曲がってこその何か。


 はい、まずは今日も真面目にひとこと、つぶやきます。




 



 
d0162966_2248956.jpg









 いやー、真面目でしたねっ!

 今までも、これからも、きっと僕は間違って、でも、それでもって進むのでしょう。
 いや、そう進んでいきたい。
 間違うことを恐れずに、進んでいきたい。
 という、希望。
 そりゃもう、すんごい怖いですけどね。
 やっぱり大切なことはちゃんとあるわけで、絶対間違えたくなんてないから。
 それこそ、できることなら真っ直ぐ進んでいきたいんですけどね。
 やっぱりそうはいかないもんでして。
 だからこそ、否定じゃなく、肯定から始めたい。
 認めることから、始めたい。





 タテ糸は白と黒をちょうど中心で分けました。
 まだまだまだまだ、世界は白と黒で、右と左で分かれたがる。
 
 ヨコ糸は白の側に黒を、黒の側に白を。
 違うものがあるからこそ、おもしろい。
 
 自分のものさしで見て、誰かのひいた線なんて気にしないで。

 最後はものさしすら持たず、ものごとをみれるようになりたい。


 


d0162966_2333363.jpg








d0162966_2334047.jpg









 
 
[PR]