正藍型染師 田中昭夫の布 頒布会のお知らせ

 
 昨年、秋の事。
 田中昭夫さんの布を見に言った事。
 あの時の気持ち
 今は織り手として、一人の創り手として、とても楽しみにしています。
 
 田中昭夫さんの布を見、触れ、知る事が出来る場が開かれます。

 待ちに待ったと言うか、待ち望んだと言うか、とうとう来てしまったというか。
 ただただ、実直に正藍型染めをしてきた職人と、それを伝えなければいけない、と想い起こした人たちがいて、その想いを受け取る人たちがいて。
 
 「いいモノは、必ず伝わる」

 歩みは遅くとも、どこぞの絵描きのようにこの世にいなくなってからでなく、いや、それでも、田中さんは染めを辞めると決心してからの今だから、手遅れといったらそうかも知れませんが。
 でも、それでも、田中さんはいて、田中さんを想う人たちがいて、田中さんの仕事を尊ぶ人たちがいて。
 そのことに僕はとても、希望と未来を感じるんです。
 田中さんとは一言二言しか話した事がないですし、田中さんの事を伝えてくれた方々とも、一度しか会った事がありません。
 もちろん、腰を据えてお話させてもらったりなんかもしていません。
 でも、なんだかとっても、身近な人たちのような気がするんです。
 「仲間」というと恐れ多いですけど、とっても近しい気持がわくのです。
 大切な事をしている人がいて、そんな人がいる事を大切だと想う人がいて、その事を伝える人がいて、それ事を受け取る人がいて。
 そんな世の中が、とっても愛おしい。
 僕も、そんな世を形作る一員になりたい。
 一人の創り手として、ずっと背筋伸ばしていたい。

 田中さんの仕事に出会えて、本当によかった。

 ひとつ、思いついた事があります。
 実現出来るかどうかは分かりません。
 とても恐れ多いような気もします。
 それでも、思い浮かんだならやらんでどうする?
 と言う気持もあります。
 「創ること」に対する気持ちが強いほど、大切な事を見失ってしまうのではないかと
 怖くなる事があります。
 それでも、その先を見たい。
 と想うのは、子供の欲と同じでしょうか。
 いやはや、僕の手のひらはまだ何も掴んでいません。
 だから、なんでも形作れるはずでしょう。
 
 田中さんの布に、会いに行って、考えます。

 ご興味ある方はぜひ、お運びくださいませ。


 正藍型染師 田中昭夫の布 頒布会

 会期:5月21日(木)15:00−19:00
  22日(金)11:00−19:00
  23日(土)11:00ー18:00

 会場:DEE'S HALL
〒107−0062 東京都港区南青山3−14−11



d0162966_031849.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2015-05-06 17:02 | お知らせ