カテゴリ:ひとりごとのひとりごと( 112 )

d0162966_071550.jpg



今年に入って、ようやくシンプルで細いタテ糸を無理せず出来るようになりました。

いわゆる「作家もの」ぽくなるのでしょうか。


不思議な気持ちです。

でも、やってみたいと思う気持ちがあるのなら、

それをやってみるのが、

一番良いんだと思います。
[PR]
d0162966_129592.jpg



技術と感性の先にあるものを、僕は見たい。

作為を超え、あるがままに織れたら、

日々変わる感覚を、そのままに表すことが出来たなら、

それでけっこう満足なんだな。

僕はまだまだ、「つくりたい」って思っちゃう。

まだまだ、これからなんだな。
[PR]
d0162966_129592.jpg



技術と感性の先にあるものを、僕は見たい。

作為を超え、あるがままに織れたら、

日々変わる感覚を、そのままに表すことが出来たなら、

それでけっこう満足なんだな。

僕はまだまだ、「つくりたい」って思っちゃう。

まだまだ、これからなんだな。
[PR]
d0162966_129592.jpg



技術と感性の先にあるものを、僕は見たい。

作為を超え、あるがままに織れたら、

日々変わる感覚を、そのままに表すことが出来たなら、

それでけっこう満足なんだな。

僕はまだまだ、「つくりたい」って思っちゃう。

まだまだ、これからなんだな。
[PR]


成り立ちをちゃんと知ることができたら

ちゃんと成り行きに任せることができる。

こわいことなんてない。

まずは知ることから。

ゆっくりと、しっかりと。
[PR]

シャツリメイクの依頼を受けたのですが、そのために仕入れたシャツがそれはもう素晴らしいシャツでして。

古着で見つけたのですが、風合いといい、シルエットといい、仕立ての縫製といい、もう完璧なのではないでしょうか。

このバランスを壊さず、より魅力的にする方法を今の僕には見つけられません。

このまま提案したい位です。

ラルフローレンのボタンダウンシャツ。

スタンダードがスタンダードたる所以を知らされます。

さて、どうしたものか。。。。
[PR]

最近、これからお店を始める、という方からご注文を頂きました。

話したこともなければ、会ったこともない。

このブログで作品を見てくださっていた。

遠く離れた土地の方です。



連絡をくださって、お付き合いが始まりました。

まだ、まったく先は見えないであろう今の状況で

僕の作品を信頼してくれて、

託してくれました。



それはきっと、勝負なんだと思います。

僕とあの人とではなく、お互いの未来との。



「お任せします。」



今の僕の想像力を、こんなにも刺激する言葉はありません。

20代前半の、根拠のない自信で突き進んだあの頃とは違う。
色んな経験をしました。

不甲斐ない自分。
情けない自分。
かっこ悪い自分。
やるせない自分。
口だけの自分。
何も知らない自分。
つもりの自分。

色んな色んな自分を知りました。


そうして、今があります。

儚い自己肯定を超え、終わりのない自己嫌悪を覚え、弱さを知り、それでも僕は僕だって思えた時。

今まで以上に「人をその人として」見ることができるようになりました。

独りよがりはとうに捨てた。

少しずつでいい。

想う場所へ向かうんだ。

理想は捨てない。

器に入らないものは入れない。

自分は自分であるために、あなたもあなたでいて欲しい。

今の自分に出来ることを、出来る限りやろうと思います。



今日も、生きた。
[PR]

 ほんの少しだけ実家に帰って

 ご先祖様やじーちゃん、ばーちゃん、とうちゃんを迎えに行って

 僕が暮らした、育った風景を歩いて

 もうすぐ30歳になる自分のことを考えました。

 あの頃の自分を思い出しました。

 実家に帰る時は、いつも東京で増えすぎた荷物を少しずつ持って帰ります。
 今回はどうしたものかと、部屋を掃除していたら当時の日記が出てきました。
 書き出したのは19歳の大晦日。
 年が明けたら誕生日が来て20歳になる僕が、これからの自分の為にと始めたものでした。

 なりたい自分を夢に見て、どうにもならない現実を知って
 変わりたくても変われない、変わらない僕がいて
 それでもどうにかしなくちゃって
 苦しんで、悩んで、迷って、ぶつかって
 もがいてもがいて、もがいた僕がいました。

 人のことを想っているつもりで、結局は自分のことしか考えられない僕がいました。

 そんな僕を、救ってくれた人がいました。


 これからの僕には、何ができる?

 僕自身にできることはなんだ?

 
 時間がどんどん進む度に、自分の原点に意識が向きます。

 僕は何処から来て、何処へ向かうのか。

 さ、しっかり進むぜ。


 
d0162966_23291133.jpg









d0162966_23291842.jpg










d0162966_23292687.jpg










d0162966_23293352.jpg

[PR]

 美しいものを創りたいと思っています。

 バランスや、状態や、ディティールや、そんなものを飛び越えて

 見る人、着る人の心に響くような

 そんな「なにか」を創りたいと思っています。

 どうしたらそこに行きつけるのか。
 
 答えは、すでにもう、知っているのかもしれない。

 あとは、ちゃんと「やる」ってことなのかもしれない。

 
[PR]
今日の夕焼けはとっても不思議できれいでしたね。
駅前でみんな見上げて携帯かざしているから、何だろって思って見てみたんだ。


あえて写真は撮りませんでした。

文字で、言葉で、どれだけこの美しさを伝えられるのだろうか。

僕は、人に、何か伝えられているのだろうか。

ふとした時に、眠らない身体が欲しいなんて思ってみたり。

でもね、眠ることってほんと気持ちよくてハッピーなんだ。

実際、大好きだしね。

矛盾ってやつだな。

つぶやきみたいなこの文章も、ブログという媒体ではなんだか違って聞こえる。

ツイッターもやっているんだ。

日々のご飯や、製作の過程、それこそただのつぶやきも。

色々です。

なんだかおもしろいもんですね。

こちら、@pops_fabric でございます。

STOF名義になるのかな?

シューズ用として納品した生地がどう使われて、どんな形になるのか。

はやく実物が見たいです。

事務作業もやらなくっちゃ。

机の上がめちゃめちゃだ。

「あんてるさんの花」もみたい。

あれもしたい。

これもしたい。

もっとしたい。

もっともっとしたい!
[PR]