2011年 03月 18日 ( 1 )


 とてもお世話になっている人のお腹が、気付いたらずいぶんふくらんでいました。
 今までひとりの人だったその人が、今はふたりなんだなぁと想いました。






 ここ一カ月の間、人の生き死にがとても身近にありました。

 新しい命を宿した人。
 新しい命を誕生させた人。
 生まれるはずの命を亡くしてしまった人。
 
 自分の意思で亡くした命もあれば
 やむにやまれぬ理由があったり
 自分ではどうすることもできないことにあったり
 運命という言葉だけでは片づけられないほど
 そこには深い、深い、人間の想いがあることを目にしました。


 僕はまだまだ想像の域を超えなくて
 気持ちが分かるなんて言えないけど
 でも
 命が関わる話題に触れる度
 嬉しくなったり
 悲しくなったり
 苦しくなったり
 こころがすごく揺れ動くのを感じます。


 いつ何が起こっても
 ちゃんと眼の前でそいつと向き合えるように
 準備だけはしっかりとしておこうと思います。



 
 今日は今まで仕立てた服たちのハギレを集めてポストカードのネタをつくりました。
 消しゴムでハンコをつくりました。
 織り上げたストールの仕上げをしました。
 あさりのしょうが醤油パスタをつくりました。
 一昨日つくったきんぴらごぼうを食べました。
 少しだけ部屋を掃除しました。
 田舎にいる家族のことを考えました。
 今もどこかで頑張っている方々のことを考えました。
 ちゃんとお腹いっぱいご飯が食べられることに感謝しました。
 そして少しだけ後ろめたい気持ちになりました。
 




 自分に出来ることをちゃんとやるのだと
 自分自信に誠実に生きるのだと
 また同じことを思いました。



 
 
[PR]
by pops-fabric | 2011-03-18 00:30 | 日常のこと