カテゴリ:色々紹介( 65 )

 台風の余韻も残る午前中、渋谷ヒカリエで行われたストフの初ランウェイショーを見に行ってきました。
 「VOTANICA」と銘打たれた今回のコレクションは植物がテーマ。
 毎回オリジナルの生地やパターンのカッティングが面白いと感じていましたが、ランウェイという形式ではまた見え方が違って良かったです。
 ファッションのなんたるやなどよく分かっていない僕が見ても、とても感じる、得る物の多いショーでした。
 服、スタイリングはもちろん音楽からライティング、モデル、インビテーション、来場者のみなさん、、、、
 たくさんの刺激を頂きました。
 改めて、こんなブランドさんと仕事でお付き合いさせていただけている事のありがたさを感じました。

 ちなみにこれまでのSTOFとのお仕事 

 「2011 春夏 あの小説の中で集まろう」

 ちょいちょい色々あるのですが、最近ではこんなのもやってます。
 
 「 靴とか

 「 リストバンドとか


 こうして振り返ると、なんとまた不思議な感覚。
 偶然の出逢いから繋がり、生まれたこのご縁。
 少なからず、偶然を超えた形に成長していると想えます。
 これからまた、良い製作が出来そうです。


 そしてそのあと、福岡で翔工房という織りの工房を営まれている田篭みつえさんの個展へ。
 染めからやって、手を紡ぎ、織る方。
 30年以上この業界で食べている方。
 プロとは。
 指導者とは。
 伝えることとは。
 創り手とは。
 手織をする意味とは。
 たくさんの事を、見ず知らずの僕に話してくださいました。
 穏かで、気さくで、楽しくて、真摯な想いを持つおばちゃんでした。
 (敬意と愛情を込めておばちゃんと表現させて頂きました。)
 短時間の会話でしたが、言葉の節々から創ることや人に対する深い愛情が感じられて、こーゆー人を「美しい人」って言うんだろうなーなんて思いました。

 のちのち、今以上に織りの世界にのめり込み、染めや紡ぎなんかをするようになったら、それこそ田篭さんの凄さを感じまくって、今日の書き込みはなんて失礼だったのだろうと想う日が来るかもしれませんが、それは先の話なので、今日は今日感じたことをそのまんま書いておきますですはい。
 でもね、ほんとに人柄に心打たれるものがあったから、すんなりと言葉が心に入って来たんですね。

 個展会期は20日まで。
 東京駅八重洲中央口から徒歩2~3分
 「千疋屋ギャラリー」にて

 お時間ある方、ぜひ行って、直接作品に、人に、触れてみてください。

 きっと、得られるものは大きいです。




 今日もとても充実した一日となりました。
 来年以降の製作にもぐっとアカリが灯されるような。
 日々の道のりは、確実に未来へ繋がっていることを確信させてくれるような。
 そんな一日でした。



d0162966_1222780.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2013-10-17 01:23 | 色々紹介

 とても、とても、素敵なイベントでした。
 北は北海道、南は沖縄、全国各地からたくさんの出店者さんたちと、手仕事を求めるお客さんたちがたっくさん訪れて。
 気持ちのいい空気感が会場全体を包み込んでいるようでした。

 染織はもちろん、木工、ガラス、陶磁器、金属などなど、ほかにもたくさんの方々の作品を見てきましたが、どれにも共通して言えること。
 作品はもとより、人の素晴らしさ。
 つまりはそうゆうことなんだな、と。
 これまでの僕の考えにやわらかな勇気を与えてくれるような、そんな「場」でした。

 本でも紹介されていて、「工房からの風」への出展も3度目。
 椿文香さん。
 織るものはとても規則正しく、美しく。
 一枚の布の中には、幾千もの宇宙が広がっているようでした。
 確かな技術に裏打ちされた作品からぼんやりと想像していたイメージと、実際にお話させていただいたご本人の印象が結構違くて。
 でも、そのギャップが僕の世界も宇宙まで広げてくれた気がします。
 作品とも、人とも、涙が出るほどの出逢いでした。

 
 伝えたいことは他にもあるのですが、やはり、ご自身で直接感じて頂きたいという気持ちもあります。
 お時間ある方は、ぜひ、ぜひ、会場まで足をお運びください。
 ものづくりをしている方なら、何かしら得るもののあるイベントだと確信しています。
 
 僕も、今、背中を押してもらえたような、支えてもらっているような、そんな安心感と共にいます。

 今日までのイベントですが、ぜひ。


 あ、うちの工房の先輩でもある「nomama」さんも出展しています。
 特等席に出店してて、いつもと変わらない雰囲気で、相変わらず素敵でした。
 
 昨日に引き続き、今日もお天気良さそうです。
 素晴らしい一日の、始まりはじまり~



☆「工房からの風



☆「nomama


 
d0162966_7572122.jpg







d0162966_7573172.jpg







d0162966_7573989.jpg







d0162966_7574523.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2013-10-13 08:08 | 色々紹介


 とっても、とっても、とっても、とっても、大好きなお話。
 何が好きって、れいくんと川本家の関係性とか、ひなちゃんの一本芯の通ったやさしさと強さとか、あかりさんのほんわか包み込むあたたかさとか、ももちゃんは間違いなくかわいいし、おじいちゃんの江戸っ子な感じとか、二階堂君の不器用なほどに友情一図なとことか、恋の大気圏突入な感じとか、もうですね、色んな所にいい場面やクスッと笑える所があったり、、、、、、とにかくいいんですよ~

 こんな素敵な物語を教えてくれたあの人に感謝。

 ふらりと歩いた横目に入った最新刊。
 第9巻。
 「おっ、でたのか」と思う前に手にとってレジに並んでました。
 これはもう条件反射。
 我ながらびっくり。
 前に並んでたOLさんも手にしていました。
 たまたま発売日だったのかな。
 もう4回は読み返している。

 
 羽海野さん、すごいっす。
 これからもお体に気をつけてガンバってください。
 これからも楽しみにしております。
[PR]
by pops-fabric | 2013-10-11 02:26 | 色々紹介

 とても、とても、美しい服に出逢いました。
 
 フランスで生まれた彼は、年齢にして70代~80代。

 創り手の存在がしっかりと見える。

 縫製には明確な意図があり、シルエットやサイズ感も申し分無い。

 何よりもその存在感の美しさ。

 これからあと数十年は変わらず、凛とした表情を見せてくれると思わずにはいられない。

 年を重ねるごとに、より美しくなるのでしょう。

 



 僕はこの服と出逢い、僕もこんな服を創りたい、と、ふと想いました。

 それこそ、100年先も生きる服を。

 「未来」に在る、服を。


 たった一着だけでもいい。

 
 人と共に、在る服を。






 
d0162966_149326.jpg







d0162966_1493925.jpg







d0162966_1494666.jpg







d0162966_1495338.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2013-09-01 01:52 | 色々紹介


 昨日に引き続き、今日もあることのご紹介。

 自由が丘で昨日から行われている展示会です。

 ここに足を運ぶことになったのもまた、不思議な出逢いで。 




 きっかけはこちら。

 工房のメンバーさんに薦められて行ったガラス作家さんの展示会。
 その展示会では作家さんの活動、製作を支持する方が、DM製作など作品制作以外のことを担っていました。
 僕はやっぱり、自分の興味が向かないと動きがかなり鈍るタイプなのですが、その展示会はすぐさま足を運びました。
 それは、その作家さんのDMにとても興味を惹かれたからです。
 結果、作家さんの作品はもちろんのこと、活動の方向性、色んな事に共感を覚える展示会でありました。


 展示会には二日間足を運び、二日目にはDM製作をしたご本人とも会うことができ、お話させて頂くことができました。
 作家さんとその活動を支持し、共に活動する方(僕は、プロデューサーのような役割と感じました)との関係性は、まさしく、僕が目指していたものでした。

 そのプロデューサーみたいな人が、「アカシマン」でした。


 今回ご紹介する展示会はその「アカシマン」を描きまくっている方の展示会。

 もともとは色々な画を描いていたそうなのですが、今は「アカシマン」ばっか描いているそうです。

 絵のポップさもそうですが、ご本人もとてもポップな方で、話していてとても気持ちのいい方でした。

 お時間ある方は、自由が丘まで行って直接作品見ながら、作家さんとお話してみるといいな~と。
 なぜ、彼が「アカシマン」ばかり描いているか。
 お話聞いてみたらきっと、楽しいと思いますよ。
 直接のやりとりって、やっぱし気持ちのいいもんです。
 

 昨日、今日、明日の合計三日間だけの展示となっています。

 もし興味がわいた方は、ぜひ。

 その興味は、きっと間違いじゃなくって、ちゃんと意味のあることだと想うから。



 
d0162966_902977.jpg
d0162966_903964.jpg
d0162966_904725.jpg


 

  
[PR]
by pops-fabric | 2013-08-10 09:03 | 色々紹介


 まずは今日のひとこと。

 いきます。



 










d0162966_1123081.jpg















 あー、どうでもいいなー
 まったくおもしろくないなー
 せめて書くならもーちょいとおもしろいこと書けないかなー

 と、思いつつもなんだか文字を書くことが楽しいので、飽きるまで続けてみます。
 お付き合いどうぞ、よろしくちょんまげ。


 なんてふざけていますが、今日は先日の訪問先である「le biais」をご紹介。

 と言っても、このお店。
 過去に何度か紹介させて頂いています
 器や雑貨、最近では服なども扱っているのですが、ほんとにいつ行っても心ときめいてしまいます。
 オーナー自らヨーロッパに買い付けに行き、自身で接客もされているのですが、商品を説明してくれる時の楽しそうな表情がもうたまらない。
 この人、この仕事好きなんだなーと思わずにはいられません。
 国内仕入れもされているそうですが、どこで仕入れて元はどう使われていたものか、ということもしっかり教えてくれます。
 いい物並べて売るだけではなく、その背景も伝えてくれる辺りが僕のツボにハマる理由の一つなわけです。

 自分の仕事とどう向き合うか。
 どういったスタンスで生きるか。

 大切なことを忘れないように。

 

 毎週火曜日、渋谷のとある雑居ビルの4F。
 
 ふらりと立ち寄ってみてくださいね。

 

 
d0162966_1293856.jpg







d0162966_1294918.jpg







d0162966_1295640.jpg









 

 
[PR]
by pops-fabric | 2013-06-21 01:31 | 色々紹介

 どもども。
 お休みはやすみでもちくちくじゃんじゃん、今日はミシン動かして、息抜きに包丁研いで、
 また明日から料理のし甲斐があるなーなんてつぶやきながら、ほとんどを家の中で過ごしました。

 雨というお天気もたまにはいいですね。
 水を得た日常はまたキラキラとかがやくんだろな。

 
 そうそう、先日、頼まれていたブツがようやく仕上がりました。
 そいつを納品してきました。

 吉祥寺の「ラコタ」というタイ料理のお店です。

 注文頂いたのはメニューカバー。
 お店の顔とも言える(様な気がする)備品に関わるもの。。。。
 とっても責任重大だと思ったのですが、
 「お任せします!」
 の一言で、とても楽しく、気持ち良く製作させて頂きました。
 ありがたや、ありがたや。

 最近じゃめったにひとりで呑みに行くことも無くなりましたが、ラコタはいつ行っても気持ち良く迎えてくれるので、人見知り125%な僕でもひとりで「行こっ」と思える数少ない呑み屋さんです。
 といっても、、いつもお客さんいっぱいなので、そこそこ尻ごみするんすけどね(笑)
 
 タイ料理が苦手な方でも、辛さ調節などしてくれるので楽しめるのではないでしょうか?

 吉祥寺で食事のお店に迷った時はぜひ、「ラコタ」へ行ってみてくださいね。

 「ラコタ」ブログ 

 メニューカバーも10冊分、全部違う作品に仕上げました。
 全部見るのに最低10回は通ってください!(笑)

 ではその一部をご紹介しまーすねん。

 ではでは!



 
d0162966_22515864.jpg







d0162966_225276.jpg







d0162966_22521592.jpg








 
[PR]
by pops-fabric | 2013-05-20 22:54 | 色々紹介

 「信じる」ということは、

 「信じる」と決めた自分を「疑わない」こと。


 

 なのかなー、なんておもいました。

 

 いや、なんとなくなんですけどねー。
 「信じる」対象はその時々で変わるけど、「信じている」自分は変わらないから
 

 対象に求めるのではなく、自分を律する。。。。。。


 おぉ、「信じる」って言葉は外へ向けて使う言葉ではなく、内への言葉なのかもしれない。

 今、書いてて想いました。





 さて、そんなこんなで今日は火曜日でした。


 今日もle biais(ル ビエ)に行ってきました。


 これはもう、行ってください。

 ディスプレイを、展示を見に行ってください。(もちろん、気に入るものがあったら、お買い上げください)

 感覚、ビシバシ刺激されます。
 
 いつも、お店へ行くのが楽しみです。

 そして、しっかりいい物があるのです。

 今日は古い商品タグを購入。

 たまらんです。

 画像載せたい所ですが、なんだかPCの調子が悪く載せられません。

 ぜひ、来週火曜日、足を運んでみてください!。

 そうして、空間と合わせて、商品の、場の空気感を感じてみてください。

 おススメです。






 
 
[PR]
by pops-fabric | 2013-02-20 02:51 | 色々紹介
今年は絶対MOROHAを観ようと思っていました。

そうして早速その機会に恵まれ、昨日はライブに行ってきました。

「ライブに来い!ライブに来い!」と唄う彼らの熱はどれほどのものなのか。
期待に胸ふくらませて、行ってきました。

そうして観たライブは、期待以上の、予想以上のものでした。
「俺はこうだよ。あなたはどうだい?」
と問いかけてくるようなメッセージの数々。
安定感のあるパフォーマンス。
溢れ出る感情は押さえなくていいんだって、想いました。

CDも何度も何度も聴いて、胸打たれて。
ライブで聴いた曲はほとんどが知らない曲で。
でも、明確な言葉は確実に僕の胸に沁み込んで来て。

「俺、CD持ってるけどもう一枚買うよ」って、友人に言って、
そしたら
「俺も買うよ」って言って。

それは空気に流されてとか、ノリで、とかというより、そのことも含めてのライブなんだと思います。


「ステージにいる時にカッコつけるのは簡単で、降りた時にカッコつけるのって難しいんすよっ!」

って言ってたMCのアフロくんと物販で話しました。
めちゃくちゃカッコ良かったです。

ライブ中はギターを一心に弾いていたGtのUKくんと、帰り際に話しました。
めちゃくちゃ気さくないいやつでした。


結局、表現とは「人」なんだと想います。

もちろん、いい時、悪い時、色々あります。
そんな当たり前を受け入れて、自分でいれればいいんじゃないでしょうか。

また、ライブに行こうと想います。



d0162966_1010336.jpg








d0162966_10101497.jpg








d0162966_10102225.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2013-02-08 10:12 | 色々紹介
またふらりと行ってきました。


今まで3回ほど伺っていますが、毎回空間が違います。


「しっかり」という表現が適正かどうか分かりませんが、空間の使い方が素晴らしいんですよー。


いわゆる「展示」を感じさせてくれます。(もちろん売っています。)


セレクトした本人が、直接商品陳列し、説明をしてくれる。


当たり前のようなことですが、大切なことだと想います。


いつも刺激的。

行くことが楽しみな空間。

お店。


毎週火曜日、渋谷のNOVOREで。

自信をもってお勧めしたいです。

ぜひ、一度行ってみてくださいね。



d0162966_4275058.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2013-02-01 04:43 | 色々紹介