答えはずーっと先。



わからない所に分からないまま行く、ということ。
初めてのことに、自分なりの解を持って向かうこと。
モノを産み出す事、つまり、「創造する」こと、においては
なるべく無知のまま向かいたい。
という気持ちがあります。

「思い切って冒険する」
経験を積むとなかなかに難しくなってくる、その「冒険」。
でも、
「ああしたらこうなる。」はず。
「こうしたらこうなる。」はず。
という
「仮定」
を怖がらずに、向かいたい。
それもまた
「自分でつくること。」
の喜びのひとつなのだから。

このまま、まとまりなく進みたいもんです。




d0162966_7233415.jpg

[PR]