ヒトト、1月31日まで


ヒトトのランチへ行ってきました

開店15分前
10番目くらい
飲食店の列に並んだのは何年ぶりでしょうか
「poefu」柿本さんの文章を読みながら、あの階段に佇む時間はなんとも心地よく


開店と同時に満席の店内
賑わう女性たちの中に男性客は僕一人
順に通された席にスタッフさんの心配りを感じつつ


柔らかな自然光の中
いつもより少し大きめのBGMと共に
忙しくも笑顔を絶やさない
美しい女性たちの姿がそこにはあり


ぼんやりじんわりと
過ぎ行く時間と変わりゆく空気を感じながら

人の在り処を感じる食事をいただきました



僕はヒトトという空間から多くのものを得ました
無意識から、有意識へ
意識的な変化を
人生における大きな影響を受けました
オーナー、奥津さんのブログをぜひ
いつも目頭が熱くなります
大切なことずっと大切にしていきたい
大切にしなくっちゃいけない
ただただ静かに、そう思います


1月31日でヒトトは閉店します


友人のお店でもない
元はどこにも繋がりのなかったお店
それでも
僕の根っこを掘り起こし、その先を示してくれた
大切なお店


飲食業って素晴らしい
大変な分だけ素晴らしい

そんな気持ちも再認識しました


閉店間際
待たなければいけないこともあるかもしれません
それでも
あの空間と
あのご飯と
あの姿勢を
できるだけ多くの方に感じていただきたいと想っています

大橋弘さんの写真展も素晴らしいです
(「はし」の漢字が変換できず正式名称と違っています。すみません!)

背筋伸ばしたりなんかせず
のんびりとした気持ちで
足を運んでいただけたら
とても嬉しいです





d0162966_4335787.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2016-01-26 07:00 | お知らせ