カテゴリ:ひとりごとのひとりごと( 112 )


考えなきゃいけないこと

やらなきゃいけないこと

やりたいこと

大きな波のようになってやってくる

ざっぱーん!っていってやってくる

その波は

実は今までもおこっていた波でね

僕がその波に乗ったってことなんだ

そうして乗ってみると

横で見ていたより

ずいぶんと大きく

気持ちのいい波だったんだ
[PR]

 いまだにYUKIちゃんの唄が頭の中でまわっています。
 東京ドームの余韻が無くなりません。
 
 BGMはいつもYUKI。

 我ながらどうしちゃんたんだろう、と思う。。。。

 そんな私、サカヨリ。



 最近、仕立てが楽しくって仕方ありません。
 見たことのない世界が見れるって感覚。
 未熟なゆえの危うさとエネルギー。
 命と引き換えのようだ。
 
 成功か失敗かなんて、時と場合と自分自身で決まる。

 だったら僕は、僕自身を褒めよう。
 僕は、僕自身を肯定する。
 そうすることで、よりあなた自身を肯定できる。
 
 愛を
 じれったいほどの愛を抱え
 満面の笑みで
 すべてを抱きしめ
 溢れるほどの愛で
 きみといよう。
[PR]


 大切な人にごはんをつくってあげるってのは
 大切な愛情表現だと思います。

 いや、それを僕がしているからとかどうこうって話ではなくてですね、大切な人とゆーのは恋人以外にも、
 もちろん家族や、友人、志を共にする仲間、お世話になった諸先輩、たくさんたくさんいるわけですよ。
 
 それは、つくってあげるって表現しましたけど、つくってあげたいであり、もっと単純な、つくりたいって気持ち。

 「食べる」ってことは生きて行く上で必要不可欠です。
 その、「生きる」ことと直結する行為に僕が参加すること。
 大切な人が生きる為の行為に僕が参加できるってこと。
 それが、ごはんをつくるってこと。

 うん。
 今、書いててそう想いました。

 大切な人のためにごはんをつくるってこと。
 
 それは、その人の一部にさえなれるような気がする。

 不思議な感じだ。

 でもね、そんな気がします。

 

 僕の大切な人は、よく寝ます。

 ほんとーによく寝ます。

 あまりに寝過ぎだから、最近ちょっといじわるしたりします。

 でもね、今度はちゃんとこうしよう。

 「ごはんできたよー!」って言って

 起こしてあげよう。

 

 
[PR]

 ものづくりとは

 自分の内側に入って行くような行為で

 形作る対象(僕は糸や布、ある人は木だったり、ガラスだったり、、、、)との会話を重ね

 実のところそれは自分自身との会話がほとんどを占めてたりして

 その果てに

 ようやく出来上がったものは

 ただの「もの」を遥かに超え

 自分自身であるかのように想えます。


 そう。
 
 
 「ものづくり」

 とは

 「じぶんづくり」

 
 なんだなぁと、想いました。


 


 
[PR]

 「美しい人」でありたい。

 それは

 なにも、外見や身に着けるもの以上に

 内面のことで。

 精神的なモノ、コトをより、ちゃんと伝えるには、伝える側の人間性も問われるような気がします。

 「美しい人」のこころに触れる度に

 胸をぐっと掴まれ

 泣きたくなります。

 涙が溢れます。

 さをり織りはこころだから

 目に見えないから

 やっぱり不安になることもあります。

 この価値観はちゃんと人に伝わるのだろうか。

 僕が濁らせたりはしていないだろうか。

 僕がさをりから受けた感動や、衝撃や、あたたかさや、面白さは

 僕だけのものだったりしないだろうか。

 すごく怖くなる時があります。

 それでも、さをりを伝える仲間の存在が

 僕の委縮したこころをとかしてくれます。

 こころを伝える仲間の存在が

 僕の背筋を伸ばしてくれます。

 僕は僕の言葉で。

 君は君の言葉で。

 同じ気持ちを伝えることができたなら

 どんなにか素敵だろう。

 まだまだ道は続きます。

 精進 精進。
[PR]




 「価値」とはつまり、独りよがりを超えた自分勝手。


 
[PR]




 僕は僕のことを僕の言葉で話そう


 うまく言えなくたっていい

 
 君は君のことを

 君自身の言葉で

 話してみないか

 
 ありふれた日常が

 特別な毎日になる。
[PR]

 

 心が震えるほどの日常を。



 理由なんて探しても見つからない。


 
 僕だけには必要ない。



 感情溢れる毎日を。
[PR]

 不安と共に生きるということ


 背筋を伸ばすということ


 心から笑うということ


 思いやりを持つということ


 自分自身を認識するということ


 安心しすぎないということ


 優しくなれるということ








 不安な要素はなるべく取り除きたい、無くしたい、いらないって思っていたけど、
 不安をかき消すよりも、受け入れることで、気付けることっていっぱいあるんじゃないかなー、と。
 「不安」というネガティブな響きを持つ言葉を、昨夜はとてもポジティブに感じたんです。
 

 つまりは、何事でも、「向き合う」よりも「寄り添う」。

 そうすると、日々の暮らしはより柔らかくなる。


 
 
[PR]

 ひたすら織る日々の先に何が見えるのか。

 何が見たいのか。



 行く先を迷ったら、まず自分の居場所を確かめる。
 
 そうして、なんでここにいるのかを考える。

 そうだ。

 何かに迷う時はいつも、始まりを忘れた時だ。

 僕は僕自身であるようで、決してそれだけじゃない。

 今までのすべてが今の僕であり、これからの僕になる。

 過去も、現在も、未来も、全部でひとつなんだな。

  
[PR]