2012年 04月 15日 ( 1 )


 とあるブランドの展示会に行ってきました。

 そこで扱われる服たちは、手紡ぎ、手染め、手織りの布で一人の制作者が仕立てを最後までしているとのこと。
 知人の紹介で見に行ったのですが、また良い経験と出逢いに恵まれました。
 試着も色々させて頂きました。
 見るだけじゃ分からないものなのです。
 直に袖を通してみることで、服たちの気持ちを感じることができる。
 そして、出来ることなら長年を共にしたい。
 そうしたら、本当の良さ、面白さがわかるんでしょうね。

 うん。

 また、ゆっくりお話しましょうね。
[PR]
by pops-fabric | 2012-04-15 02:36 | 日常のこと