コート完成しました。


 楽しさのかたまりのような

 嬉しさのかたまりのような

 歓びのかたまりのような

 幸せのかたまりのような

 そんな織りがしたくて

 そんな服が創りたくて

 ようようさんという、紡ぎ編む人と出逢い

 彼の紡いで編んだ糸を使い、僕が織り

 彼の編み地も使い

 いつも誠実で実直な仕事を届けてくれる「yagate」大住潤氏にボタンを依頼し

 コートを制作しました。

 今、僕が産み出すことのできる、最高の作品です。

 何度も袖を通しては、解き、「美しいとは」ということと正面から向き合い

 形にしました。

 このコートには、たくさんの「語れるポイント」が詰まっています。

 でも、もし、このコートと出逢ってくれたあなたがいるならば、ぜひ、そんなこと気にせず、どんどん着てやってください。
 仕事で疲れて帰った日は、ソファーにポイって投げてやってください。
 それくらい、あなたの日常と共に寄り添わせてやってください。
 いつでも、お直しするからさ。
 あなたの服として、着てやってください。
  

 この二日間で、どんな出逢いがあるのでしょう。
 このコートと出逢ったあなたは、どんな表情をするのでしょう。
 
 どんどん試着してやってくださいね。
 
 嬉しい、楽しい気持ちが、胸が高鳴ってしょうがありません。

 まるで、恋みたいだ。

 言葉数が多いのも、きっとそのせいですね。

 このコートを、創れたことを、とてもとても、嬉しく想います。

 ようようさん、大住さん、ありがとう。

 あなたと出逢えることを、楽しみに待っています。




d0162966_1292790.jpg

[PR]