2013年 03月 24日 ( 2 )


 僕は、どれだけ人の痛みや悲しみや苦しみや辛さや、もどかしさや、やるせない気持ちを
 どこにもやり場のない気持ちを、分かれるんだろ。

 分かろうとすることができるんだろう。

 人と人は違うから、どんなに分かり合おうとしたって

 やっぱり他人だから

 違う。

 血を分けた肉親でさえ、違う。

 違う人間。

 違う生き物。


 切っても切れない繋がりがあっても

 どれだけ分かり合えるかは分からない。

 でも、だからこそ。

 だからこそ、分かりあいたい。

 出来ること全部して、分かりあいたい。

 分かり合えていると、想いたい。

 
 
 
 先日手術をした母の症状が再発しました。
 もともと一度じゃ治らないとお医者にも言われていたそうです。
 二回やって治るのがほとんどだからねって。
 分かっていたとは思います。
 ただ、その現実。
 どうしようもない現実。



 うちのかーちゃんは、ほんと太陽みたいな人なんです。
 嫌味がなくって、あっけらかんで。
 大きくって、優しくって。
 話がかみ合わないことなんてたくさんあるけど、とても誠実に生きてきた人なんです。

 だからこそ、この状況がほんとに辛いし悔しいだろうなって、想います。
 それでも、電話越しに聞こえるかーちゃんの声は笑っていました。
 そして、少し潤んでいました。

 
 この声を、出来るだけ永く聞いていたい。
 忘れられないくらい、焼き付けたい。


 めまぐるしい日々に言い訳はしない。
 大切なものをちゃんと、大切に。
 伝わるかどうかなんてわからない。
 でも、出来る限りで伝えたい。

 
 どうしようもなく分かりあえないかもしれない。
 分かった気になることしかできないかもしれない。
 でも、それでも、分かり合えると想っているよ。  
 分かろうと、分かりたいと想っているから、大丈夫。
 もう、眼を逸らさないし、瞑らない。
 
 目の前のことを、その物事を、ちゃんと見るってずっと前に決めたんだ。

 できれば近くで見ていて欲しい。

 その先を。

 未来に続く、その先を。
[PR]


 もっともっと創りたい。

 布の形を超えて、生まれ変わるその先が見たい。

 満足なんてできないぜ。

 なんでだろーか。

 手が動きたがる。

 たまらない気持ちだ。

 理想のその先へ。



 
d0162966_1471552.jpg








d0162966_147255.jpg

 
[PR]