サンキュー、鬼子母神手創り市140817


 久しぶりの出店にして、とても良い場所を頂いたと思っていた気持ちとは裏腹に、来てみたら孤島の絶壁のようにひとりぼっちの出店で、お隣さんもいなければお向かいさんもいない(んなわけない)な状況で、しかしたまたま偶然ペケさんとすぐ近くだったため、お久しぶりの挨拶をしつつ、あーだこーだのはなしをつつ、結局はとても楽しい出店となりました。

お久しぶりの方々もいつつ、わざわざ「ブログを見ました〜」と言って来てくださる方もいつつ、何となく気にして足を止めてくれた方もいつつ、、、。

不特定多数の方に見ていただく機会を持つということは、創り手として生きていく為にはとても必要な行為のように感じます。
とてもとても、良い時間となりました。

お買い上げくださったあなた、気にしてくださったあなた、同じ場を共有してくださったあなた、この場には来れずとも想いを馳せてくださったあなた、主催者のみなさま、、出来る限りの方々へ、感謝の気持ちを伝えたいです。

ありがとうございました。


そしてその後、白金台へ向かい、行ってみたかったあのお店へ。
そのお隣にもある、偶然性を必然に落とし込んだ様なお店にも足を運んで、、、、、。

モノを繋ぐのは、やはり「人」なんだな、と。
そう想わずにはいられない、そんな出逢いがあった一日となりました。

ふくくって、現場にいって、自分で感じて、見て、話して、伝えて、、、、、。

新作の反応はいろいろでしたが、次回のオトノハ朝市でも楽しみに、また、新たな感覚を刺激しに行きたい所存です。

間もないですが、8月31日(日)のオトノハ朝市もみなさんどうぞ、宜しくお願い致します。

取り急ぎな文面になってしまいましたが、そんな感じです。

いやー、まだまだ方法論は見えません。

楽しい気持ちを共有出来る様な、大切な気持ちと共に、創ることと、あなたと向き合って、そうして創っていきたいと、そんな気持ちを新たにした市でした。




d0162966_23261166.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-08-19 00:00