新たしいことをすること

自分の中にないこと、新しいことをするというのは、とてもよいものだぁと思いました
最近だと、縁あってJUCOさんの展示会のお手伝いをさせて頂いたり
先日のラジオ出演もそうですし
織り関係以外のものづくりの方とのやりとりや
全く他分野のことをしてみること
うまくできずにもどかしい気持ちや、振り返ってみるとなんであんなこと、、、だったり
思うようにいかないことばっかりです
でも、年を重ね、ひとつのことを進めていけばいくほどに慣れが生まれます
慣れると物事が楽に進められるようになり
視野も広がったり、やれることが増えたり、その他にもいいことがたくさん
そんな中に、今までの線上にないことをふとやってみると
まったくできない自分がいたりする
応用力なんてあったもんじゃない
ひょんなところが知らず知らずに緩んでしまっている自分がいたりする
その場で、あとで、あたふたしたりしてしまう
なんだかこの感じ
忘れたくないものだなあと思ったのです
周りの人たちに迷惑をかけたいわけではないのだけれど
やらせてもらえる機会があるならもっともっと色々なことをしたい
そうして色々なことを感じていたい
忘れないでいたい
そんな気持ちになりました
だからこそ、いつでも「やります!」と言える自分を整えていたい
そんな想いになりました
つまりは、ラジオ、全然思ったように話せなかったな、、、という反省の話でした。




d0162966_21233412.jpg


[PR]