自然の造形。


先日、実家の物置を整理していて出会った逸品。

母の「これ、燃やすからね〜」の言葉に慌ててストップをかけました。

自然の作用により少しずつ朽ちて土に帰る過程での姿。

何事も崩れて行くのは内側からか。

それでも自然にあるべき姿に還れるのならよしとするか。

どちらにせよ、凛とした佇まい(姿勢)を感じたからこその今があるわけで。

であれば今もまた、自然であると言えるのでしょう。


d0162966_2193270.jpg

[PR]
by pops-fabric | 2014-06-13 02:28 | 日常のこと