カテゴリ:色々紹介( 65 )


つくば出身ながら一度も行ったことのなかった「つくばスローマーケット」。
今年は行きたいなーと思いつつの、念願叶って行ってきました。



d0162966_893273.jpg




クラフトの方々が出店されているなかで、フードがあったり、バンドのライブがあったり。
陶器や木工、布ものの方が多い中で、ひときわ眼を引いたのが「つくばほうき」と「あけび籠」です。

ご家族でやってらっしゃり、おじいちゃんがほうきをつくって、おばあちゃんが装飾を施して、息子さんが色々説明してくれて。
家内制手工業ってゆーんでしょうか。
すげーいいよねこうゆうの。
ってニヤニヤしながら見てました。
おじいちゃんの手がめっちゃくちゃ早く動くんですもの。
急いでいる訳ではなく、てきぱきとした手の動き。
美しいなーって思いました。
ほうきの原料になる、ほうきもろこしを育てることからしているらしくって。
僕も、本格的に手紡ぎやりたくなったら、やっぱり羊も飼わなきゃなーて決めました。
へへへ。

そうしてあけび籠、についてはのちほど。




「つくバンド」

d0162966_89674.jpg



つくばで西アフリカのリズムを叩いているんですって。
踊り手さんもいて。
タイコのリズムは、きっと人間の根源につながる何かがあるんでしょうね〜
自然と身体が揺れてくるし、ニヤニヤしてきちゃう。
なによりプレイヤーたちがいちばんニヤニヤ、いや、失礼、ニコニコしているんだもの。
最初は遠巻きに見ていたお客さんたちも、次第にステージに集まってきて、とってもとってもいい空気でした。

ニヤニヤしながらふらふらしていると、あら、なんだか見たことある人がいるぞ。
あれあれ?

ちょっと前に行った、世田谷ものつくり学校で行われていたイベント「ennas」(エンナス)に出演していた「Freedam Smaile」さんでした。

d0162966_883963.jpg



エンナスの時には言葉は交わしていなかったのですが、まさかつくばで会うとは!
まさか出演者だとは!
まさかつくば出身だったとは!とまではいきませんでしたが、、、・(九州の方だそうです。)

不思議なご縁だなーと勝手にテンション上がって、ステージ前にも関わらず、馴れ馴れしく話しかけてしまいました。
「Freedam Smaile」兄さん、今回つくばスローマーケットでは5回目の出演になるそうで、マーケットのテーマソングも手がけていたりしています。
つくばについて、ゆるーくアツく?語ってくれて、それがとても嬉しかったな。


つくばに来るたんびに、つくばの魅力を再認識します。
しかも、それを教えてくれるのは、決まってつくばの外から来た方々でした。
それぞれに、つくばに縁を感じ、ことあるごとに足を運び、人によっては暮らしを移してまでいるってこと。
けっこうすごいことだよなーと思います。
そうして、僕はそのつくばで生まれ育ったんだよな、って改めて想います。



そんな形の無い想いを感じる中で、しかしながらモノの力、存在する力、を感じさせてくれるモノと出逢ってしまいました。
冒頭に触れた、あけび籠です。
イベント初日でほとんど無くなってしまったそうで、僕が目にすることが出来たのは6点ほどだったのですが、それでも眼を、心奪われ、これは連れて帰らない訳には行かないぞと。
こいつと一緒にいたいぞ、と。
制作者の方ともお話しさせていただき、これまた、興味深い時間となりました。

つくばにこんな人がいる。
しかもそこそこご年配。
若い僕らと、昔ながらの知恵と技術をもった方々と。

色々と、あれやこれやと、想いを廻らす一日となりました。






d0162966_881723.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-10-14 09:35 | 色々紹介
 飯能のUne bagleさんが主催するテゴコロ市二行ってきました。
 友人が出店(りくる食堂)するということもあり、初めての土地へ。

 しかし、とてもとても気持ちのいい場所でした。
 近くには澄んだ川が流れ、河原で遊ぶ子供たちもがいて。
 イベントでもまず眼に飛び込んできたのはこども、子供、コドモ!こどもたちでした。
 大人より子供がたくさんいて、会場を駆け回っている。
 junnosさんがうたっている。
 途中、4歳の娘ちゃんが飛び入り参加したりして。
 美味しいごはんに、美味しい空気に、気持ちのいいうたに、やわらかな人。
 たっくさんの子供たち。
 すぐに、来て良かった!って感じました。

 また来たい場所が増えました。
 誘ってくれたけいた、ありがとう。
 

※junnosさんはキャンピングカーで奥さん子供2人と全国を回っている唄うたいです。
 とてもいいうたをうたう方です。どこかで名前を聞くことがあったら、ぜひ、歌を聴きに行ってみてください。これから冬は西から南の地域に行くそうですよ。



d0162966_220673.jpg






d0162966_2159051.jpg






d0162966_2158623.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-09-24 21:57 | 色々紹介

毎月出店を心がけている第三日曜日のハモニカ朝市。
9月もバッチリ出店してきました。(といっても8月はお休みしてしまいましたが、、、、)
わざわざ千葉から来てくださった方もいて、しかもお話しすると
「渋谷の展示会にも行ったんですよ〜」
とのことで、まったく覚えていない僕のていたらくを露呈したにもかかわらず新作のコットンマフラーをお買い上げ頂き、もうあなたのことは絶対忘れません!的な状況になりましたありがとうございます。
Sさん、次回の展示会もお楽しみにどうぞ宜しくお願い致します。


そしてそして、今回は珍しく朝市出店者メンバーの紹介をしてみます。

「いのうえのスパイス屋」さん。

ん〜、ルックスからしていいですね。

つい最近までタンザニアに半年くらい単独で行っていたという井上さん。
そこでスパイスに目覚めてしまったと言う井上さん。

いいですね。

今回はカシアのシナモンを頂きましたが、これがすごいのなんの。
シナモンを一握り、お湯で煮出して一晩おくだけで、ほんのりあま〜いシナモン白湯の出来上がり。
これ、ほんとおいしいです。
びっくりします。
見た目荒々しいシナモンなのに、すんごいやわらかいあまみで、にんまりしちゃいます。

いのうえのスパイス屋通信、「裸足でスパイス」もおすすめ。
朝市で会うとくれます。
面白いです。


次回のハモニカ朝市は10月18日(日)!

みんな、井上さんに会いに、早起きしてハモニカ朝市に行ってみよ〜う!

ちゃんちゃん♪



d0162966_2140255.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-09-23 21:57 | 色々紹介

 
 いろーんな人がいて、いろーんな価値観があって、いろーんな生き方がある。


 人に会えば会うほど、動けば動くほど、世界は広がって、身近になる。


 そんな当たり前をまた感じることができました。


 下北沢の古着屋でバイトしていた頃から見かけていた力丸さん。


 先日、とうとう接触を試みることができました。


 その風貌とはまったく逆?の物腰やわらかな人柄で、御馴染みの漫読にも僕はすっかり魅き込まれてしまいました。


 詳しいことは話しますまい。


 下北沢の駅前や、週末の井の頭公園で漫読しておられます。


 みなさん、勇気をもって(笑)話しかけてみてください。


 そして、漫画、読んでもらってみてください。


 きっと楽しいと思いますよ。




d0162966_19571384.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-09-17 22:30 | 色々紹介

とても面白いイベントに行ってきました。
麹町の取り壊しの決まったビル一棟借り切ってのアート展示会。

BCTION

です。

ストリートアート(というジャンルがあるかは分かりませんが)ですかね。

久しぶりに心揺さぶられる展示会でした。

ACTIONの次のBCTION、という言葉も素晴らしかったです。

15日まで。

入場料無料です。

タイミング会った方はぜひ、行ってみてください。

画像はごくごく、一部です。










d0162966_1103293.jpg




d0162966_1115950.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-09-14 01:24 | 色々紹介
「伝えたいことはただひとつ。

この4文字だけ。

がんばれ!がんばれ!がんばれ!

笑われたっていい!うまくできなくたっていい!

がんばれ!がんばれ!がんばれ!」


暴力的なほど全身で叫ぶ彼は
まるで自分に言い聞かせるように
僕らの背中を押すように
支えるように
そうすることでより、踏ん張ろうとするかのように。

外に放つ言葉は
やっぱりきっと
自分の為の言葉で。


僕は、本当に本当に
彼らの表現に心打たれたから
去年の夏の展示会、声をかけました。
「あなたたちのステージに心打たれたから
僕のステージも見て欲しいんだ。
唄は歌わないけど、展示会が僕のステージなんです。」

そして、展示会で再会し、ゆっくりじっくり見てくれて。
色々質問もしてくれて。
最後に一言。
「俺らが伝えたいと思っている人に、伝えることができました。」

その時はなんだかとても嬉しくって、
不意な出来事も重なって
目頭がぐーーっと熱くなってしまいました。


今回のライブは2ndアルバムのリリースツアーファイナル。
だからといって、終わりじゃない。
ここから始めに来たんだ。

台本も何も無い、心の奥底からの言葉は
いっつも僕の心を鷲掴みにする。

個人的でいいんだよ。
本当の気持ちは伝わる。
絶対、伝わる。

だから、本気な人間は、本気の人間と共に表現をするべきなんだ。

自分自身に本気なら、真剣なら。
そこは譲っちゃいけない。

恥ずかしがらなくっていい。
不安なんかいらない。
あなたのままで行け。

そう。

「自分自身をがんばる。」

それさえ出来れば、もう何も怖くない。



MOROHAという存在は、
勇気であり、希望であり、日常です。

ジャンルを超えた、MOROHAという生き方。

僕はそう感じています。


あなたの暮らしのどこかに
ほんの少しでもMOROHAがいるとするなら
こんなに嬉しいことは無いよ。

だってそれは、
僕とあなたが「仲間」だっていう印のひとつになるんだから。


MOROHA official web site


d0162966_25734.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-03-08 03:03 | 色々紹介

歯を食いしばりながら、泣いてはいけない、泣いちゃダメだ、って想いながら観ました。
それでも溢れ出てくるものは、どうしようもない、やるせない想いからでした。

沖縄と基地の問題。

ずーっと言われていること。
そして、誰もが耳にしたことはあるであろうこと。
でも、遠く離れた島国でのようなこと。

そんな意識が根底にあるから、この問題はずっと続いて来たのだと思います。
続いて来てしまったのだと思います。

「オスプレイ反対!」
「基地はいらない!」

抵抗する人は、みんな、抵抗したくてしているんじゃない。
ただ、穏やかに暮らしたいだけで。
でも、そんなささやかな願いも叶わない状況になるんなら、声を上げるしか無い。
立ち上がらざるを得ない。
そうやって続いて来てしまったのだと思います。

オスプレイ配備が決まって真っ先に基地の入り口に座り込み、抵抗したのは、悲惨な沖縄戦や復帰後の苦しい経験をした世代の方々でした。
反対の意を表し、説明を求め、でも、防衛局からくる答えはまったく納得できるものではなく。
どうあっても進んでしまう話を止めるにはもう、実力行使しか無い。
なんて悲しい選択でしょう。
でも、それほどに「日常が変わってしまう」事柄だから。
自分たちの苦しみを次の世代に残したくないから。
役所の方々は仕事の任務かもしれない。
でも、暮らす、暮らして行く人々にとっては歴史的な任務なんだ。

これはもはや、いや、すでにそうであったはずなのだけれど。
他人事じゃない。
ようやく、我が事とすることができました。

僕にも田舎があります。
じいちゃん、ばあちゃんが耕し、今は母が耕す畑があります。
土地があります。
家があります。
人がいます。

想像すれば、すぐ分かる。
この映画から伝わる状況がどういうことなのかって。

僕に出来ることを探しながら、ひとつずつ、して行こうと思います。



意識がなくとも、興味さえあれば。
興味を持ってもらえたら。
まずは知ることから。

「標的の村」
ポレポレ東中野にて、3月7日まで。
JR東中野駅から徒歩一分、線路沿いのビル地下2Fにある映画館で上映されています。

詳しくはこちらからどうぞ。
[PR]
by pops-fabric | 2014-02-25 10:42 | 色々紹介
 実は個展のほかにも来週頭から、様々な展示会に参加しますのです。

 今日は久しぶりに髪も切って、無事、備品の打ち合わせも済んで、あとは細かいとこ詰めつつ、ラストスパートの製作をするのみです。


 いきなり冬が来たような気候ですが、みなさんも体調崩さないようにしてくださいね。
 はやくも僕は鼻がつまってます、、、、、。



 ということで、展示会情報です。


 ・11月20日(水)-25日(月)

  手織工房じょうたのスタッフ展「今日も自由に織る展」(キチジョウジギャラリーにて)

   スタッフ4人の合同作品展です。
   それぞれの個性的な作品もありつつ、4人で同じ仕立てをし、織り地の違いで見え方が全く変わるさをりの仕立ての面白さも見て頂こうと思います。


 ・11月21日(木)―24日(日)

  吉祥寺工房のみんなの作品展(手織工房じょうた 吉祥寺工房にて)
 
   今回で第7回目のみんなの作品展。
   日々、工房で織りをしているメンバーさんの作品と共に展示されます。
   いつもは織り機と糸が並ぶ工房が展示会場です。
   
   
 ・11月21日(木)-26(火)

  銀粘土細工の輪花梨さんとの共同展示会。吉祥寺ものづくり工房展(吉祥寺第一ホテル1階のギャラリーKにて)

   4月にも行った合同展の好評をうけてのコラボレーション展。
   シルバーアクセサリーとコートやジャケットなど、ボリュームのある作品が並びます。
   僕はコートを出品します。


・11月22日(金)23日(土)

   とうとう僕の個展

 
  全日程丸かぶりなので、もちろん全部違う作品が並びます。
  どぞ、みなさま、吉祥寺の街をぐるぐるとお散歩がてら、歩きに来てくださいませませ!


  

d0162966_23455346.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2013-11-13 23:47 | 色々紹介

よくオトノハ朝市でご一緒するパウンドケーキの「HOME」さんが「circus」(サーカス)と屋号を改め、国立にオープンしました。

というのは先月?のことだったそう。
そいで、オトノハ朝市でご案内をいただきまして、早速行ってきました。
吉祥寺から、自転車で45分位でしょうか。


外観からして雰囲気を感じさせますが、店内はどこからともなく感じる違和感にも似たおもしろさのある内装。
でも、決して外れているわけではなく、これが彼女のセンスなんだなーと感じさせるバランス。

おもろかったです。

また、美味しかったです。

論より証拠。画像は行ってからのお楽しみ!
と思ってたのですが、器もご飯も、ステキに美味しかったので載せてしまいます。

ご興味ある方はぜひ、足を運んでみてください。

そして、ぜひ、ご自身で感じてみてくださいね。




外観
d0162966_6364396.jpg





コースターが葉っぱでビビる。
d0162966_6364630.jpg




小鉢は「春菊と柿のバルサミコ和え」
良く分からんけどオシャレな組み合わせでビビる。
d0162966_6364881.jpg





茹で鶏のせご飯。
箸置きがカニでビビる。
d0162966_6365062.jpg




駅から徒歩5分くらいでしょうか。
ステキ女子がひとりで切り盛りするお店です。
ゆっくり、のんびり行ってみてくださいね。



d0162966_639467.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2013-10-29 06:35 | 色々紹介
 今年の個展への出品作にもyagateのボタンを使いたくって、使いたくって。

 大住さんの彫ったボタンが使いたくって。

 届いた包みから現れた直径2cmに満たないそれらは、とても穏かで清い空気を纏っていました。

 100年後も在る服を創りたいと、想いを込めて織り、製作した作品に使用します。

 またひとつ、想いが形になりました。


 
 
d0162966_22533870.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2013-10-28 19:00 | 色々紹介