2011年 03月 14日 ( 1 )


 世の中がこんな状況になっているのに、こんな顔も見えない場所で何を言ったってしょーもないんじゃないか。
 何も言えるわけがないと思っていました。
 今までどうりに作品をアップすることすら不謹慎で、かといってこの災害に対して、何かご立派なことも言えるわけなんてあるはずもなくて、どうしたらいいか分からないままここ数日を過ごしました。

 そうした先に出た答え。
 それはやっぱり当たり前の事でした。


 僕に出来ることをちゃんとやる。

 
 ただそれだけでした。
 
 こんな状況で機織りなんてする気にもなりません。
 まったく気分は乗りません。
 でもでも、だからこそ織る必要があるのかもしれないとも思います。
 仕立てをする必要があるのかもしれないとも思います。
 だって、織りは僕の日常だから。
 その日常を守ることで、色んな崩れかけたバランスを取り戻すことができるんじゃなかろうか。
 だから僕は、明日からちゃんと織ります。
 作品アップもちゃんとします。
 

 そして、大切な人を大切にするってこと。
 愛する人をしっかりと愛する。
 家族や恋人、友人。
 失くしちゃいけないものを失くさないように。
 
 そして、遠い地で大変な思いをされている方を気に止めつつ、いざという時の為に自分の状況を整えておく。
 自分でちゃんと動けるようにしておく。

 
 電気が止まっても機は織れる。
 僕の織りを待ってくれている人がいるんだから、僕には織る意味がある。
 今しかできない織りがある。
 

 今日も明日も明後日も、日々はしっかりと続いていくんだから

 僕もしっかりと生きることにしよう。


 
[PR]
by pops-fabric | 2011-03-14 02:51 | 日常のこと