お酒を飲むこと


 西武の作品展が終わり、少しの時間が経って。
 久しぶりに一人で飲みに行きました。
 20代前半から中頃はあんなに飲み歩いていたのに、ここ最近はまったくといった感じで。
 でも、なんとなーく飲みたくなって、ふらりと、ふらりと。
 家で飲むのではなくってね。

 去年あたりからお付き合いのあるデザイナーさんとの打ち合わせやら、作品を求めてくださる方とのお話やら、いろいろなことが心地よくって、気持ちが良くって 。
 きっと、いろいろなことが自然に流れて進んでいるのだと思います。
 だから、きっと、心を緩められるのだと思います。

 僕はつくることが大好きです。
 自分でできる限りのことはできることは自分でしたいと思っています。
 だからこそ、自分でできないことはできる人にお願いしたいと思います。
 そうやって、人と共にいろいろな物事を進められたらいいな。
 ちゃんと、人に依存しながら、依存されながら生きていたいな。
  
 お酒を楽しめること、心地よい気持ちで飲めることって、改めて大切だなって思いました。
 そんな状況であることっていいなって。
 
 結局、何を飲むかより、誰と飲むか。
 どこへ行くかより、誰と行くか。

 だよなーと、これまで何度となく感じたことを、今宵も感じた、そんな夜。

 
[PR]