2012年 05月 31日 ( 1 )



 大切な人にごはんをつくってあげるってのは
 大切な愛情表現だと思います。

 いや、それを僕がしているからとかどうこうって話ではなくてですね、大切な人とゆーのは恋人以外にも、
 もちろん家族や、友人、志を共にする仲間、お世話になった諸先輩、たくさんたくさんいるわけですよ。
 
 それは、つくってあげるって表現しましたけど、つくってあげたいであり、もっと単純な、つくりたいって気持ち。

 「食べる」ってことは生きて行く上で必要不可欠です。
 その、「生きる」ことと直結する行為に僕が参加すること。
 大切な人が生きる為の行為に僕が参加できるってこと。
 それが、ごはんをつくるってこと。

 うん。
 今、書いててそう想いました。

 大切な人のためにごはんをつくるってこと。
 
 それは、その人の一部にさえなれるような気がする。

 不思議な感じだ。

 でもね、そんな気がします。

 

 僕の大切な人は、よく寝ます。

 ほんとーによく寝ます。

 あまりに寝過ぎだから、最近ちょっといじわるしたりします。

 でもね、今度はちゃんとこうしよう。

 「ごはんできたよー!」って言って

 起こしてあげよう。

 

 
[PR]