っているのか。

 はじめての試みをする時はいつも思う。

 僕の想像を超えておくれ。



d0162966_7195347.jpg

[PR]


ご無沙汰しております。
最近は秋冬めいてきた気候に後押しされて、巻物を織りたくなっています。
「巻けるタピストリー」
そんなような作品が生まれました。

厚手でふっくらぐるぐると。
肩からサラリも気持ちいい。

次回の出店は9月21日(日)のハモニカ朝市です。
宜しくお願い致します。















d0162966_315411.jpg










d0162966_3143142.jpg










d0162966_3135790.jpg

[PR]
本日10:00〜12:00
オトノハ朝市、出店します。

涼しい日も増えてきたので、巻物も数点見ていただけるようご用意致しますね。

今回はミシンステッチものが目立っていますね。
どんな反応があるのやら、ドキドキものの2時間でございます。
心配していたお天気もバッチリ快晴!?

南阿佐ヶ谷の「オトノハ」で、お待ちしています。

オトノハへの行き方はコチラをクリック!









d0162966_5265446.jpg






d0162966_5261738.jpg






d0162966_525506.jpg







d0162966_5252887.jpg







d0162966_5242627.jpg

[PR]

今日、うたを聴いてきました。

とても、とてもいいうたでした。

それこそ、生きることとうたうことが直結しているような。

うたがかたちになったような人が、うたっていました。


僕はつくることが大好きで、それこそ、できることなら、朝から晩まで手を動かしていたい。

そんな欲求が今でもあります。

そうして、この「大好きなこと」と共に、大好きな人たちと共に生きていくことを目指しています。

10年前と、今と。

変わらずに動き続けてくれている僕の「手」。

死ぬまでに僕は、あと、どれくらいの形を産み出すことができるのでしょう。

僕だけなら、可能性は想像の及ぶ所まで。

ヒトと共にあれば、ヒトの数だけの可能性がある。

しかもそれはプラスの関係以上に、掛けられていくもので。

どこまでも、どこまでも、広がっていってしまえよ。

僕の想像を超えるのは、いつでもやっぱり、僕なんだぜ。









d0162966_1363621.jpg











d0162966_1361795.jpg









d0162966_136164.jpg

[PR]
毎度お世話になっておりますオトノハ朝市in阿佐ヶ谷ですが、今回はまさかまさかの二ヶ月連続出店です。

先月の出店では、コースターだけを見に来てくださる!方もいたほど好評いただいております「サカヨリコースター」(名前がダサいすね)。

今までは「コースターの人たち」という一筆書きミシンステッチシリーズだったのですが、今回は少し違ったデザインも製作してみました。

リネンコースターにミシンステッチ。

いいですねいいですね。
いい感じに仕上がりました。
ミシンステッチ、楽しいです。

みなさんの反応や如何に!

暑さ残る?陽気ですが、来週は雨予報が出ていますね。
31日までには降り切って欲しいです。

キレイな星空が見れますように。





d0162966_0333283.jpg

[PR]


 どっちが表でどっちが裏かなんて、それぞれがそれぞれに決めればいいんだってばよね。




d0162966_10365460.jpg













d0162966_10345875.jpg












d0162966_10342219.jpg












d0162966_10335231.jpg

[PR]


いろーんな織り方があって、いろーんな色の組み合わせがあって。

いろーんなこと(技法)をしたくなったりもするのだけど。

僕は知っているだけで充分だなぁ。

技術に対する知識欲はいっつもいっつも無くならないのだけど

それを自分の織りに活かしていきたいかというと

必ずしも、そうではなくて。

技術に使われず

技術を使う存在でいたい、と。

また、技術に捕われないようにしたい、と。

そう感じています。




d0162966_428358.jpg

[PR]