作品  タテ糸 綿 × ヨコ糸 麻  

 最近本やら映画やら色々観てます読んでます。

 古本屋さんなら100円から、旧作DVDなら100円から。

 身につく、得られる、知識や感覚、情報から考えたら新品の書籍や新作、つまり定価ですら安いな~と思ってしまう。

 でも、それがいわゆる適正価格なんすよね?

 だったら、本読んで、映画も(できたら劇場で)観なきゃ、なんだか損な気さえする。

 ね。



 はい。
 そんな所で仕立てましたっ。
 昨日織り上げた生地をさっそく。
 
 自分で着る形じゃないからなかなか難しいですけど、とてもかわいらしい、いいものができたと思います。
 どでしょか?
 ところどころに粗く織った部分がいいアクセントですね~。
 布の遊びを生かすために、仕立てはしっかりシンプルにしました。
 と、自分でも満足げ。
 
 細い糸を使うと、きっちりかっちり、いわゆる「布」の状態にしたくなっちゃうことが多いのですが、そこはさをり流に「どう崩すか」、「どう遊ぶか」「自分ならどうするか」。
 まとまりすぎた感もありますが、日常にも使いやすい作品となり、満足の出来です。
 実物お見せしたいっす。

 すすす。。。。

 来月の仕立ての集いは自由が丘工房で。

 楽しみです。



 
d0162966_21474676.jpg







d0162966_21475518.jpg








d0162966_214838.jpg

 
[PR]