「俺とおまえ展」初日を終えて


ずっとバンドみたいなことがしたいと思っていました
たくさんの人が関わって、ひとつのものを作り上げる
ひとつの表現を形にする
でもそれはひとつで伝えるものではなく、その過程全部で伝わるものなのかもしれません
久しぶりの1週間の会期
吉祥寺
織り仲間との作品展
溢れる愛情でサポートしてくれている仲間たち
いつも来てくれるあなた
初めての自主企画レセプションパーティはそれはそれはとても楽しい会になりました
不安が大きかった分だけ、楽しみも大きいのですよね

今回会場には色々なものを持ち込みました
僕や阿部さんが普段使っている机、テーブル
ドライフラワー
大好きな本たち
日常の靴とかも

作品数は少ないかもしれませんが、隅から隅まで見てみてください
きっとのんびりゆっくり楽しめると思いますよ

試着もどんどんして欲しいです
「お互いをイメージして作る」というコンセプトですが、だからこその普遍的な表現ができた気がしています
一人の人間が布を織るところから仕立てまでする
そんな一着の服は現代ファッションではまず見ないのではないでしょうか
贅沢な仕事をさせていただいていると思います

会期も長いので、会場ものんびりしています
ゆっくりお話ししましょう

これまでとこれからと

この喜びのエネルギーが

届いていきますように
[PR]
by pops-fabric | 2016-04-21 11:18 | 展示会情報