大きめのつぶやきのような告知。

どんどんどんどんブログ武将に、あ、違う、ブログ不精になってきてしまってダメですね。

このPC変換ミスネタは最近お世話になってる恵比寿のブロッコリーという美容室のヒデキさんブログでよく使われているので真似てみました。

そうそう、パソコンて頭いいのかそうでないのか、よくわかりません。
あ、あと数年で人間の仕事の7割だか何割だかはロボットに奪われてしまうらしいですね。
人工知能も進化してきて色々対応力もついてきたとかなんだか。
それでも人間にしかできない、少なくともあと数十年は人間の役割であるであろうことはその卓越した能力を「どう使うか」という応用を生み出す力だそうな。

記憶半分で書いているのでここらへんは話3分の1くらいで読んでください。

でも、それにしても。

10月の個展に向けて、の毎日。
12月の個展のことも進めつつの毎日。
来年以降の準備を進めつつの毎日。

織ること、仕立てることと同じかそれ以上くらいに周りのことをしていて、それは事務仕事もちろん、DMデザインの打ち合わせやカメラマンやモデルさんとのスケジュール調整、タグをどうするなにをどうするアレをどうする、、、、いくつもの同時進行があって、改めて自分のキャパの狭さを思い知る毎日なわけです。

それでも、創りたい形はとめどなく、あれやこれやと浮かんでは溜まっていくからもう、俺の脳みそせめて50%くらいはそろそろ機能しておくれとヘッドスパ(自分で)にも思いがこもるわけです。

それでも、自分ひとりだけでなく、関わってくれる人が増えていくほどに、関わりたい人が増えていくほどに、やっぱり心は満たされていくわけなんです。

それでもって、書き出すとあーだこーだと連ねてしまう悪い癖?というか、趣味というか、結局文を書くことも好きな自分がちゃーんといるわけで、なんだかんだ楽しい気持ちで書いてたりします。

1年以上お付き合いをしたMacBookAirちゃんも、機能を俄然使いこなせておらず、Macに向かう時間があったら機やミシンに向かってしまうから、いつまでたっても事務は進まず、デザイン業務も上達せず。

最近はエキサイトでなんだかうまいこと画像がアップできないもので、よりブログ不精になっていました。はい、言い訳です。
織ることは日常で、布は日々生まれ進むのですが、どうにもこうにも、仕立てをしたい自分がいます。
ファッションが大好きだった20歳ころ頃。
30過ぎた僕は、服を仕立てることが楽しくって仕方ないです。
作れる形はまだまだ少ないのですが、楽しくって仕方がないです。
変われば変わる、どんどん変わる。
これからも、きっと僕は変わっていける。

10月 池袋西武 7階手芸売場「さをり」店頭にて2週間の個展の機会を頂いております。

さをり織り  酒寄 剛史 個展
「人生を変える服」

詳細、近日カテゴリを追加してお知らせしてまいります。
どうぞ、お楽しみに。
[PR]
by pops-fabric | 2015-07-25 03:20 | お知らせ