官邸前に行く前の気持ち。


 集団的自衛権の行使には「宣戦布告」が必要だそうです。


宣戦布告とは、相手国に戦争行為を開始する宣言です。

日本は戦争をしない国じゃなかったのか。

戦争には懲りたのではなかったのか。


色んなことを言って、安倍さんたちは押し切ろうとしていますが、絶対良くない。


ーーーときの政権が「我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由」などが「根底から覆される明白な危険がある」と判断した時に行使――ー


と言っていますが、僕は集団的自衛権容認によって

「国民の生命、自由」などが「根底から覆される明白な危険が起こりえる」

と感じています。



これは困った。

昨夜も官邸前では4万人ほど、反対の人が集まったそうです。
今日も日中から集会が行われているようです。

夕方くらいには時間が作れそう。

僕も今日は官邸前へ行きます。

まったく、みんな暇じゃないんだから、家族との時間だったり、好きな人との時間だったり、家の掃除とかね、犬の散歩とかね、色々しなくちゃいけないんだから、安心してそーゆー当たり前のことを当たり前に何の不安も無く出来るような世の中にしなくちゃいかんです。

もちろん僕だって暇じゃない。

でも、行かなきゃいけない。

どうしたらいいかわかんない。

でっかい声で「戦争反対!」なんて叫べないと思う。

でも、戦争はやっぱり嫌だ。

だから、せめて、行かなくっちゃ。

そんな気持ちです。


ちいさいころ、僕は寝る前にお母さんと一緒に仏様にお線香をあげていました。

お線香の数だけ、祈りを込めていました。

あげていたお線香は毎日3本。

・火山が噴火しませんように
・洪水が起きませんように
・戦争が起きませんように


もうすぐ、戦争が現実になる。

僕らが日本を戦争出来る国にした世代になる、なんて。

絶対、いやだ。


正直、デモ、集会に行くこと自体が「不安」だったりします。

でも、行ってきます。
[PR]