さをり織りでクラックル織り。


 織ることに

 創ることに

 自分自身に

 もちろんあなた自身に

 出来る限り誠実でいたいと考えています。

 

 初めて四枚綜絖を織った時は15cmしか織れませんでした。
 ギブアップってやつです。
 今は懐かしの3年半前のこと。
 どこまでも自由なさをり織りにおいて
 自分を縛るのは、いつだって自分で。

 それはきっと、自分はこう織りたい、こんな物を作りたい
 という理想がしっかりとあるからなのでしょうね。
 もちろんそれは無意識下の「思い込み」という部分があったりもしますが。

 いつしかその枠も外れ、どんな織りでも、僕の手が動いた結果なら僕の織りだ、と。
 誰に似ていると言われようが、それはその人の視点からだ、と。
 僕の心が動き、手が動いて、そうして生まれた形なら。
 どんな形であれ、色であれ、僕にはとても愛おしい。

 だってそれは、どこにもありはしない、ここだけにしかない
 僕が生み出した「もの」なんだもの。

 だから僕は、胸を張って織り、つくるんだ。

 ありがとう。

 
 僕は、「組織織り」を知り、織る事によって

 もっともっと、自由になれました。







d0162966_22134639.jpg





d0162966_22123997.jpg





d0162966_2211315.jpg





d0162966_22105241.jpg

[PR]