想いの伝え方。


 想いはどうすれば伝わるのでしょう。
 僕が受けた感動、感謝、喜び、切なさ、嬉しさ、悲しさ、楽しいって気持ち
 言葉にすら出来ないような、感情。
 感じた気持ち。

 なるべくにごらせずに、そのまんま伝えたい。
 ありのまま、まるのまんま。

 でもそれは、時に押し付けの様なことになってしまうこともあるって知ってるから
 相手を想っているつもりでも
 実はそれは、自分の為にやっていることだったって気付いてしまうこともあるから
 気付かされることがあるから
 ふと、言葉が出なくなる時があります。

 「工房からの風」で、とてもかわいくてきれいで、ちっちゃくて、ふんわりとしたグラスと出逢いました。
 ふと、君を想い出して、きっと似合うだろうなって、喜んでくれるだろうなって想って
 連れて帰ろうとしたけど
 それは自己満足でしかないってことに気付いて
 ひとりで連れて帰ることはやめました。
 ふたりで逢えることがあったらその時ね、って言ってきました。

 受け入れることが愛だと、許すことが愛だと想ってきました。
 でも、
 「それは違うと思うよ」って
 「俺はこう考えてる」って
 異なる気持ちを伝えること。
 迷いも照れもなく、自分の想いを現わすことも、愛の形だと感じるようになったから
 出来る限りそうしたいと想うようになりました。
 相手を想えば想うほど強くも、臆病にもなるから困っちゃうんだけど。

 答えはすでに出ている気がしていて
 あとはその輪に入るだけのように感じています。
 そのための準備期間なんだろなーと、感じます。
 そうして「今」が「未来」になっていくんだろなって、想います。

 朝晩はしっかり涼しくなって、あと一カ月もすれば「あっという間に冬だねー」なんて季節になるんでしょね。
 めぐる、めぐる。
 
 季節も、人も、想いも、廻る。

 



 
[PR]