2010年 11月 18日 ( 1 )

d0162966_1713208.jpg


 織りに織りに織りまくっております。

 ブランドさんからの第一弾納品量も連絡を受け、こりゃー気合い入れないと間に合わんぞってな状況です。

 発注を受けて織るというのはこんな感じなのですね。

 今まで感じなかったような気持ちがむくむく出てきてます。
 
 さをりを織るということ。

 さをりを織るからこそ感じる気持ちなんだろうな。



 もし、秋冬も引き続きお話をいただけるようなら生産量を減らさせていただこうと思っています。
 

 枠の中でいかに遊ぶか。
 言い換えたら、決められたルールのなかでどう表現するか。
 規則があるから自由がある。
 好き勝手な無秩序なんて自由とは呼ばない。
 
 色んな考えがありますね。
 

 でも僕は

 好きに好きに織りたい。

 自分の思うように好き勝手織りたい。

 素っ裸の自分自身をさらけだすような

 そんな織りをしたい。


 活かすのは自分。

 経糸でもなければ手で紡いだ糸でもない。

 心の底から湧き出る透明な気持ちをそのまんま織る。


 そうして僕は僕になる。

 他の誰でもない

 僕になるんだ。


 だから、自分の織りを制限させるようなものは極力とっぱらって行こうと思います。
 だから今は、とってもいい経験をしていると思います。


 そうして僕は

 もっともっと

 自由になる
[PR]
by pops-fabric | 2010-11-18 17:35 | 日常のこと