カテゴリ:色々紹介( 65 )

嬉しいことがたくさんあって

嬉しいことがたっくさんあった朝市でした

新年明けて初めての朝市
例年で言えばやはり寒さのせいか人出少ない印象ですが
今回も出だし落ち着き、あれよあれよ、今日はのんびりかなーといった様子

それでも日が昇り始め気温も上昇
人出も増えつつ、賑わいつつ

いつもながらの仲間たちと
いつもの場所で

普段は挨拶だけの方々も今回は少し違って

「独立するんだって?!」
「帰っちゃうの?」
「寂しくなるね・・・」

普段これといってお話をしていない方からも暖かい言葉をいただきました
なんだかとっても不思議な気持ちで
でもとってもやさしくって
人の繋がりとはこういうものなのかもしれないなーと感じました

あまり話したことがなくとも
数える程度のやり取りでも
いつも僕らはそこにいて
その人の表情や言葉遣いや立ち居振る舞いを知っている
間接的にでもその人を感じている

それだけで僕たちは、その人という存在を認識しているんですね

ほんとに、「あれ、どこで聞いたの?」という方もお声がけくださって
昨今発達したSNSであろうかと思っていたら
知人の口伝えだったりして

そうして、いつもの方々と
お久しぶりの方と
ゆっくりじっくりお話させてもらって
ありがたい気持ちと嬉しい気持ちと楽しい気持ちと

何気ない会話のやりとりが
なんと楽しいことでしょう

とっても幸せな時間でした

「いつも無礼をごめんなさいね」
と、カメラ片手に毎回写真を撮るおじいさん
たまに朝市で写真を展示しておられます

今回はちょうど去年の今頃あたりの写真を展示していて
偶然僕の写真もありました

時間はいつもあっという間だ

それは充実した時間を過ごしているという

確かな証なのでしょうね

とてもとても幸せな時間でした



出会ってくれたあなたよ

ほんとうにありがとう


次回のハモニカ朝市は2月20日(日)

僕が参加するのもあと2回

あの場所で

あの市で

また、会いたいと想っています






d0162966_2240447.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2016-01-17 23:22 | 色々紹介

 服を創る者として、知りたいことはたくさんあります
 知っていなくてはいけないであろうことも、たくさんあるのだと思っています

 そのことに気が付けるか、気を向けることができるかどうか

 それはファッションに限ったことではなく
 あらゆる物事について、同じことが言えるのではないかと

 僕は、歓びの循環によって成り立つ経済を目指します

 そのために何ができるのが

 何をするべきなのか

 僕はこれまでたくさんのものを、想いを与えられてきたから

 頂いてきたから

 僕も与えられる人になりたい

 ならなくっちゃいけない


 2015年
 多くの出会いに恵まれ、たくさんの新しいことに挑戦することができました
 そして、次にも進める状況を頂きました
 感謝を言葉にしても足りないくらいの想いです
 それでも想いを伝えることを忘れず
 僕なりの精一杯を超えるやり方を探しながら
 新たな活動という形で示していきます

 2016年も
 おもしろいお知らせができそうです
 あなたとも共有していけたらいいな

 どうぞ、お楽しみにしていてくださいね

 それではそれでは行く年来る年

 食べ過ぎ飲み過ぎ気をつけましょう

 でも、それも今はいいですよね

 少し気を緩めて、楽しい気持ちを大切な人たちと共に。


 
 


d0162966_18521573.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-12-31 19:11 | 色々紹介

「種のことをちゃんとする。そうすればその枝葉のことがどうあっても大丈夫なのではないか」

 とても、とても根源的なことを感じる場でありました。
 男たちのタネ会議なるものも聴講してきました。
 僕も、凛とした姿勢でいたい。
 挑戦することを忘れずにいたい。
 早く出る結果を求めずにいたい。
 時間がかかることをちゃんとしていきたい。
 気づくことのできる自分でいたい。
 
 いろんな、いろんなことを感じ、見つめ直しました。
 そうして僕はこれからも、創り出す、生み出す人間でありたいと強く想いました。
 大切なことを大切にしたまま。
 忘れないように。
 慣れることのないように。 

d0162966_23204698.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-12-07 00:00 | 色々紹介

 とっても楽しい展示に行きました。
 ここ最近は織り仲間の展示会によく行っていましたが、それとはまた一味違った感覚で。
 織りでの表現ではありますが、表現としての織りであって、実用としての織りではない。
 アートとしての織り。
 昨年も行われた個展に足を運びました。
 僕はもともとアートに対して「よくわからないもの」といった印象を持っていたのですが、彼女の表現に触れて、アートは「楽しいもの」という一面を知ることができました。
 そして、織ることの可能性を感じさせてもらいました。
 今回の個展もまた同じく。
 
 表現をするって楽しい!
 それを共有するってもっと楽しい!

 大袈裟ではない喜びがたっくさん詰まっているようで、僕もとっても嬉しい気持ちになりました。
  
 会期は15日(日)まで。
 詳しくはコチラからご覧くださいね。

 ご興味ある方はぜひ、是非に。


d0162966_22221094.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-11-11 22:33 | 色々紹介

 今年の個展でも大住さんのボタンを使うことができる。

 大住さんの仕事と共に、ものづくりができる。

 いつも、いつもありがとう

 お互いに目指す場所へ

 辿り着くべき場所へ行きましょう


 大住さんは⒈0月17日18日に「工房からの風」へ出展されます。
 新たな試みと共に。
 ぜひ、彼の仕事に触れにお出かけくださいませ。
 

d0162966_2334337.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-09-10 20:36 | 色々紹介
知る人ぞ知る、のか、そうでないのか

数年前にとあるお店でDMを見かけ、頭の片隅にありました。
初の写真集の題名は、ずっしりと軽やかに、心に刺さる名前でした。

 「PUNK」


 自分の価値観に正直であること

 自分で決めるということ


 朝から晩まで針と糸を持っているそうです。

 でもそれは決してストイックなわけではなく、呼吸と同じくらいの営みなのだと感じました。


 
 やりたいことをやるには、何かを失うこともあるんだよ。
 全部手に入れるなんて無理だからね。


 いつもどこからか聞こえてくるこんな声
 僕らの手と心をカチンコチンにしたがるこんな声
 だけど、だけど、そんなことない

 少なくとも、沖さんはそんなことなかった。
 ただ、ただ、選んだだけなんだと思うのです。

 沖さんは何も捨てていない。
 他のいろいろなことを捨てても刺繍と向き合いたかったとかそんなでなく
 ただ、やりたいという気持ちに正直に、自分に逆らわず、そのことを選んだのだと感じました。

 
 そうなんです。
 やりたいことをやるために何かを失うなんて、そんなことなかったんです。
 捨てることも、手放すこともしなくてよかったんです。
 ただ、本当にやりたいことを自分で選んで、自分で決めて、自分でやればよかったんです。
 

 また、目の前の景色がにじんできました。

 
 さ、僕も手を動かします。

  


 
d0162966_135975.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-08-03 14:12 | 色々紹介
 作品によく使うボタンです。

 ベジタブルアイボリー。
 タグアという南米で取れる椰子の種子で作られているのだそう。

 よく行くビンテージショップで見つけました。
 過去の服から頂いたそれは、1930年代〜40年代以前のものと聞きます。

 ボタンの裏側の模様がまた美しい。

 中園晋作さんの器を思い出しました。

 




d0162966_1432244.jpg








d0162966_14322762.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-07-31 18:00 | 色々紹介

 工房近くのたい焼き屋さん「そら」

 夏季のみ、天然氷のカキ氷やさんになっています。

 たくさん頬張ってもあたま、キーンとなりません。

 これも自然のものだからでしょうか。

 とても、とてーも、おいしい氷。

 ハモニカ朝市仲間の「ともぞう本舗」営業部長さんがご自身のブログで丁寧にご紹介されています。
 
 詳しくはそちらをご覧ください。

 人任せの紹介でなんともかんとも、、、、。

 しかし、天然氷のカキ氷、おいしい!


d0162966_14424611.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-07-31 18:00 | 色々紹介

 青山スパイラルでの、「ミナカケル」へ。

 会場全体が、とても幸せな、清らかな空気に満ちていて

 「たいせつなもの、こと」が形になって目の前に現れた展示でした。

 カシャカシャ、カシャカシャと、シャッターの音が少し気になったけど

 音の数だけ伝えたい人がいるのだと想えば

 それもまた悪くありませんでした。

 ゆっくり、ゆっくり時間をとって、また行きたい場所です。

 会期は6月7日(日)まで。

 ものをつくることが好きな方は、わざわざにでも、行かれるとよいかと思います。

 僕にとっては、泣けてしまうくらいの場所でした。

 皆川さん、ありがとうございます。

 ミナペルホネンに関わるみなさん、ありがとうございます。

 「本当のこと」

 またひとつ、見つけました。


 僕も、手と心を動かし続けます。



  

d0162966_1621334.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-05-28 20:57 | 色々紹介

 久しぶりに渋谷novoreへ。

 火曜日はle biais(ルビエ)の日。

 買い付けから帰って来たばかりと言うそのセレクト。
 まだ荷物は全部届いていないそうですが。
 
 扉を開けた瞬間に、なだれ込むこの感覚。
 たまらんです。
 ルビエ店主のセレクトは、僕の好みにドンズバで。
 僕の薄くなった物欲をいつもビシバシ刺激してくれます。
 器好き、古物好きな方は是非。
 
 もう、言葉はいらないっす。



d0162966_23342089.jpg






d0162966_23341190.jpg






d0162966_23335475.jpg






d0162966_2333438.jpg






d0162966_23332615.jpg






d0162966_2333523.jpg





d0162966_233225100.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-04-14 23:41 | 色々紹介