2012年 01月 28日 ( 1 )


 前回の手創り市やハモニカ朝市で好評だった指輪なのですが、お買い上げいただいたお客様から本日ご連絡をいただきました。
 内容は、使っていたら指輪の縫い目がほつれてしまったので治してほしいとのこと。
 もし他のお客様でも、同じくほつれてしまったり、不都合が起きてしまった場合はご連絡いただければ内容に準じた対応をさせていただきます。
 ぜひ、ご連絡を頂きたいと思います。


 今回のお客様も大変丁寧な内容のお手紙を添えて修理を依頼してくださったのですが、皆さまお気遣いなく、ご意見ご依頼頂ければと思います。
 どんな内容でも、今後の僕の創作に対する貴重な財産になると考えております。
 
 

 また、この機会に僕の織るさをり織り生地についてお伝えしておきたいと思います。
 
 さをり織りでは「機械と人間の違いを考えよう」
          「思い切って冒険しよう」
          「キラリと輝く眼を持とう」
          「グループのみんなで学ぼう」

 というスローガンがあるのですが、その中でも一番目の「機械と人間の違いを考えよう」というところから、僕の織りは均一、均質でないことがほとんどであります。
 一般的に眼にする「布」の様な組織の密度が高い織りをすることもほとんどありません。
 そのため、機械織りの布に比べると「強度」の点ではどうしても劣ってくる部分があります。
 それでも手織りをすることによって生まれる風合いの優しさ、柔らかさ、おもしろさは、十二分に魅力的だと思い創作を続けております。
 お客様にもこの点をご理解頂ければ大変嬉しいです。
 
 もちろん、だからと言っていつの間にかすぐにほつれたり穴があいたりするのもしょうがないという考えもありません。
 僕の作品について、気になることがありましたら、ぜひご連絡いただければと思います。




 以上、簡単ではありますが、今後ともよろしくお願い致します。


 
  
[PR]
by pops-fabric | 2012-01-28 05:32 | お知らせ