さをり織り 新作のジャケット。




ジャストサイズのジャケットを仕立てました。


某有名セレクトショップにお勤めのおしゃれ兄さんから頂いたタロンZIPにインスピレーションを頂いて。

d0162966_364993.jpg



d0162966_0423452.jpg




シングルのライダースのような。

ZIPの処理の仕方も工房メンバーのOさんにご指導いただき、今までで一番しっかりとした作りになりました。

かっちりとしていながら、柔らかく、暖かい。

人の手の温もりと、感情が染み出るような。

着る人を包むような。




d0162966_0401147.jpg



d0162966_374726.jpg




いわゆる、「さをりの仕立て」とは縁遠いように見えますが、こんな仕立てでもさをりの発想は無くなりません。
それはつまり、仕立てでもいかに自分を表すか。
自分の発想を生かすか。

今回は襟の付け方に一工夫。
直線裁ちの布だと、襟の形が奇麗に出ない。
でも、曲線に裁断すると、とても無駄が多い。

直線裁ちの布を曲線にするにはどうするか。

ひとつの疑問に対しての答えが自分の中から出てきて、それがうまくはまった時。
たとえそれがすでに世にある答えだとしても、この経験はとてもかけがえの無いものになります。

うーん、仕立てって楽しい。

織ること、創ること、着ること。

楽しい!






d0162966_0355113.jpg

[PR]