形は無くなるんだよね。


 先日、急な出来事があって、着の身着のまま実家に帰って。
 僕を動かしたのは
 「形があるうちに、会いたい」
 という想いでした。



 想いがあれば形なんていらない。
 形が無いからこそ、想いは無くならない。



 僕はずっとそう思っていました。

 でも、「もうすぐ形が無くなってしまう」というその事実に直面して僕は、今、行かなきゃと動きました。
 無くなってからじゃもう、会えない。
 そんなことないはずなのに、でも、それは僕の儚い希望で、本当はもう会えなくなるってことを頭では理解してるから、だから、動いたんだと思います。

 
 見返りを求めないことを「無償の愛」だとよく耳にします。
 してあげることで自分も満たされるから。
 だから、何もしてもらえなくてもいいの。
 想えていることが幸せなの。

 時たまどこからか聞こえてきます。

 僕もそう想ったこともあるし、今でも想ったりする。

 でも、「求めない」ことってどうなんだろって。
 そこに対象とのやりとりが生まれないのなら、生まれなくてもいいと想うなら、
 「愛」とはなんて一方的なものなんだろう。
 なんてひとりよがりなんだろう。

 誤解を恐れずに言えば、そんな気がしました。
 
 愛するから、想うが故に求めてしまうし、分かって欲しいし、出来ることなら分かりあいたい。、
 共有したい。
 通じ合いたい。
 
 これってすごく自然な欲求なんじゃないかなーと想いました。

 愛には形がありません。
 でも、愛を表現するために、僕らはいろーんなことを試みる。
 唄を歌ったり、絵を描いたり、田を耕したり、踊ったり、、、、。
 どうにかして、共有したい。
 そんな欲求が根底にあるんじゃないかと思いました。


 僕はあなたと繋がりたい。
 知り合いたい。
 分かりあいたい。

 だから、手を動かして、身体使って、形作るんだなって。

 なんか、そんな気がしたんだよなー。

 創っている時は、同時に「想っている時」であることにも気付きました。

 それさえあれば、生きてさえいけるような、そんな錯覚に陥りそうなくらいの充実感があります。
 (ちょっと危険)


 形はいずれ無くなるけれど、無くなるからこその輝きでもあるから、今日も僕はミシンを踏むわけです。

 シャトルを飛ばすわけです。

 ふんふん。

 
 こーゆー話はまとまりが無くなるからイカンですね。
 ぱたぱたした日常も含めてお伝えしていきたいと思っています。

 明日はハモニカ朝市についてお送りしますですはい。

 今夜はライブ。
 「MOROHA」を観てきます。
 対バンは「AKEBOSHI」。
 いやー、楽しみっす!

 
[PR]
by pops-fabric | 2013-06-18 15:53 | 日常のこと