サンキューSTOF!おめでとう10周年!


先日、日頃お世話になっているSTOFの10周年パーティーに行ってきました。
ふとしたご縁で僕の織り地を使ってくれるようになったのは、2011年A/Wのコレクションから。
それからもご縁は続き,幾度と無く織り地を製品としたあらたな形で提示してくれています。

・・・・過去のコラボレーション・・・・・

・「モッズコート

・「くつ

・「クッション、くつ

・「2011年A/W



まだまだ世間一般では馴染みの薄い「さをり織り」です。
こういったブランドさんとのやりとりは、さをりの可能性をぐっと広げる意味で、とても重要だと感じています。
なにより、単純にやってて面白いですし。
商業的にはなりにくいさをりの布が自分の手を離れて、デザインという「モロ商業的」な枠の中で、どう扱われ、どう変化していくのか、STOFの感性を通したクリエイションは「さをりとファッション」の関係性、これからの可能性を充分未来あるものにしてくれています。

本当にありがたい事です。

さをりは面白いけど、仕事にはできない。(ならない。)
織りは続けたいけど、趣味の中で充分。(ほんとに?)

創ること、伝えることで生きていけたら、ご飯が食べていけたら、稼ぐ事が出来たら、いいですよね。
それも、自分の分だけではなく、愛する人たちを守れる分もちゃんと稼ぎたい。
多くの人が思っている事ではないでしょうか。
もちろん僕もそう思っています。
そして、その手段を模索しています。
でも、諦めてしまった人がたくさんいる事も知っています。

好きな事をして生きていこうとすることは、とっても楽しくて、とってもこわい事でもあるから。

さをり織りを始めて5年目。
活動初期から眼を付けてくれて、今でも気にかけてくれる谷田さん、ほんとうにありがとうございます。
STOFというブランドのこれからを、とても楽しみにしています。
僕もいつでも肩組めるよう、しっかり積み重ねます。
これからも、どうぞよろしく。

ラーメン、うまかったです。





d0162966_505449.jpg







d0162966_50365.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-10-25 18:27