カテゴリ:お知らせ( 118 )

 大変長らくお待たせしております個展DM、本日無事に発送することができました。
 ご希望いただいていた方はもちろん、そうでない方にもたくさんの方に送らせていただきました。
 なんてったって二週間ですので、ぜひともたくさんの方に来て見ていただきたいです。
 しかしながらの事務仕事に追われて正直、作品間に合うのか!?
 でもでも、やらなきゃならないことがあるなんて、実はとっても幸せなことなのだ。

 仕立てたい欲が止まりません。

d0162966_054210.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-09-25 00:05 | お知らせ
 第50回目の朝市を終えて

 とっても、とってもたくさんの方々がご来場してくださったように感じます。
 朝市会場の午前7時。
 早くも人影はたくさん。
 50回記念の品々を用意するたくさんのお店さんたち。
 飲み明かしてか、酔っ払いのにーちゃん(たしなめられて早々に退場)
 よく見る風景とその日ならではの風景と。
 こころなしか浮き足立っているのは、出店者だからではないような気がしました。
 何事でも、やっぱり記念日って気持ちがいいし、楽しい。
 みんな、いつも以上にその時間を楽しもう!って空気を纏ってる。
 これって、とてもいいことですよね。
 遠方から来てくださったTさん、Sさん、いつも気にかけてくださるNさん、Mさん。
 お話ししてくださったみなさん。
 来てくださったみなさん。
 ちょっとずつ、ちょっとずつ、いろいろな形でたくさんの人がそれぞれの形で関わって、「場」は成り立っていくのだということを、再認識させてくれる場でありました。
 だからこそ、日常に愛を。
 ありふれた関わりに愛を。
 思いやりを。
 
 来月は10月18日(日)です。

 個展始まってる時だけど、マフラーも見て頂いきたいな。
 今年の冬はどんなかな。
 楽しみです。

 
[PR]
by pops-fabric | 2015-09-23 19:40 | お知らせ

 今度の日曜日は50回目のハモニカ朝市。
 1回目の朝市は20店舗にも満たなかった(と記憶している)のに、いまでは100店舗オーバー。
 遠方からわざわざ朝市目指して来てくださる方も多く。
 継続することの力強さを感じます。 
 
 普段は僕自身が織り、仕上げた作品を販売していますが、今回の朝市はアパレルブランドSTOFとのコラボレーション作品を販売してみます。
 いまの時期にちょうどいいスウェットをサイズ別に2色と、大判のストールです。
 


d0162966_2051648.jpg



d0162966_20495887.jpg





d0162966_20593470.jpg


 ストールの正規品としてはこの白×赤、白×黒の2色展開なのですが、朝市ならではに黒ベースの多色使いの仕様を織り上げました。
 どんなものかはぜひ、朝市にてご確認ください。
 
 お待たせしております個展のDMも、間も無く発送できそうです。
 
 涼しい日が増えるほどに、心はじんわり温かみを増します。
 ハモニカ朝市で、池袋西武の個展で、はたまたどこかでお会いできればと
 動きを止めぬ手仕事にも多少の意味はあったのかと
 この季節をめいっぱい、楽しんでいきたいと思います。
[PR]
by pops-fabric | 2015-09-17 06:30 | お知らせ
僕が勤務する「手織工房じょうた」にはwebshopがありまして、そちらでスタッフそれぞれの作品を販売しております。
僕の作品も少しではありますが出品していますので、ぜひご覧ください。
先日のハモニカ朝市に出品したリネンハンカチもあります。

9月1日〜10日まで糸セールも行っております。
スタッフが選ぶお任せ糸セットなんてのもあります。

展示会のDMも届き、発送準備も順調に進行中。
(DMご希望の方、まだまだ発送受け付けております!)

長袖を羽織りたくなる陽気が増えてきて、なんだか心がワクワクします。
そして、あっという間に時間は進む。

これがきっと、幸せってことなんだろうな。




d0162966_2061124.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-08-31 20:23 | お知らせ

10月14日(水)〜27日(火)
池袋西武7F「さをり」で行われる個展のDMが無事、撮影もろもろ終了しました。

今回は初めてモデルを起用してのDMです。
服に限らず、ものづくりは一人のみで作るのか、それとも複数の人間で作るのか。
出来上がるものはひとつでも、その過程はまったくの別物です。

僕は自分の目指す形が明確にも関わらず、それを形にする過程がわからないことが多々あります。
それをなんとか自らの手ですべて作り上げる喜びも分かるのだけれど、感じることも多いのだけれど
僕は人と仕事をしたい。
言葉と心と頭を砕きながら、頭の中にある形を伝え合いながら
あーでもないこーでもないと
それぞれができることを持ち寄りながら、仕事をしたい。
やりとりが増える度に、お金と時間はかかるかもしれないけれど
それには代え難い気づきと経験が得られます。

そうして、できることがひとつづつ増えていく。

知らなかったことを、知ることができていく。

変わっていくことを感じられる。

ありがたいことです。

アートディレクター、カメラマン、モデル、デザイナー。

おかげさまで、今回も納得のいくDMができそうです。

ご希望くださる方は、下記アドレスまで件名「DM希望」と書いて、ご住所、指名、ご希望枚数明記の上ご連絡くださいませ。
仕上がり次第、お届けさせていただきます。

tsutae219※gmail.com
(※を@に変えてください)

たくさん、たくさんのご希望、お待ちしております。

ちなみに画像はイメージです。
実物とは異なりますのでご了承ください。
仕上がり、もっといいですよ。


d0162966_2311515.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-08-07 23:25 | お知らせ
どんどんどんどんブログ武将に、あ、違う、ブログ不精になってきてしまってダメですね。

このPC変換ミスネタは最近お世話になってる恵比寿のブロッコリーという美容室のヒデキさんブログでよく使われているので真似てみました。

そうそう、パソコンて頭いいのかそうでないのか、よくわかりません。
あ、あと数年で人間の仕事の7割だか何割だかはロボットに奪われてしまうらしいですね。
人工知能も進化してきて色々対応力もついてきたとかなんだか。
それでも人間にしかできない、少なくともあと数十年は人間の役割であるであろうことはその卓越した能力を「どう使うか」という応用を生み出す力だそうな。

記憶半分で書いているのでここらへんは話3分の1くらいで読んでください。

でも、それにしても。

10月の個展に向けて、の毎日。
12月の個展のことも進めつつの毎日。
来年以降の準備を進めつつの毎日。

織ること、仕立てることと同じかそれ以上くらいに周りのことをしていて、それは事務仕事もちろん、DMデザインの打ち合わせやカメラマンやモデルさんとのスケジュール調整、タグをどうするなにをどうするアレをどうする、、、、いくつもの同時進行があって、改めて自分のキャパの狭さを思い知る毎日なわけです。

それでも、創りたい形はとめどなく、あれやこれやと浮かんでは溜まっていくからもう、俺の脳みそせめて50%くらいはそろそろ機能しておくれとヘッドスパ(自分で)にも思いがこもるわけです。

それでも、自分ひとりだけでなく、関わってくれる人が増えていくほどに、関わりたい人が増えていくほどに、やっぱり心は満たされていくわけなんです。

それでもって、書き出すとあーだこーだと連ねてしまう悪い癖?というか、趣味というか、結局文を書くことも好きな自分がちゃーんといるわけで、なんだかんだ楽しい気持ちで書いてたりします。

1年以上お付き合いをしたMacBookAirちゃんも、機能を俄然使いこなせておらず、Macに向かう時間があったら機やミシンに向かってしまうから、いつまでたっても事務は進まず、デザイン業務も上達せず。

最近はエキサイトでなんだかうまいこと画像がアップできないもので、よりブログ不精になっていました。はい、言い訳です。
織ることは日常で、布は日々生まれ進むのですが、どうにもこうにも、仕立てをしたい自分がいます。
ファッションが大好きだった20歳ころ頃。
30過ぎた僕は、服を仕立てることが楽しくって仕方ないです。
作れる形はまだまだ少ないのですが、楽しくって仕方がないです。
変われば変わる、どんどん変わる。
これからも、きっと僕は変わっていける。

10月 池袋西武 7階手芸売場「さをり」店頭にて2週間の個展の機会を頂いております。

さをり織り  酒寄 剛史 個展
「人生を変える服」

詳細、近日カテゴリを追加してお知らせしてまいります。
どうぞ、お楽しみに。
[PR]
by pops-fabric | 2015-07-25 03:20 | お知らせ

 毎月僕自身も楽しみにしているハモニカ朝市。

 今月は今度の日曜、19日に行われます。

 今回も出店する気満々だったのですが、急遽出店お休みの決定をせばならなくなりました。

 楽しみにしていてくださった方々、すみません。

 と、いいますのも、今月末納品の生地がまったくもってのてんてこまいなのでございます。

 受注の多さは嬉しい悲鳴なのですが、僕自身の段取りの悪さを痛感しております。

 その他お約束も色々とキャンセル、延期をして頂いております。

 関係者様々のご理解には頭下がりっぱなしです。

 それでも、これからの活動の幅を広げて行く為にもとても良い経験だと感じております。

 今年の秋冬は、ひと皮ふた皮剥けた僕になれそうです。

 まったく更新されないブログも、連絡が無いのは元気な証拠〜とばかりに遠のいて、ギッタンばったん織っている訳でございます。

 あぁ、久しぶりに文を書くと、とりとめのなさ100%。

 何が言いたいのかって、ハモニカ朝市出られなくなりましたのご連絡と、寝る間は無くとも健康ですとのごあいさつと、、、、、。

 こんな僕ですが、今後ともどうぞご贔屓によろしくお願い致します。。。。。。。



 
 


d0162966_21202333.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-06-17 21:32 | お知らせ

 梅雨も始まろうとしているここ最近、ずっとお付き合いくださっているSTOFさんが
Tonofon Festival 2015」に出店すると言うことで、僕も一品つくらせて頂きました。
 この季節にぴったりな傘カバーです。
 手織りの傘カバー。
 あちらこちらで置き忘れられたり、取り間違えたりしちゃったりされちゃったりなビニール傘も、
このカバーがあればもう心配ナッシングです。

d0162966_21141080.jpg



 画像デカ過ぎてすみません。
 フェスっぽく価格もお求めやすいかと思います。
 全部一点ものでいつくかつくってます。
 どんな柄があるかは会場でお確かめくださいね。

 過去のトノフォンフェスはこちらからご覧になれますよ〜  ▶︎ ◎◎


 出店名は「スニュウとストフ」
 スニュウ(sneeuw)もユニセックスのブランドさんですよ。
 やわらかくって透き通ったデザインが気持ちいいです。

 チケットまだあるみたいです。
 12歳以下の方は保護者同伴で無料だそうです。
 雨天決行。

 6月7日(日)はトノフォンフェスへレッツゴー!
 (僕は別のお仕事で会場にはおりませぬが、、、、、)
 
[PR]
by pops-fabric | 2015-06-03 21:34 | お知らせ

 これまで自主企画で個展を行ってきました。
 そうしてたくさんの人と出会い、想いを共有する仲間ができ、期間限定ではありますが、作品をお取り扱いしてくださるお店様ともご縁が生まれました。
 展示会ばかりではなく、手織工房じょうたでの日常業務を通し、さをり織りの仲間との活動を通し、織りに、さをりに興味を持ってくださる方々と繋がり、今日まで活動を続ける事が出来ています。

 そうしてご縁は繋がり、個展のご依頼を頂きました。

 池袋にあります西武本店、7Fに全国のさをり織り作家の作品を扱うお店があります。

 そちらで今年の10月、個展をさせて頂ける運びとなりました。

 普段、僕の個展は大体2日間という短い日程で行っていますが、今回は2週間という期間を頂いております。
 どれほどの作品を発表出来るか、僕自身、未知の体験でありますが、出来る限り、想いっきり、楽しんで制作と日々に向き合う気持ちでいます。
 これまでもずっとお付き合いくださっている方々にも、新しく出会う方々にも、もちろん僕自身にも。
 きっと、刺激的な場になるでしょう。
 正直、結構、ドキドキしています。
 詳しい事はおいおいお話しさせて頂きますね。

 今日はひとまず、日程までに。


  10月14日(水)〜27日(火)

 で行います。

 在店日などは開催近くなりましたら、お知らせ致しますね。
 またはDMなどで。
 
 あれやこれやと変わりゆく日々。
 走り行く日々。
 僕自身も走っていれば、きっと景色は滲むこと無く、淀むこと無く。
 止まる景色はきっと、目の前をより明確にしてくれるです。

 見たことの無い世界へ。

 見たことの無い日常へ。

 酒寄剛史 個展
 「人生を変える服」


 お楽しみに!




d0162966_22444758.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-05-11 23:21 | お知らせ
 
 昨年、秋の事。
 田中昭夫さんの布を見に言った事。
 あの時の気持ち
 今は織り手として、一人の創り手として、とても楽しみにしています。
 
 田中昭夫さんの布を見、触れ、知る事が出来る場が開かれます。

 待ちに待ったと言うか、待ち望んだと言うか、とうとう来てしまったというか。
 ただただ、実直に正藍型染めをしてきた職人と、それを伝えなければいけない、と想い起こした人たちがいて、その想いを受け取る人たちがいて。
 
 「いいモノは、必ず伝わる」

 歩みは遅くとも、どこぞの絵描きのようにこの世にいなくなってからでなく、いや、それでも、田中さんは染めを辞めると決心してからの今だから、手遅れといったらそうかも知れませんが。
 でも、それでも、田中さんはいて、田中さんを想う人たちがいて、田中さんの仕事を尊ぶ人たちがいて。
 そのことに僕はとても、希望と未来を感じるんです。
 田中さんとは一言二言しか話した事がないですし、田中さんの事を伝えてくれた方々とも、一度しか会った事がありません。
 もちろん、腰を据えてお話させてもらったりなんかもしていません。
 でも、なんだかとっても、身近な人たちのような気がするんです。
 「仲間」というと恐れ多いですけど、とっても近しい気持がわくのです。
 大切な事をしている人がいて、そんな人がいる事を大切だと想う人がいて、その事を伝える人がいて、それ事を受け取る人がいて。
 そんな世の中が、とっても愛おしい。
 僕も、そんな世を形作る一員になりたい。
 一人の創り手として、ずっと背筋伸ばしていたい。

 田中さんの仕事に出会えて、本当によかった。

 ひとつ、思いついた事があります。
 実現出来るかどうかは分かりません。
 とても恐れ多いような気もします。
 それでも、思い浮かんだならやらんでどうする?
 と言う気持もあります。
 「創ること」に対する気持ちが強いほど、大切な事を見失ってしまうのではないかと
 怖くなる事があります。
 それでも、その先を見たい。
 と想うのは、子供の欲と同じでしょうか。
 いやはや、僕の手のひらはまだ何も掴んでいません。
 だから、なんでも形作れるはずでしょう。
 
 田中さんの布に、会いに行って、考えます。

 ご興味ある方はぜひ、お運びくださいませ。


 正藍型染師 田中昭夫の布 頒布会

 会期:5月21日(木)15:00−19:00
  22日(金)11:00−19:00
  23日(土)11:00ー18:00

 会場:DEE'S HALL
〒107−0062 東京都港区南青山3−14−11



d0162966_031849.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-05-06 17:02 | お知らせ